今注目のニュース
12組の双子が誕生し入院中 米ミズーリ州の病院で<動画あり>
『ハイスコアガール』声優、『ときメモ』プレイシーン再現へ 生配信で天崎滉平、赤崎千夏ら出演
なぜ官僚は嘘の見え透いた言い訳に終始するのか?

SKILL ANALYZER単語

スキルアナライザー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

SKILL ANALYZERとは、KONAMI音楽ゲームSOUND VOLTEXに存在するモードの1つである。

概要

2013年7月3日SOUND VOLTEX II -infinite infection-で実装された、beatmaniaIIDX段位認定モードと同様のプレイヤーの腕前を客観的に評価するモードである。

プレイヤーは好きな段位(SKILL LEVEL)を選び、決められた課題曲3曲をプレイし、PERMISSIVE RATEと呼ばれるこのモード専用のゲージを0%にすることなく奏すればその段位をクリアしたことになる。
SKILL LEVELには条件く選べるLevel01~10と一定の条件を満たすことで選べるようになるLevel11~の計12段階がある。

また、beatmaniaIIDXのような作品ごとに固定化されたコースと違って約一~二ヶごとに最新コースが変更されており、SDVX IILevel10まではそれぞれ13~14個の、SDVX IIIでは同様に10個のコースが存在する。SDVX IIではコース追加前に課題曲投票が行われ、その結果を元にしてスタッフが正式な課題曲を決められていた。
この課題曲投票において、最新二回のSKILL ANALYZERに連続で選ばれた譜面補から外された。このことからも『4曲THE SAFARI』のような固定化されたコースボスからの脱却が測られていることが分かる。
SDVX IIIでは課題曲投票は行われていないが、SKILL LEVELが割り当てられているコース課題曲は10個のコース(第1回Aコース~第3回Cコース、第4回)で全て異なっている。

SKILL ANALYZERの課題曲一覧
SKILL ANALYZERの課題曲一覧(SDVX II) 

このモードbeatmaniaIIDXで復活したEXPERTモードポジションも兼ねており、4thKAC予選コースもこのモードで選ぶことになる。
(段位ゲージと同じゲージを使うIIDXの新EXPERTモードと同様、4thKAC予選コース等もPERMISSIVE RATEのままであり、IIDXの旧EXPERTモードのような減少量の小さなゲージにはならない。) 

SKILL LEVEL一覧(表の称号名をクリックで課題曲一覧へ)

SKILL
LEVEL
称号 課題曲レベル 選曲可レベル
TRACK 01 TRACK 02
00 (し) 7 8
01 岳翔 6~7 7 8
02 流星 7~8 8 10
03 月衝 9~10 10 12
04 瞬光 11~12 12 13
05 天極 12~13 13 14
06 烈風 13~14 14 14
07 雷電 14 14 14
08 麗華 14 14 15
09 魔騎士 14~15 15 15
10 剛力羅 15 15 16
11 或帝滅斗 15 15 16
暴龍天 16 16 16

PERMISSIVE RATEについて

このモード専用のゲージであり、beatmaniaIIDXの段位ゲージと非常に似た仕様になっている。
TRACK01開始時は100(.00)%から始まり、ERRORが出ると減少し、CRITICALやNEARが出ると回復する。
次の曲になってもゲージ残量は引き継がれ、0(.00)%以下になった間にTRACK CRASHとなって強制終了、SAVEDもされずにそのクレジットでのゲームは終了となる。
ゲージ残量が30(.00)%を下回るとEFFECTIVE RATEで69%以下の時のように背景が暗くなり、ERRORが出た時のゲージ減少量が若干少なくなる。(いわゆる30%補正だが、IIDXの段位ゲージ程の補正はかからない。)
ちなみに内部では小数点以下まで計算されており、ゲージ残量が0%になっても内部で0.01%~0.99%ならばギリギリTRACK CRASHにはならない。 

SDVX IIにおける補正がい時のERRORによるゲージ減少量はチップと直デバイスで1ERRORあたり3.40%ロングと直以外のデバイスで1ERRORあたり0.85%となっている。
ゲージ増加量はその曲のCHAIN数に依存し、多ければ多い程回復量は低いと考えられている。
NEARでも少しずつゲージは回復するが、その量はCRITICALにべるとほんのわずかである。

なお、SKILL ANALYZERでプレイした曲はERRORを1つでも出すとCRASH扱い(プレイ回数は増えるがクリア回数は増えない)になる仕様であり、次のような場合にクリアレートが一気に下がってしまうことがある。

  • あまりINPUTされていない曲がSKILL ANALYZERの課題曲になった。(詳細はここexit2014/8/17参照)
  • 新作の稼働直後のSKILL ANALYZERに課題曲として選ばれた。(第2回までの課題曲は全て旧曲のみだが稼働直後は新曲がに遊ばれたため)

ERRORが0の場合のみULTIMATE CHAIN(NEARも0ならPERFECT)クリア扱いになる。この時下位のランプしか付いていない曲であれば該当のランプが付く。

マッチングアシスト

SKILL LEVEL01~07では、かとマッチングすることでPERMISSIVE RATEを10%だけ回復させることが出来る。
マッチングアシストを受けることによるペナルティは特にいので、ゲージ残量が心配であればマッチングを期待するのも手だろう。 

達成率について

  • 不合格の場合、3曲の最後を100%としてTRACK CRASHした時点でどの程度まで進めたかが達成率になる。
    そのため、不合格の場合の達成率は0~99%となる。90%後半だと悔しさも人一倍。
  • 合格の場合、{(3曲のスコア均-900万点)÷1万点+100}%が達成率になる。
    ただし、3曲のスコア均が900万点未満の場合は一100%になる。
    そのため、合格の場合の達成率は100200%となる。この達成率は後述する称号の飾りの条件にもなる。 

称号プレートについて

飾り 条件等
自己ベスト段位の最新コースに合格していない。
コース更新時は全員この状態になる。
過去の簡単なコースにだけ合格した/ブランクがあると飾りしになりやすい。 
銀色 自己ベスト段位の最新コースに合格しているが、全コースには合格していない。
とりあえず現役で称号に違わない実があることは明できる。
苦手なコースがある/過去コースを受けるのが面倒な場合、この飾りになりやすい。
色の 自己ベスト段位の全コースに合格している。
課題曲が全く同じコースであっても両方合格する必要がある。
様々な要素の曲に対して一定以上の実が発揮できることを明できる。
ここまでは対コースに合格すれば、達成率が100%の回があっても構わない。
ちなみにコースが1つしかないは合格すれば必ずが付く。 
+後光 自己ベスト段位の全コースで一定以上の達成率を出して合格している。
騎士までは130%150%滅斗160%170%が条件。
(SDVX IIまでしかコースかった時は、のみ170%が条件であった。)
自己ベスト段位の中で1つでもこの条件を満たしていない回があると後光は付かない。
後光だけスコアが試されるため、上位段位でこの条件を満たすのは容易ではない。
見栄えが良い為、本来の実より下の段位を全てクリアして後光を付けるプレイヤーもいる。 

例えば称号プレートが流星(SKILL LEVEL02)であるプレイヤー(自己ベスト段位は流星)がいて、最新コースが変更された直後で飾りが付いていないとする。この時に…

SKILL ANALYZERの合格による恩恵

LIGHT START時の選曲制限の緩和

で遊ぶ際に選ぶことになるLIGHT STARTのTRACK01~02では、前述した「選曲可レベル」までの曲しか選ぶことが出来ない。
しか持っていない、あるいはSKILL LEVELの割り当てられた称号を何も持っていない場合、TRACK01ではLv7までの、TRACK02ではLv8までの曲しか選べないが、SKILL LEVEL02以上の称号を一度でも取ったことのある場合、そのSKILL LEVELの高さに応じてその選曲制限が緩和される。

例えば一部楽曲のEXHAUST譜面特定のLv15譜面をTRACK01~02に選ぶことが出現条件になっているが、そのような譜面LIGHT STARTで出すためには騎士(SKILL LEVEL09)取得が必要条件となる。
この選曲制限の緩和に飾りは関係ないため、騎士の中で最も簡単だと思うコースを選んで合格すれば良い。 

ちなみにPASELIを使い、1/4~1/5程多めに支払うことで選べるSTANDARD STARTではこのような選曲制限はく、どのようなゲージであっても1回はCRASHしてもゲームを続行でき、BLASTER ENERGYにも一定のボーナスが得られる。

ボーナスBlc・Pcの獲得

SKILL ANALYZERで選んだコースに初めて合格した場合、ボーナスBlcPcが得られる。
ボーナスはそのコースSKILL LEVELに関係なく、そのコースのある回にいくつ合格済のコースがあるかによって以下のように変化する。

その回の合格済コース ボーナスBlc・Pc
512
1コース合格済 256
2コース以上合格済 128

SDVX IIIで登場した第x回Aコース/第x回Bコース/第x回Cコースはそれぞれ別の回として扱われるが、KACコースは全て同じ回として扱われる。
確実に合格できるレベルを2つ選ぶことで、各回ごとに768Blc・768Pcを得ることが出来る。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2015/01/30(金) 23:19:18 ID: rDAfr8XBJu

    >>5
    だったかだったか忘れたけど、どっちかを左に回したらいける
    というか画面にやり方出てるなんだけど

  • 7ななしのよっしん

    2015/08/29(土) 01:38:32 ID: i8mYfi+QPb

    コースが3つになったので1コースだけクリアしてもは付かなくなりました!(激怒)

  • 8ななしのよっしん

    2018/08/26(日) 13:05:46 ID: nevkqajWCh

    レベルの再振り分け(16→20段階)もあったしこの記事書き換えようとすると結構大変そうだな

急上昇ワード

最終更新:2019/12/06(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/06(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP