単語記事: 赤松口蹄疫

編集

もしかして口蹄疫

赤松口蹄疫とは、2010年4月20日宮崎県南町を皮切りに感染が確認され、それ以降も、収束するどころか拡大の一途を辿っている問題である。

赤松口蹄疫の概略

2010年4月宮崎県にて発生した口蹄疫に対する政府の初動は非常に遅く、東国原県知事や発生時点での野党である自民党からの再三の働きかけも視し、結果として後述するように被は拡大する一方となった。そんな中、この件に関して重要な責務を負うべき存在である農産大臣が

外遊を切り上げることもせず、国家の一大事となる恐れを視し、帰後は即同党補者の応援に行く

と言う最低の行動を見せた。
挙句、消毒の1支援の1銭すら現地に送られていないのに「万全の対応を行っている」と発言する始末である。

上記及び下記にて詳細に説明する、民主党が引き起こした数々の「人災」によって被が拡大する一方となった口蹄疫問題は、民主党赤松産大臣の有り難いお名前を頂いて「赤松口蹄疫」と呼称されるようになった。

ちなみに民主党FAOによる口蹄疫の専門派遣を断っている上に、鳩山首相は感染が急拡大した一月後に「速な対応をしなくてはならない」と言うありさま。欧に飛び火すれば数兆円、もしくはそれ以上の損を与えかねない事態(何らかの報復を食らっても文句を言えない)であるにも拘わらず、はなかなか動かない。

そもそも口蹄疫とは何か

口蹄疫は畜産関係者以外の一般人には関係に思えるかもしれませんが、アウトブレイクの度合によっては移動制限や海外旅行の際の渡航制限を食らう可性があります(渡航制限は日本許可していても、相手から拒否られる可性大)。また牛肉豚肉など畜産品が値上がりし、計にも影を与える。

こういう非常に厄介病気であるのに反して、畜産関係者以外のの関心はとても低い。

赤松口蹄疫の発生とその後の流れ

赤松口蹄疫は、2010年4月20日に発覚した。
宮崎県南町で感染が確認され、即座に封鎖、殺処分を開始。
4月25日には殺処分数が1,000頭をえ、過去100年間最多を記録。
4月28日には内で初、への感染疑いを確認。宮崎県えびで感染の疑いが生じ移動・搬出制限区域が拡大、鹿児島県にまで範囲がんだ。
5月1日になると畜の殺処分は8,000頭をえ、東国原宮崎県知事は自衛隊災害派遣要請を行う。
殺処分等の補助作業に当たっていた職員達は体的・精的疲労により限界を迎え人不足に。
5月4日になり感染疑い発生が19例となり、畜の累計処分対は27,772頭に及ぶ。
5月6日には殺処分対が33,985頭に及び、えびでの感染が確認された。東国原知事が地方報道局に対し、非常事態宣言を出してもいいのではないのかという状況だとる。
5月7日には殺処分対44,892頭に及ぶ。
5月10日には感染疑いが56例、64,354頭が殺処分対に。この時点で南町ののおよそ42%が殺処分対になる。
5月11日南町の農場3カ所で、新たに感染疑い発生。感染疑い・感染確認は71例に。
5月12日、児湯(こゆ)都農町で、72~76例疑似患畜を確認。
5月13日、児湯(こゆ)南町とえびで、77~86例疑似患畜を確認。
5月14日、児湯(こゆ)南町で、8791疑似患畜を確認。
5月16日、児湯(こゆ)南町と高町で、91101疑似患畜を確認。(高町は宮崎県良事業団[用種雄の飼養管理]で確認)
5月16日南町、都農町、高町の農場で、102~111例疑似患畜を確認。
5月18日南町、高町、新富町で112~126例疑似患畜を確認。
5月18日南町、高町、新富町で127~131疑似患畜を確認。
5月19日南町、都農町、高町、新富町で132~146例疑似患畜を確認。

感染が最初に確認された南町では、殺処分対5月5日現在が2,584頭、が24,367頭と、いずれも町全体の約2割の数を占めており、畜産業界に壊滅的打撃を受けた。
まさに死亡宣告を食らったも同然である。
時期が大連休と重なったこともありイベントが多々予定されていたが、県内だけでなく九州各地や中国四国地方までも、行楽地や観光地でのイベントの開催を中止や延期する所が続出した。
また畜産だけでなく宮崎県自体の評も落ち、都城市にある結婚式場では6月に予定されていた式が取りやめになるなど、他の分野にも大きな影を及ぼしている。

今回ので被総額は兆をいくのではないのかとの不安のも上がっている。

そんなさなか、赤松産大臣は外遊の為南へ。

4月30日立たれる。社会党に属していた赤松にとっては、夢のような人物であるカストロなんかと会ったりして5月8日。・・・・・は?

口蹄疫を軽視した赤松農林水産大臣と、全力で対応する東国原知事と自民党

今回の口蹄疫は、政府の対応が遅すぎるが故ファーストインパクトを抑えきれることができないまま感染が肥大化していった。
が、山田産副大臣は江藤議員との質疑のなかで、初動の遅れはなかったと発言した。
しかし政府の対応は、放置プレイともとれる動きのなさに野党や民から大きな反感のがあがっている。
更には赤松産大臣は4月30日5月8日の間、コロンビアキューバに外遊にでかけ、口蹄疫のことなんかそっちのけで楽しまれたようだ。

4月22日山田副大臣の発言によると、口蹄疫が確認されたと報告があったのが午後10時頃で、それを受けて口蹄疫防疫対策本部を翌日の8時に設立したそうな。
・・・10時間のこの空白の時間は何?
これで政府の対応は問題かったと申すからもはや末期

4月20日農水省は感染確認を受け、日本牛肉の輸出全面停止を発表した。
政府は現地から消毒液が不足しているという報告を受けた。が、翌日政府からの示はなく、仕方なく現地組合や職員が消毒等の用意など対応に追われる始末。
4月22日山田副大臣は委員会の江藤議員の必死の現地のに「現場の状況について今初めて聞いた」と発言。
4月27日東国原宮崎県知事は上し、赤松大臣や谷垣自民党総裁に直接支援要請をする。
4月28日谷垣自民党総裁が現地視察する。
4月29日山田副大臣が宮崎出張するも、現場にはいかず生産者への面会もなし。知事が上した際に話したことを再び聞く。
4月30日自民党対策本部が、政府に42項の対策要請をするが、鳩山首相赤松大臣は対応をドタキャン赤松大臣はコロンビアキューバへ外遊にいかれた。赤松大臣外遊中、代理大臣は福島みずほ
5月6日山田副大臣の会見では「かなり徹底して防疫対策を行っておりますので・・・」とった。
しかし政府はこれまで何も支援していない。
5月7日小沢一郎幹事長が宮崎入りし知事と面会。ただし、内容は選挙当て。知事は小沢幹事長に支援を要請。
5月8日赤松大臣帰
5月10日、土日の休暇を終え、以前予定していた秋田入りを延期して宮崎入り。この際、開口一番に赤松大臣が発した言葉は遅参への詫びでも畜産業者や県関係者への労りでもなく、「一部報道では対応が遅いと言われているが心外。 できることはすべてやっている」という自己弁護であった。また「1日に10,000頭を安に殺処分して欲しい」とった。常識的に考えても、1日あたり10,000頭の殺処分など、まず不可能である。
5月19日畜の移動制限区域内でにワクチンを接種した上で殺処分することを決定。対となる町長への事前説明はなかった模様。保障についても、ワクチンを接種した上で殺処分した場合、農家に対し1頭につき約60万円、は約3万5000円のみで、その後の生活保障には触れていない。

自民党口蹄疫対策本部の記者会見で江藤拓議員は
「10年前の感染では、ただちに100億の予算で対策がなされたが、現在はこの段階になってもから1消毒が支給されていない。」
った。また、江藤議員はようやく宮崎入りした赤松大臣に対し「何しに来たんですか!」と一した。

一体政府は何を考えているのだろうか。
これは人災と言っても過言ではない。

ちなみに宮崎県現地では最初に発見された南町を封鎖し、24時間体勢で移動する体等に消毒したり、殺処分したり等の対応を、現地組合・職員・ボランティアの方々で行ってきたが、既に限界自衛隊派遣や被のあわなかった市町村の組合や職員を新たに動員して補うよう努している。
宮崎県内では連日口蹄疫報道され、県民に厳重な注意が報道などによってなされている。
また畜産関係所では石灰を入り口に撒くなど予防策を徹底して県内各地で行っているが、感染の疑い例は日に日に増すばかりで、また消毒等の入手に苦労したりなど現地はかなり深刻な状態である。
東国原知事を始めとする関係者達は連日対応に終われ、県職員達と共に対応策に悩み追われている。

政府と現地の温度差がこれほども違うとは一体どうしたものか・・・

口蹄疫とそれに関する諸問題

口蹄疫は、基本的には人には感染しないのだが、畜への感染はとてつもなく強く、水牛であればく間に感染し、被が拡大してゆく恐ろしい病気である。
極々稀ではあるが、人が感染するケースが報告されている。ただし、死亡や重症化、長期感染したケースはなく、疱などの軽い症状が出るだけで数日~1週間程で治するとのこと。
ちなみに感染した市場に出回ることはなく、万が一感染したを食べても人体に影はないので、心配する必要はない。

宮崎県鹿児島県は畜産王とも言えるほど畜産が盛んである為、口蹄疫があっという間に広がっていく可性が極めて高く危険である。
そのため、どうしても速な対応がめられたのだが・・・
口蹄疫普通消毒では効きはなく、ビルコンSといったような特殊な消毒が必要となる。(詳しくはWikipedia参照)
しかし、先に他口蹄疫が流行ったことや、他県が県内での感染発生を防ぐ為の買い占め等、予算の都合、政府の支給のなさによって現地は充分とは言えない数しか確保できていないようだ。
政府からの支援も全くないので消毒・衛生面の対応は全て県・市町村・町組合等が行ってる状況である。
また殺処分した畜の埋葬場所が不足し、また宮崎の暑さで死体の腐敗がひどく、現地ではパニック状態・疲労困憊している状態なようだ。

口蹄疫の報道規制

口蹄疫に関する報道は、各共に疑似患畜の発覚前後から(県や政府のプレスリリースの内容レベルではあるが)行われている。
もっとも、それを越える内容はどこも報じておらず、口蹄疫に関して報道規制がされている恐れが示唆されている。

が、報道規制の理由は、単に政府が対応に遅れたことへの隠蔽ではなく、宮崎県自身の風評被害の拡大防止の為のようである。
また、以前宮崎県鳥インフルエンザが流行した際に、マスコミの過剰な報道のせいで、被者側の感染農家の方から自殺者がでており、そういった2次被を防止する為であると考えられた。

・・・と思われていたのだが、5月9日東国原知事がTwitter上で以下の発言をした事で上記の説に疑問が生じる事になる。

問い合せの中で、特に多いのが、今回のこの口蹄疫のことが、宮崎県以外の地域や全国的にこれといって報道されていないことである。
報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。

少なくとも、知事自身が報道規制を要請したわけではい模様。

また同日、原口一博総務相の「ありがとうございます。後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください。」との発言が出た際「報道規制示した」と受け止める者もいた模様だが、後日「報道規制示するなどありえません」と、政府による報道規制否定している

5月10日になってようやくBS放送やNHKANNニュース等で報道された模様。

ちなみにNHK総務省の管轄。

なお赤松大臣はマスコミ風評被害対策をお願いしていたらしい(関連動画を参照)。
しかし5月25日wikipediaからこの部分の記述が削除される。
以下7月17日時点でのwikipediaの編集ノート概要部分。全文はこちらを参照。

 2010年5月24日 () 17:53UTC)、当項の「5月17日)の決算行政監視委員会第三分科会で、赤松広隆産大臣がマスコミ風評被害対策をマスコミに依頼したと、自ら国会で答弁した」ことに関する記述が削除された。この発言があったことは中継映像として残っており、確実な事実である(問題がなければ、いずれ議事録も閲覧可になると思われる)。

参考

口蹄疫防疫要項の【口蹄疫(患畜又は疑似患畜)の病性決定時の措置】では『発表は、農林水産省と県の両方で同時に行う。この場合、発表内容は、あらかじめ、整備している情報提供ルートによって関係者に周知する。』『新たな発生、移動の規制等の事実関係は、必要に応じ、その都度資料として新聞社、テレビ局等の報道機関に送付するほか、定期的に広報用資料を作成し、関係者に配布する。』(原文)という記述がある。

ということは・・・?

関連動画

赤松がポロっと漏らしました。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB
ページ番号: 4354406 リビジョン番号: 1084344
読み:アカマツコウテイエキ
初版作成日: 10/05/06 17:16 ◆ 最終更新日: 11/02/21 20:32
編集内容についての説明/コメント: リンクの変更(東国原元宮崎県知事のツイッターのアカント)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

赤松口蹄疫について語るスレ

1265 : ななしのよっしん :2015/08/26(水) 21:06:47 ID: /I1M+sY+or
あれから5年たちました。
ウンコマスターは今何しているのか。
1266 : ななしのよっしん :2015/08/31(月) 00:42:22 ID: E4kYJlTmPs
手の込んだ自殺
色々な意味で
1267 : ななしのよっしん :2015/09/06(日) 23:51:22 ID: kmbqaEL001
今でも当時の回顧録見ると涙が出そうになる
民主党だけは絶対に許さない
1268 : ななしのよっしん :2015/09/16(水) 10:56:55 ID: +J41iSIrbT
蓮舫洪水←NEW!
1269 : ななしのよっしん :2016/02/02(火) 16:10:40 ID: 3vVfg1N32k
絶対に忘れてはならない人災のひとつ。民主党に票を投じた有権者も同罪。
赤松元大臣にはいつかの場で当時のことをってもらいたい
1270 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 16:34:26 ID: LKSU33Xla+
東国原が2週間も発生を隠蔽していた事実は書かないネトウヨ
発生後すぐに報告していれば重な種を失わずに済んだのに、それを政府の責任にすり替える最低ハゲ
それに乗っかるネトウヨバカなのはいつものことだがw
1271 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 17:40:54 ID: MoIbxQgW/u
>>1270

東国原が2週間も発生を隠蔽していた事実は書かないネトウヨ
>発生後すぐに報告していれば重な種を失わずに済んだのに、それを政府の責任にすり替える最低ハゲ
>それに乗っかるネトウヨバカなのはいつものことだがw

ならそれを明する拠を出してみろよ。
1272 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 19:45:58 ID: /I1M+sY+or
ウンコマスターイヌ久々に見たな
1273 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 16:46:53 ID: lQVCHgMkAd
>>1269
ニヤニヤしながらか?
いつまでも逃げ回ってるのほうが殺意のレベルが低くていいぞ。
1274 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 16:51:28 ID: lQVCHgMkAd
>>1270
都合が悪いとネトウヨのせいにするお前みたいだなw
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015