今注目のニュース
Jリーグ、フィギュアスケート、レスリング・・・今年も相次いだスポーツ界のパワハラ・モラハラ問題!求められる業界内の体質改善とは
スクエニ、新作RPG「ブレイブリーデフォルト II」を、Nintendo Switch向けに2020年内、発売予定
語彙力をなくし、暴走するハウス食品が話題

COMA-CHI単語

コマチ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

COMA-CHIとは日本を代表するフィメールMCである。

概要

2003年
MCレイとしてMC活動をスタート。同年10月新宿Marz」で行われた詩人とラッパーの“ 言葉”のバトルSSWS(SHINJUKU SPOKEN WORDS SLAM)」でいきなり優勝を手にする。その他にも都内を中心にライヴパフォーマンス、他アーティストへの客演参加など精的な活動を続け、徐々に認知度を上げる。

2004-2005年
MCレイから「COMA-CHI」と名。ライヴを中心に、サイファー(※路上でフリースタイルラップを行うこと)やMCバトルなどでストリートでのプロップスを獲得し、「ラッパー:COMA-CHI」として成長を遂げる。05年に両国国技館で開催された「B-BOY PARK」MCバトルにおいて準優勝を飾る(※女性MCとしては初の快挙)。

2006年
ダースレイダー宰のレーベルDa.Me.Records]よりデビューアルバムDAY BEFORE BLUE』をリリースリードシングルとなった“ミチバタ”は各方面で絶賛され、処女作は日本語ヒップホップシーンにおける「女性MC」の新たなを切り開く作品となった。またCOMA-CHI自らが運営する自レーベル「24区」より、同世代のクルーと作り上げた(仮想未来都市JUNK BEAT TOKYO」のコンピレーションアルバム『J.B.T. Walker Vol.1』をリリース

2007年
GAGLE(DJ Mitsu The Beats/ Hunger/ DJ Mu-R)やcro-magnongrooveman spot、有坂美香が所属する、あらゆる人種に向けて世界に通用する音楽を発信するアスリート集団「JAZZY SPORT」と正式に契約を結ぶ。惜しくも休刊となったヒップホップ専門誌『BLAST』最終号において「日本語ラップ未来の10組」の1人としてSEEDAANARCHYらとともに表を飾る。この年にはRIP SLYMEEvolution」をはじめ、加藤ミリヤ「FUTURECHECKA」、YA-KYIM「The Bridge」など数多くのアーティストの作品にフィーチャリングで参加し、名実ともに日本を代表するフィメールMCに成長。

2008年
初の12インチシングルName Tag / 東京非行少女」をリリース渋谷レコードショップでは軒並み売り切れ店が続出。7月に開催されたライヴPONY CANYONとのメジャー契約を自ら発表。また同時期に音楽誌『FLOOR』にて「COMA-CHI MAILBOX!」なる連載をスタートアーティスト活動とはまた違う一面を見せ、新たなファン層を獲得。09年2月メジャーデビューアルバムRED NAKED』を発売予定。

11月現在リードシングルとなっている「Name Tag (C-O-M-A-C-H-I)」の着うた無料ダウンロード

東京"飛行"少女

前述の「COMA-CHI MAILBOX!」(通称:コマメボ)にて、「YouTubeアップされているという“東京非行少女”のPVが見つからない」というリスナーからメールが届く。検索ヒットしない理由は「東京非行少女」ではなく「東京飛行少女」だったことが判明し、であれば、「東京飛行少女」でも検索に引っかかるように「実際に飛行している映像を撮る」という謀な企画に発展する。

「飛行」といっても「どう飛行するか」を考えあぐねた結果、「バンジージャンプをしながら“東京非行少女”を歌う」という企画にまとまり、東京はよみうりランドにてバンジージャンプを決意。ほぼすっぴんで臨んだ映像は、「ちょっwww」や「芸人かよ」という否定的な意見も多く見られたが、「ヒップホップ駄にプライドが高い」という概念を拭い去る結果を生み、いまや伝説映像としてり継がれている(※現在YouTube版は削除されている)

その後、リスナーからのメールで「東京非行少女”のタグに“東京飛行少女”と追加すればいいだけ」という灯台もと暗しの意見が出ていたことが後日談として発覚している)。

 

吉幾三との関係性

コマメボ」にて、「IKZOムーヴメント」に便乗した「吉幾三コラボ」という企画があがり、なんとなく進行(その他にもDA PUMPコラボ風見しんごにブレイクダンスを教わるなど、ほとほと理な企画が持ち上がっていた)。

そうこうしているうちに朝日新聞「be」による吉幾三特集の一環で、「be」編集部より「FLOOR」編集部に吉幾三の取材が申し込まれ、徐々にCOMA-CHIと吉幾三が間接的につながりだす。その後、ドワンゴ催による「44.193」関連作品によるインストア・イベントが行われることを知った「FLOOR」編集部はドワンゴ企画を提案、するとドワンゴ側も願ったりったりの「COMA-CHIを当日の進行役として出演していただきたい」という流れに落ち着く。

そして伝説となった本人降臨の11月20日タワーレコードにて開催された『俺らいんすとあいべんとさ行ぐだ!!』にて、ついに吉幾三邂逅。当日は「こまっちゃん」という称で呼ばれ、当初は「キャー幾サーン」の黄色援を送る淑女からで見られがちだったが、最後には淑女こまっちゃんに理解を示し、当日の進行役としての務めにあたたかい拍手を送った。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/14(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/14(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP