馬場鉄志 単語

66件

ババテツシ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

馬場鉄志(1950年9月27日~)とは、関西テレビアナウンサーである。競馬実況で有名。
2010年4月で定年退職。

概要

競馬実況では、波乱を呼ぶ実況として有名。独特の言い回し、アクシデント時の冷静な対応など、ファンも多い。

2002年菊花賞での「外から来たのはなんと、ファストタテヤマだ~!今年も大波乱になるぞ!」はニコニコ動画でもされているフレーズ
他、1993年エリザベス女王杯の「ベガベガでも、ホクトベガ」や、2004年天皇賞の「イングランディーレ一人旅」、2009年エリザベス女王杯の「これが競馬だ、これが競馬の怖ろしさ」などの名フレーズがある。

その中で、2005年菊花賞ディープインパクト三冠を達成した時に言った「世界ホースマンよ見てくれ、これが日本近代競馬の結晶だ!」というフレーズで、FNSアナウンス大賞を受賞した。

しかし競馬での活躍が立つ一方、F-1での実況も担当していた際に一台のクラッシュした時に「おおっと、1頭落!」と言ってしまい、視聴者から反感を買ってしまったこともある。

近年、が枯れてしまい途中でガラガラになってしまうことが多々あった。2009年菊花賞では、ゴール前でが出なくなるという実況者としては致命的な事件が起こった。
これは体重が増えているせいと本人がっている。ゆえに、ニコニコ動画では「馬場(さんの)状態は重」などとコメントされることもある。
しかし、もともと太りやすい体質で「を飲んでも太る」とさえ言われていたらしく、2ヶ絶食ダイエットに挑戦、血糖値の上昇によるステロイド投与、リバウンドで教育入院するなど、肥満に関してはけっこう過酷な状態である。

最後の京都での実況となった2009年エリザベス女王杯では、馬場さんを飾るように圧倒的一番人気ブエナビスタが行った行ったのレースで3着に敗れ、3連単150万馬券を演出。これについて馬場さんレース後「私が実況すると荒れるらしいので、最後にぶちかましてやりました」とった。

競馬実況ではされていた馬場さんだが、2010で定年を迎え、2010年桜花賞が最後の実況となった。

なお、競馬以外のスポーツ実況も担当。プロ野球、殊に阪神タイガース戦関連では1992年9月11日の史上最長6時間26分の試合(八木裕サヨナラ弾)や1998年7月31日の「ガルベス事件」の時の実況でも知られる。特筆すべきは、90年代当時の関西テレビ阪神戦の中継が年1試合に限定されていた[1]中でこれらの事件を撃していることであろう。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *関西テレビ阪急電鉄資本の会社という経緯から阪急ブレーブスオリックス・ブルーウェーブ戦は優先的に放送されていたものの、会社の阪神電鉄阪神間で競合する阪神戦の放映権は制限されていた。2021年現在阪神電鉄阪急が経営統合したこともあり、試合放送数は増加している。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/21(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/21(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP