ARIEL 単語

40件

エリアル

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ARIEL(エリアル)とは、笹本祐一作のSF小説である。イラスト担当は鈴木雅久

概要

「読むテレビアニメ」をコンセプトにして書かれたスーパーロボットSFである。

20世紀末地球近傍に突如巨大な人工体が出現し、銀河帝国による地球侵略開始を宣言した。ワープ光速航行、慣性制御を操り、地球全土を電波ジャック&自動翻訳して侵略を宣言するなど、圧倒的な技術格差を前に人類の勝ちは全くないように思えた。加えて時代は冷戦末期ソ首は東西対立の中で無視を決め込み、しかし、日本国立科学研究所(SCEBAI[1])所長である岸田博士には勝算があった。組織の総を挙げて個人的な趣味製作した女性ロボット「ARIEL」[2]がその価を発揮する時が来たのである。
一方、地球など一飲みにできるはずの宇宙人側にも事情があった。銀河帝国侵略を業務として請け負ったのは、経営状態が火のである侵略会社ゲドー社である。やっとの思いで受注した侵略業務、会社存続のためには帝国からの補助当てにダラダラと長引かせ、かつなるべく低コスト作戦を成功させる必要があったのである。更に、同業他社や商社の思惑も加わる。
かくして、宇宙人地球奇妙なれ合いな戦いが始まった。

1986年から朝日ソノラマの雑誌「獅子王」にて連載が始まり、ソノラマ文庫で刊行。「獅子王」の休刊後は文庫書き下ろしとなって、2004年に全20巻52話で完結した(その後、番外編が2冊出ている)。
2005年に第36回星雲賞日本長編部門を受賞した。

再刊として、描き下ろしを追加したソノラマノベルス版(朝日新聞社→朝日新聞出版)が全10巻+番外編1巻の構成で刊行されている。Kindleでも出版されているため、古本を探し回るよりは手軽に全巻入手できるだろう。加えて、ノベルス版の描き下ろしはまとめて朝日エアロ文庫から刊行されている。
メディアミックスとしては、1989年と91年にOVAが出ているほか、ソノラマカセット文庫からオーディオドラマ化され、コミック版も存在する。加えて、公式アンソロジーといえる『エリアルコミック』も刊行された。

関連動画

ARIELexit_nicovideo←こちらからどうぞ
時おり、OVA1991年版)を著者本人がニコニ広告することもある。

関連項目

脚注

  1. *="Science, Chemical, Electronics, Biochemical. Aerospace&Industry"の略称
  2. *"All Round Intersept&Escort Lady" =「全領域要撃/支援レディ」の略。岸田博士はその優位性について「イージス護衛艦、次期戦車、次期要撃/支援戦闘機を一機種で兼用する」と説明する。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: 極楽太郎

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/30(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/30(木) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP