単語記事: ジェバンニP

編集


ジェバンニPとは、VOCALOID鏡音リン」「初音ミク」を使用した楽曲・動画投稿者であり、
"伝説のリン廃"である。 

VOCALOIDのプロデューサーの一覧


中の人

中の人は実は、小説家泉和良である。

 (小説家として新人賞を受賞したその年の暮れに、ボカロPとして初投稿している)
また、フリーゲームサークル「アンディーメンテ」の中の人
テレパスミュージックの発起人でもある。 

命名の由来

鏡音リン・レンが発売されたのは2007年12月27日
その翌日から4日間連続で曲を投稿したことで有名となり、その偉業を称えジェバンニ称号を受ける。

当初は名義をX-FILMとしていたものの、ついには自分からジェバンニP名乗り始める。
(当初は『ジェバンニp』と、Pの小文字を使用することが多かったが、最近では大文字になっている) 

代表曲

『すすすす、すき、だあいすき』
『恋ノート////』
『リン廃宣言』
etc... 

音楽

聞いていてピコピコした感じのある特徴ある音使い。サビの繰り返しは多めな印がある。

歌詞

鏡音リン」というキャラクターを意識したものが多いが、一貫した背景を想定している印はない。ただ 「鏡音リン」と作曲者との関係は良好に描かれることが多く、「伝説のRINマスター」でなく「伝説のリン廃」と呼ばれる一因かもしれない。

麦チョコシリーズのように、脱したようなものが時々出現する。

動画と調教

当初は、静止画字幕カットイン、惰性でわずかに動きそして消える、という独特の字幕が特徴的だった。
一時的、NMMを使っていた時期があり、その頃は、ふきだしの形を変えて表示する場所を変えてくるなど、ちょっとした工夫が見られた。

 
鏡音リン独特の訛り」がほとんど感じられない、エコーがかかったようなく歌が特徴。

現在でこそ鏡音リン調教技術が進歩して違和感なく歌わせるPが増えてきているが、発売当時の鏡音リンは「じゃじゃ」ともっぱらの評判で、特に発売直後の2007年末は自然に歌わせることが出来たPは皆無に近かった。その中で見事に調教した鏡音リンの歌と秀逸なメロディは極めて高く評価され、4作突然引退表明したと思われた(本人に引退表明したつもりはなかったとのこと)は引退を惜しむが多数寄せられた。

その調教技術は鏡音リンACT2Appendが出た後も健在で、並み居るPの中でも群を抜いている。
長らくACT1をそのまま使い続けていたが、2011/9/13『HARD MODE』で、ついに鏡音リンAppendを使用。

小説『ボカロ界のヒミツの事件譜』

 2013年8月19日ジェバンニP本人執筆による小説『ボカロ界のヒミツの事件譜 (1) ~ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の事件譜~』星海社より発売。
 絵・挿絵はボカロ動画絵師としても活動する、漫画家横槍メンゴ氏ことヨリ氏が担当。
 ゴム氏や、スズム氏が帯に推薦文を寄せている。

 現実ボカロ界を舞台に、ボカロP日常の謎に挑む内容。ニコニコ動画ボーマスなども登場する。
 小説家でもある氏が、小説内でボカロを取り扱ったのは、
かつてSFマガジンミク特集時に掲載された短編『DIVAの揺らすカーテン』の時以来。
 
発売に先立ち、一部のボカロP生主歌い手踊り手、著名小説家ボカロファンを対に、先行試読が行われてた。そのまとめは→ボカミツ先行試読まとめ

 2013年8月31日9月9日 星海社サイト『最前線』で、同作第三話のWebver.が期間限定で開された。
 それと連動して、動画『八月三十一日のバースデー』開。同作第三話のエピソードをそのまま現実化したような形式になっていた。

歴史

2007年12月27日 鏡音リン・レン発売。に手に入れたらしい。
2007年12月28日 8時7分: 第1作投稿。「リンリンリンってしてくりん
(同日) 20時15分: 第2作投稿。「リンカーネーション
2007年12月29日 20時40分: 第3作投稿。「ドント☆クライ
2007年12月30日 18時30分: 第4作投稿。「さよなら、ニコニコ動画」その歌詞から引退説がささやかれた。
2008年01月25日 リンリンリンってしてくりん♪-テルミクス-」で復帰。
2008年1月26日 鏡音リン / どこまでもツヅク色」を投稿
2008年2月3日 カガミネリン / シュ-ティング9999suタ- /:;/*::=-:;-X-FILM」を投稿
上記2作はエコノミーで視聴すると画面にピンクノイズが入るため「伝説ピンク二部作」と呼ばれる。
(「どこまでもツヅク色」については2008年03月10日非ピンク版がupされている)
2008年3月15日 鏡音リン/すすすす、すき、だあいすき」は初期四部作とともに彼の代表曲となった。この曲がヒットした頃からシグナルPと並んで「伝説のリン廃」と呼ばれるようになる。
2008年4月21日 鏡音リン/麦チョコ」を発表。麦チョコシリーズの幕開けである。この曲からNMMアップするようになる。
2008年5月5日 1時59分「鏡音リン / リンの冒険20時21分「鏡音リン / スーパースター鏡音リン」翌日0時29分「鏡音リン / 麦チョコとアリさん」を相次いで発表。ほぼ一日で3曲発表という第二次ジェバンニである。
2008年6月20日 『 リン廃宣言 』」を投稿。ついに本人も開き直ったらしい。
2008年7月2日 小説『エレGY』発売。小説家としてデビューする。
2008年9月4日 鏡音リン的 オワタ\(^o^)/」を投稿気に当てられた人が多数現れる。→動画記事参照
2008年12月10日 自作品のアレンジメドレーである「ジェバンニpのいのりぼし (鏡音リン曲より)」を投稿
長さ9分40秒のジェバンニP最長作品でもある。
2009年7月 リンリンリンってしてくりん♪ 」が、PSPソフト初音ミク-ProjectDIVA-」のエディット用曲として収録される。
2009年8月29
2009年9月4日
Rainbow line / 鏡音リン」を皮切りに7連続で新曲を発表。第三次ジェバンニを達成した。
レインボーライン
2009年11月16日 『 恋ノート//// 』 初音ミクが、ProjectDIVA-ACノミネート曲に選ばれる。
2010年7月 すすすす、すき、だあいすき 」が、PSPソフト初音ミク-ProjectDIVA-」の追加楽曲集第二弾「もっとおかわりリンレンルカ」に収録される。
2010年7月 恋ノート////」が、CDアルバム初音ミク-Project DIVA Arcade-Original Song Collection」に収録される。
2010年8月 恋ノート////」が、アーケードゲーム初音ミク-Project DIVA Arcade-」内で配信される。
2010年10月 鏡音リン楽曲「OTO」が、「初音ミク-Project DIVA Arcade-」の第二次楽曲募集用として投稿される。
2010年10月 リンリンリンってしてくりん♪」及び「リンカーネーション」が、第一興商カラオケDAM (LIVE DAM限定)にて配信。
2010年12月 CDアルバムぼーかろいど みんなのうた」に、楽曲「すすすす、すき、だあいすき」が収録される。
2011年2月 楽曲「すすすす、すき、だあいすき」が、第一興商カラオケDAM (LIVE DAM限定)にて配信。
2011年2月 20~22日の間に、「■■■■■■■」、「ふたりん」、「ハ・シ・レ」の3曲が投下。久しぶりのジェバンニぶり。
「ふたりん」は、以前北海道VOCALOIDイベント用に作成されたものを変した楽曲。「ハ・シ・レ」は、かつてジェバンニp本人が自販売していたCDに収録されていたものを変した楽曲となっている。
2011年4月7日 小説「エレGY」の文庫化。表絵はhuke
2011年6月 山音まー(山根万理奈)によって、カバーされた「すすすす、すき、だあいすき」が歌われ、iTunes Store今週のシングルとしてピックアップされ、一週間無料配信される。同曲は、山音まーCDアルバム「人のオンガクを笑うな!」に収録。
2011年6月20日
 ~6月24日
楽曲『大好き土曜日、ちょっと好き水曜日、あとは闇の歌』 を皮切りに5連続で新曲を発表。曼荼羅Pとのコラボ企画で、レインボーラインに引き続き、第四次ジェバンニを達成した。
ジェバンニp曼荼羅pてるてる坊主 
2011年6月25日 早川書房SFマガジン2011年8月号内「初音ミク特集」にて、現役ボカロP小説家として、泉和良名義でミクを題材とした短編小説DIVAの揺らすカーテン』を寄稿。
2011年8月19,20 楽曲『線香花火』を開。何故か、ジェバンニP自らが描いたリンパンチラ画像が使用される。翌日には更に過な自身によるエロ絵を使ったLong ver.開。「曲はいいのに、何故この絵にした」というコメが見受けられた。
ちなみにこの楽曲は、曼荼羅Pとのコラボ企画で、「ジェバンニPさんと曼荼羅Pさんの線香花火」というタグが付けられている。
2011年9月13日  楽曲『恋のHARD MODE』で、鏡音リンとのデュエットを実現し、「どこに出しても恥ずかしい立派なリン廃」というタグが生まれる。ちなみに初めて鏡音リンAppendを使用。

 デビューから34作品連続で鏡音リンソロ曲一筋を貫いてきた「リン廃の中のリン廃ジェバンニPが、ハットリPとの共作ながら35にして初のミク曲「ノート///」をリリースしたことはジェバンニPファンに衝撃を与えた。

 これまで初音ミクを撃ち落とすシューティングゲームを作ったり、「初音ミクは死ね」とリンに歌わせたり、レインボーライン企画をわざわざミク生誕祭の最中に決行したりとリン廃アンチミクの立場を明確にしていたジェバンニPを動かしたハットリPとは何者なのだろうか?

 自作ミク曲の組曲(メドレー)に「ジェバンニpのうわき」と名付けたあたりからし公式に浮気だったようである。その後、この問題は、リンとの痴話喧を歌ったデュエット曲HARD MODE』にて、浮気した自らを貶める内容となって実を結んだ(?)。 
2012年2月 ボーマス19に、曼荼羅Pに誘われて、曼荼羅Pと共に、ボーマス参加する。アルバム『She looks prettier without makeup』(絵:キタカライ)が販売される。
2012年5月 ボーマス20(ニコニコ超会議)に、曼荼羅PTPPの三人で参加。アルバム『15km to the sea(絵:キタカライ)が販売。
2012年6月 楽曲『すすすす、すき、だあいすき』がJOY SOUNDにて配信。
2012年7月 ボーマス21に、曼荼羅Pと二人で参加。アルバムjune to july』(絵:キタカライ)が販売。(※ボーマス19~21までにイベント販売されたアルバムは、のちにアルバムリンのきおく!!』にその一部がまとめて収録されている。)
2012年12月 ボーマス23に、曼荼羅Pと二人で参加(実際には曼荼羅Pは会場には現れず。販促PVでは、大丈夫P曼荼羅Pとの三人で出演していた)。アルバムMerry X'mas 200million years ago(絵:キタカライ)が販売。
2012年12月 楽曲『リン廃宣言』、『ノート////』がJOY SOUNDにて配信。
2013年3月 同氏の小説の彼女のESP 1』発売に合わせ、リンを用いた同名の楽曲動画投稿される。→sm20322202
2013年4月 ボーマス24に、曼荼羅Pふぃぎゅ@たっちと三人で参加。アルバムTOKYO』(絵:NEGI)が販売。
4月 なぎみそ氏の画集『QUANTUM FLOWERS nagimiso VOCALOID artworks』内、12Pフルカラー漫画の書き下ろし原作ニアデスラブTRACK』を担当。小説本文は、雑誌『MIKU-Pack 02』に収録される。
4月 『丸事件』発生。
 ある生主(?)が、「丸亀製麺ボカロP二人が、ボカロ界の裏組織について話していた」という内容のツイートをし、1500以上RTされるという事が、ツイッター上で起こった。ところが、そのボカロP二人というのが、実はジェバンニP曼荼羅Pであることが、あとで発覚し、ファンの間で話題となった。
6月 同氏の小説『猫の彼女のESP 2』が発売。合わせて1の時同様に、ジェバンニP名義で小説PV投稿される。→動画『猫の彼女のESP 2・シルバーティア』 曲は曼荼羅Pが担当。
7月 突如として、『ボカロ界のヒミツの事件譜 (1) ~ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の事件譜~』という小説の発売予定と、先行試読者募集の告知が星海社編集者ブログに掲載される。
7月 1~7日までの7日間、『ジェバンニP曼荼羅P』という7曲連続投稿企画が行われる。
7月7日 ボーマス25に、曼荼羅Pと参加。アルバムアマノガワ』(絵:キタカライ)が販売。
7月10日 なぎみそ氏の画集『QUANTUM FLOWERS nagimiso VOCALOID artworks』内で、漫画原作として短編を提供していたが、その漫画イメージ動画なぎみそ氏・baker氏らによって制作され、開される。
動画『君が君が』
7月 youtube『すすすす、すき、だあいすき』(かたほとりver)が、400万再生を突破。
しかし、その視聴者の大半はアメリカ内からで、その作者JevanniPであることは相変わらず知られていない模様。当然ながら内ではスルーされている。その拠にジェバンニP本人がyoutube投稿した『すすすす、すき、だあいすき-VM19Mix-』などは、1000再生にも達していない。これがジェバンニ節というものだろうか。
8月11日 ニコ生『零シリーズ+フリーゲーム+クトゥルフ神話TRPG 72時間ぶっ通しゲーム実況』に、
ジェバンニPが、曼荼羅Pキタカライ、鳥類らと共に出演。
8月19日 『ボカロ界のヒミツの事件譜 (1) ~ジェバンニPと名探偵エレGYちゃん様の事件譜~』(著:泉和良、絵:ヨリ星海社FICTIONS)発売
8月24日 ニコ生【急募】Zeppに立つだけの簡単なお仕事です【生放送】に、ジェバンニPゲストとして出演。
8月31日 "ボカミツ"との連動企画で、動画『八月三十一日のバースデー』開。絵はヨリ横槍メンゴ)が担当。
12月20日 [KARENT Special] 鏡音リン・レン祭'13に参加。アルバム『リンのねがい!!』配信。
12月27日 鏡音リン誕生祭'13に併せ、1日で10曲連続制作投稿という前人未到の試練に挑む。
作り置き等一切なし。正午よりスタートし、1時間ごとに、作詞作曲ボカロミックス・絵を描く・動画を作る・エンコード投稿……という一連の作業を計10回繰り返した。
ただ、最後の2曲だけは、ちゃんと作りたいと言って、それぞれ1時間をえて制作
最終的に合計11時間半ほどをかけ、終了。 見事、日が変わるまでに10曲全てを投稿し終えた。
 ジェバンニP10連続企画1曲この動画よりスタート

最新作と公開マイリスト

関連動画


自作組曲

自分のオリジナル曲をつなげた「組曲」を自ら作っている。

アルバム配信

◆Karentレーベル、ジェバンニP配信ページ


関連コミュニティ

関連リンク

関連用語

関連商品

小説(泉和良)



音楽(ジェバンニP)



【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%8Bp
ページ番号: 263726 リビジョン番号: 1971427
読み:ジェバンニピー
初版作成日: 08/06/21 08:40 ◆ 最終更新日: 14/02/09 01:17
編集内容についての説明/コメント: 歴史等を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェバンニPについて語るスレ

66 : ななしのよっしん :2012/03/18(日) 22:34:43 ID: 6Nia9Jk6P8
歌って踊れて作曲も出来て小説も書ける…何というマルチP
67 : ななしのよっしん :2012/04/17(火) 02:58:56 ID: zO/l9hb3mc
>>sm17508528
68 : ななしのよっしん :2012/06/20(水) 02:54:29 ID: P3fjv3SLvD
HARD MODEは新しいアプローチだなと思って聴いてたけど
LOVE MAXには困惑したwwwww

エレGY漫画化おめ~
69 : ななしのよっしん :2012/08/18(土) 12:33:47 ID: oEBHF4/mdx
他のPの曲だけどコカコーラタイムタイトル見て絶対この人だと思ったら違ったっていう

そういやアンディーメンテ側ではコーラの人状態なのにボカロ曲では麦チョコとか麦茶とかでコーラ全く出てこないな
70 : 知名度 :2012/09/18(火) 14:20:23 ID: Inh97sriC4
この人ボーカロイドのpもやってたんだ。いずきさんといい最前線から本出してる作家さんはニコニコに関わってることが多いのかな?奈須さんとか虚淵さんもボーカロイドで楽曲を!?ってことになるのかな
71 : ねいじ :2013/02/27(水) 14:30:20 ID: gpfTd2r+Ta
尖閣を守るゲームワロタ
72 : ななしのよっしん :2013/03/13(水) 22:44:46 ID: 6Nia9Jk6P8
>>sm20322202


これが…ジェバンニPの本気!
73 : ななしのよっしん :2013/03/16(土) 11:40:28 ID: 0HZucXS7DX
新曲いいなあドラマチックで。
本まだ読んでないけど…
74 : ななしのよっしん :2013/07/07(日) 09:45:27 ID: 6Nia9Jk6P8
最近忙しくてチェックできんかったらなんかまたジェバンニしてた…
やっぱすげぇわ
75 : ななしのよっしん :2013/12/27(金) 15:02:37 ID: jOk+bd3IE4
>>sm22542465

>>sm22542727

>>sm22542961
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015