動画

  • 0
  • 0pt
掲示板へ

『‌』(※タイトルは表示されない)あるいは『------』とは、niconicoユーザー名「ゲストexit_nicovideo」による楽曲/動画である。

概要

合成ソフトUTAU」に歌唱させた自作曲に、ドット絵でのPVを付けた動画作品。2019年11月2日に『‌』の題名でニコニコ動画投稿された。

UTAUボイスデータを切り替え可だが、色やドット絵の内容などから、おそらくメインで歌唱しているのは「UTAUデフォルト」(「デフォ子」「唄音ウタ」とも通称される)かと思われる。

ハモりでは自作UTAUも使用しており、動画投稿と同日に配布している。このUTAUの「character.txt」では「name=x0o0x_」と記されており、音名称は投稿者のTwitterスクリーンネームと同じ「x0o0x_」であるようだ。

動画中ではドット絵キャラクターとして、「帽子をかぶった紫色キャラクター」と「リボンを付けたキャラクター」の2名が登場する。「UTAUデフォルト」がキャラクター化された姿としての「デフォ子」(唄音ウタ)は前者のような「帽子をかぶった紫色少女」として描写されることが多い。そのため、前者のキャラクターメイン歌唱の「UTAUデフォルト」を表しているものかもしれない(明言されているわけではないが)。であれば、後者キャラクターハモり音x0o0x_」を表しているのかもしれない。

この楽曲は、投稿者自身もかつて「歌ってみた」を投稿したexit_nicovideoヤツメ穴』など、先行する楽曲へのオマージュ/リスペクトとして制作されたもののようである。それら先行作品のファンからの注も集めた。

ニコニコ動画以外での投稿

また、このニコニコ動画への投稿とほぼ同時期の2019年11月1日から2日にかけて、「YouTube」や中国動画サイトbilibili」にも同一の楽曲『』が投稿された。

この楽曲には歌唱者が異なる2つの版があり、自らが歌唱しているバージョンと、歌合成ソフトUTAU」が歌唱しているバージョンが存在する。

YouTubeのメインチャンネル「‌」(※チャンネル名は表示されない)では本人歌唱版が投稿されたexit

一方、YouTubeのサブチャンネル「x0o0x_」にはニコニコ動画版と同じUTAU版が投稿されたexit

bilibiliには本人版exitUTAU版exitの双方が投稿された。

2019年12月2日には、音楽配信流通サービスTuneCore Japan」を介して、多数の音楽サイトでの配信が開始されたexit。その際には、曲名は『‌』ではなく『------』として配信された。おそらく『‌』という曲名が使用できないサイト/サービスがあったものか。

この『------』の読みについては、「キョク」と設定されているサイトがあった[1]。ただし「曲」の読みでしかないという個性を消した読みでもあるため、「読みを設定しないと登録できなかったために入されただけの仮の読みでしかなく、実際には特に読みい」という可性も否定できない。

YouTube

YouTube版のふたつのうち、特にメインチャンネル「‌」から投稿された本人歌唱版exitYouTubeの「あなたへのおすすめ」(Recommended for you)機でおすすめされることがあるらしい。コメント欄を読んでみると偶然「おすすめ」されて、奇妙なタイトルチャンネル名に戸惑いつつ視聴して気に入ったユーザーが多いようだ。

そういったユーザーの多くが「高く評価」したために「さらにおすすめに挙がりやすくなっていく」という循環に入ったのか、2019年11月16日頃に10万再生えたあたりから再生数の伸びが加速。11月21日頃に50万再生をえ、11月23日頃にYouTube100万再生を、12月2日200万再生を突破してしまった。

コメント欄の大多数を占める英語話者ユーザーには上記『ヤツメ穴』等の先行作品を踏まえた作品であるという点についてはあまり伝わっていないようである。また、投稿者についての情報混乱しているようだ。例えば女性に聞こえる人がコメント中で「her」(彼女の)と言及しているかと思えば、男性に聞こえた人が「his」(彼の)とコメントしていたりもする。

大胆な意見としてはTwitter上で「The artist’s name is Susumu Hirasawa.」(「このアーティストの名前は平沢進やぞ」)とっているユーザーすら居た。すぐに他のユーザーから「His not Hirasawa checked their music styles and they are quite different」(この兄貴平沢とは違うだろ……楽曲の作が全然違うやんけ)と突っ込まれていたが。おそらく、投稿者が過去に制作した核P-MODEL(平沢進)の『Big Brother』のカバーexitにおいて、元アーティストを示す意味で説明文に「平沢進」の名前と平沢進公式サイトURLを掲載していたのを勘違いしたのであろう。

投稿者についての詳細は「x0o0x_」の記事も参照。

bilibili

一方、中国動画サイトであるbilibiliでは「鲜味」(鮮味)というコメントが多く寄せられているようだ。中国語圏では『ヤツメ穴』等の楽曲を「海鲜市场」(海鮮市場)と総称するため、それを踏まえたコメントである。

つまりYouTubeコメントして、bilibiliでの中国語話者の視聴者コメントには、本作の背景としての『ヤツメ穴』等の存在を理解した上でのものが多いようだ。

ちなみにこちらでも、本人歌唱版exitに「男声」というタグが付いていたり、そのことについてコメントで「男声??」と疑念を示しているユーザーが居たりと、性別について混乱している節がある。

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *x0o0x_(ワカメ)のおすすめ配信曲一覧 | 音楽配信サイト「着信★うた♪」exit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/v/sm35895931

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2019/11/26(火) 07:47:19 ID: kbGmTLyed6
どんな名前だ

急上昇ワード