今注目のニュース
鉄球が「枯山水」を描くテーブルを作ってみた! 謎技術”で実現した幾何学な砂紋に「すごい」「なるほどね(理解してない)」の声
アリスとキリトの添い寝シチュエーションにドキドキ! 『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』第1話盛り上がったシーン
電車で空いた席に座ったら… 「隣にいた女性の態度」が怖すぎた

CX-5単語

シーエックスファイブ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

CX-5とは、マツダが販売している乗用車(SUV)である。

概要

2012年マツダが満を持して市場に送り出した、全新格的には、日産デュアリス等と同格。

名のCX-5は、「C」クロスオーバーSUVを表し、「X」は未来し示すと共に、マツダスポーツカーを意味する。「5」は1から9までの数字を用いたマツダ独自の格区分のひとつである。つまり本スポーツカーSUVクロスオーバーである。

ちなみに本は、2006年に発売されたCX-7の分に当たるが、日本国内ではCX-7の販売は終了しているため、実質的には後継に当たる。

エンジンは新開発の2.0Lガソリンと、同じく新開発の2.2Lのディーゼルを搭載。駆動方式はFF/AWDである。

技術的特徴

SKYACTIV Technologyを全面採用

これは、エンジン、変速機、シャーシ、ボディーフレームの全てを新規にしかも統合的に開発した点に特徴がある。

それぞれに技術的課題を設定しており、従来とべ効率的なものとなり、燃費やハンドリングに影を与えている。

これまで、デミオアクセラと段階的に採用されてきた本技術であるが、このCX-5により全な形で世に出されたことになる。

エンジン  SKYAKTIV-ENGINE

前述のとおり、ガソリンディーゼルの2種類のエンジンを搭載する。

圧縮、燃焼期間、燃焼タイミングポンピング損失、機械抵抗の6つを技術的課題に挙げ

高効率でクリーンで信頼性の高い燃焼している。 

ガゾリンエンジン PE-VPS (通称 SKYACTIV-G)

排気量2.0L、直列4気筒 直噴ガソリンエンジン圧縮は13.0:1である。

従来のものよりも圧縮を大幅に引き上げ、燃焼効率を引き上げ、中速域のトルクを従来から約15引き上げた新世代環境適応エンジン

またそれに伴い、クールドEGRをはじめとした様々な技術が投入されている。  

また、アイリングストップ(i-stop)も装備されている。

燃費はJC08モードで16.8km/L(2WD)

2013年10月には2.5L、直列4気筒直噴エンジンが登場。燃費はJC08モードで15.2km/L(2WD)

同時に行われた一部良では、リアダンパーデザインシフトバーの変更(ブーツを装備し質感が向上)がされた。

ディーゼルエンジン SH‐VPDS (通称 SKYACTIV-D 

排気量2.2L、直列4気筒 ディーゼルエンジン圧縮は14.0:1である。

従来のディーゼルエンジンべて、大幅に圧縮を引き下げた新世代環境適応エンジン

従来はあまりにも「高すぎた」圧縮のため、リタードと呼ばれる手法により、上死点を少し過ぎた(ピストンヘッドが下降し出した)位置で燃料を噴射し発火、燃焼させてきた。この方法では必然的に燃焼区画が広くなり、結果燃焼にムラが発生せざるを得ず、PM(スス)やNOx(窒素化物)の発生は必然的であった。

これに対してマツダ圧縮を適正な所まで下げ、また燃焼室やピストンヘッドの形状を変更することにより、従来よりもより上死点に近いところで燃料を噴射することができた。これにより効率的な燃焼が可となり、また燃焼温度も低下したためNOxの量も大幅に低下することができた。

尚、燃焼温度が低下すると通常PMの量が増加するが、マツダはこれに通常通りのフィルターで対処している(NOxのほうが後処理にや技術的に難しいため)。

また、上死点付近で燃焼を開始するため、従来よりも仕事量を多くとれ、最大トルク420Nm/2000回転というV8、4Lガソリンエンジン並みという図太いトルクを発生させている。また燃焼温度(爆発)を引き下げたため各部の強度も低く済み、レブリミット5200回転というディーゼルエンジンとしては高回転エンジンとなっている。

またディーゼルとしてはしくアイリングストップが搭載されており、ガソリンと同じi-stopである。始動時間は約0.40

これらの技術により従来20の燃費低減が見込まれている。

燃費はJC08モードで18.6L/Km。

ミッション 通称 SKYAKTIV-DRIVE

理想の駆動系への挑戦 として4~7の燃費善と、MTのようなダイレクト感とクイックシフトスムーズ強い

「燃費のよさ」「発進のしやすさ」「ダイレクト感」「なめらかな変速」を開発標に掲げた。

トルコン式AT (通称 SKYACTIV-AT)

1速以外の前段をロックアップし、従来のトルコATべ劇的に効率を向上しており、マツダDCTCVTの良いトコ取りをしたといっている。

マニュアルミッション (通称 SKYACTIV-MT)

軽快で節度感のあるシフトフィールの実現をしたほか、軽量かつコンパクト、燃費に貢献できることを開発標に掲げた。

従来のものとべ小化されており、2速3速を、1速とリバースギアをそれぞれ一体化するなどして内部容積を確保し、余った間で音や振動の抑制を図っている。これにより従来より20ほどセカンダリー軸が短くなっている。

色々と新機軸を用意しているようであるが、日本仕様は未導入。 

シャーシ 通称 SKYACTIV-CHASSIS

中低速域の軽快感と高速安定性の両立、中低速域の軽快感と乗り心地の両立、軽量化とダイナミクス性の両立、の3つを開発標に掲げた。

1.中低速域の軽快感と高速安定性の両立

リアサスペンションのジオメトリーの再検討、リンク類の配置の最適化ステアリングギアレシオを高速化。

こうした設定により従来よりを上まわる軽快感と安定感を出すことができた。

2.中低速域の軽快感と乗り心地の両立

サスペンションの構造自体の見直し。

トレーリングアームの体取付ポイントを43mm上方に移動

これにより不快な振動の低減に成功した。

3.軽量化とダイナミクス性能の両立

3つは「軽量化とダイナミクス性の両立」。特にクロスメンバーの構造と工法の最適化を図り、フロントクロスメンバー2kgの軽量化と剛性40向上、リアクロスメンバーは4.5kgの軽量化した。シャシー全体では14アテンザクラスとの較)の軽量化に成功している。

ボディー 通称 SKYACTIV-BODY

剛性の大幅向上、世界トップクラスの衝突安全性、軽量化標に掲げた。

1.剛性の確保

基本格を極直線で構成する「ストレート化」と、各部の格を協調して機させる「連続フレームワーク」により構成される。

 アンダーボディーはフレームストレート化を底し、屈折が入る部分は横方向のフレームと連続接合するとともに、可な限り閉断面構造にすることで軽量化と高い剛性を確保。

 アッパーボディーでは前後サスペンション取付位置をアンダーボディーの格に直接結合した「デュアルレース」と呼ばれるを採用し、4つの環状構造を形成しボディー全体の剛性を向上。そのほか、クロスメンバー部の構造も一新。

2.衝突安全性能の確保

 「マルチロードパス構造」と呼ばれる構造を採用。この構造により、前面衝突時の入エネルギーは「アッパーパス」「ミッドパス」「ロアーパス」の3つの経路に分散させることが出来る。

3.軽量化

 材料面で軽量かつ剛性に優れるハイテン鋼の使用部位を従来の40から60に拡大。特に590MPa材を積極的に適用。

 こうした善により、北市場欧州市場日本市場中国市場NCAPを網羅的に対応し、安全性は各市場トップランクに位置するとし、ボディー全体で従来8の軽量化、30の剛性アップに成功している。

改良

この様に大変特徴的なこのCX-5であるが、開発期間が2年弱と短い期間であったため若干の煮詰め不足が自動車評論家より囁かれている。

具体的には、もっさりしてドタバタした足回り、ディーゼルエンジンマウントバランス、等が摘されている。

このうち、ドタバタした足回りに関しては、既にサスペンションの変更を行っており、良が施されている。

なお、この良は全世界同時に行われたとのことで、今後発注をかけるオーナーの元には、このサス搭載が向かうことになる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

cx-5に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 12:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP