難波金融伝・ミナミの帝王単語

ナンバキンユウデンミナミノテイオウ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

難波金融伝・ミナミの帝王』(なんばきんゆうでん(なにわきんゆうでん)・ミナミのていおう)は、原作天王寺大、作画:郷力也による日本漫画。『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて連載中、単行本は2021年10月現在163巻。通称「ミナミの帝王」「ミナ」。

これを原作とする竹内力演、ケイエスエス(後のSoftgarage製作OVAシリーズおよび劇場映画作品、千原ジュニア演のテレビドラマシリーズおよび劇場映画作品などがある。

OVAdアニメストア開されている。

概要

イチ(十日で一割)の利で貸しをしている銀次郎。今までタダの一度も借の取り立てに失敗したことがい。大阪ナミ舞台に、が絡んだ様々な案件を相手に田が奮闘する物語である。

登場人物

萬田銀次郎

オドレ腎臓売り飛ばしたろかああああああッ!!!

本作の主人公

銀次郎は、大阪のミナミでトイチ利でにでも貸す融を営んでおり、借を踏み倒す人間には容赦ない取り立てを行う。その厳しさや恐ろしさから「ミナミ」や「ミナミの帝王」とも恐れられる。

利息を払わなかったり踏み倒そうとするものは、追い込みをかけて全額返済させる。

その取り立ては厳しく、自宅だけでなく職場や学校共の面前でもお構いなしに取り立てに行く。本人が逃亡して取れなければ家族や両戚、友人知人まで取り立てに行く。

返済がなければ、男ならタコ部屋マグロ漁船に売り飛ばす。女なら風俗で働かせる。

それでも払えない場合は、闇医者の所へ連れていき内臓を切り取って売り飛ばす。いわゆる臓器売買である。基本的に腎臓膜など生命にのない内蔵しか切り取らないが、それでも足りない場合は肺や心臓も売り飛ばす。

田は優良客には適切なアドバイスを送ったり、収入がなくとても返済できないような客にも、を稼ぐ才があると見ればアドバイスを行った上でお金を貸している。

にでも貸すと言ってはいるが、麻薬者には絶対に貸さない。何故なら逮捕される危険性が常につきまとい、逮捕されてしまうと取り立てることが出来ないからである。

萬田を激怒させた者の末路

田に向かったものには容赦しない。田を殺しようとした者は、その代償として財産をすべて借のカタとして没収し、その者はホームレスとなり毎日ダンボールを集めては換して返済を続ける生活に。

またとある銀行の頭取は、田のを追い込んで破産させようとしたため田が激怒銀行の支店長を悪事に手を染めざるをえないよう追い込み、その上で警察逮捕させる。それによって銀行が信用失墜し経営破綻。結果、他銀行に吸収合併され、名前消失した。

とある病院の院長は、田がを貸してる客をまともな治療もさせずに死亡させたため、田にリークすると脅されて口止め料を払うも、リークされ経営破綻。

坂上竜一

田の舎田の取り立て代行をしたり、情報収集をに行っている。

関連動画

関連商品

コミック

ヤング編

映像

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/07(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/07(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP