オフサイド単語

オフサイド
2.6千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

オフサイドとは、以下のことを表す。

スポーツの規則

オフサイド(offside)は、フットボールホッケーに見られる攻撃側の選手のポジションに関する規則である。基本的には、待ち伏せの禁止など攻撃側が駄に有利にならないようにするために設けられる。

オフサイドでないことをオンサイド(onside)という。

主なオフサイドの規則があるスポーツ

サッカーのオフサイド

サッカーにおいてオフサイドポジションは、フィールドにおいてオフサイドラインと守備側のゴールラインの間のゾーン全てをす。オフサイドラインの定義は以下の通り。

以上の3つの内、最も守備側のゴールラインに近いものがオフサイドラインになる。
基本的には3つであり、最もゴールラインに近い選手はGKであることがほとんどなので、要するに「GK以外で最も後ろにいる守備側の選手が基準」と認識しておけば概ね問題ない。1つは「後方へのパスはオンサイド」、2つは「自にいたら(たとえ相手が全員で攻撃していても)オンサイド」ということを意味する。

オフサイドポジションにいる攻撃側の選手が「プレーに積極的に関与する」とオフサイドの反則が適用され、守備側に間接フリーキックが与えられる。

積極的に関与しているかどうかは審が判断する。ボールに触れるだけが関与ではなく、そこにいることで守備側の行動を牽制するなどのことも関与となりうるのである。

オフサイドポジションかどうかは(ピッチ内にいる)審からは判別できないことが多いので基本的には(ライン際にいる)副審が頑る。かつては副審ではなく「線審」が正式名称であったほど、サッカーにおける副審の重要な役である。

オフサイドのライン基準は、頭、胴体または足である。これらのどれか一つでもラインえてしまえば、オフサイドとなる。ただし手は含まれない。

勘違いしている人も多いが、オフサイドかどうか判定されるのはパスが出されたである。パスの間にはラインの手前にいて、DFラインの裏側に出されたパス(スルーパス)に追いついたような場合にはオフサイドは適用されない。逆に、パスの間にオフサイドポジションにいて、ラインの手前に戻ってパスを受けるとオフサイドになる(俗に「戻りオフサイド」と言う)。

また、スローインゴールキックコーナーキックはオフサイドポジションで受けてもオフサイドにならない。

相手側が蹴ったボールであれば干渉してもオフサイドにならない。攻守が入れ替わった直後、まだ守備に戻っていない元攻撃側のFWが間にいることに気づかずに元守備側のDFがGKへのバックパスをしてしまった場合などに起こりうる。

オフサイドのルールを利用し、攻撃側がパスを出したいタイミングを見計らって守備側が一斉に前進することで、前線へのパスを封じる(オフサイドでボールを奪える)戦術がオフサイドトラップである。

ラグビーのオフサイド

ラグビーには二種類のオフサイドがある。

ラグビールール上、前方へのパスはできないため、オフサイドラインは決まって攻撃側のボールがある位置になる。また、前方へボールを落とすとノックオンという反則になるため、やはりボールより先に選手が進めないようになっている。例外はキックによる処理だが、キックした選手より前方にいる選手はキックした選手より前方でボールに触るとオフサイドになる。

もう一つは密集プレイ中のオフサイドである。スクラムラインアウト中、いずれも他の選手は一定距離以上後方にいないとといけない。また、ラックやモールといったブレイクダウン時には参加してはいけない向きがあり、これを破るとオフサイドになる。

アメリカンフットボールのオフサイド

アメフトでオフサイドが適用されるのはプレー再開前のスクリメージ時のみである。スクリメージでボールがスナップされた際に、ディフェンスがスクリメージラインというラインえるとオフサイドになる(スナップ前までに戻れば問題ないが、相手オフェンスが戦略的に妨してくることもある)。いざスナップが終わると、次のプレー再開までオフサイドは適用されない。

アイスホッケー、ラクロスのオフサイド

アイスホッケー及びラクロスのオフサイドは任意のラインが基準となっている。アイスホッケーでは相手側の、ブルーラインより前方のアタッキングゾーンに、パックより先に選手が入ってはいけない。一方、ラクロスの場合は相手側地や自分側の地に一定数の選手を常に配置しておかねばならない。流動的なサッカーラグビーのオフサイドと異なり、これらの競技はオフサイド適用のエリアが固定されている点が特徴である。

水球のオフサイド

水球のオフサイドは相手ゴール前2mに限定される。オフサイドが適用される条件は2種類。

オフサイドがないスポーツ

オフサイドはこのように、個々のスポーツにおいて競技を面くするため採用されたものである。だが、競技によってはオフサイドがないスポーツがある。なものに以下の種がある。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オフサイド

15 ななしのよっしん
2016/03/07(月) 20:16:18 ID: g7IlkK06C0
オフサイドルールを知らず、なんでパスださないんだとキレてるオヤジを見るたび、萎える
16 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 19:32:20 ID: oysIEAjWUr
「史上最高のオフサイドトラップ」「まるでキャプテン翼だ」と内外で絶賛されてるらしい
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3619023exit_niconews
17 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 01:47:37 ID: PAvEKQzhYb
>>16
W杯という大舞台漫画並みに璧に決まったからね。見てて美しいレベル
18 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 02:17:25 ID: cIIL2VMMP4
武蔵FCだったっけ?、三君の。
あれで知ったなあ…。
19 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 13:11:38 ID: irnz5Mtdnh
オフサイドトラップイナイレで知ったな
実物は初めて見たけど決まると綺麗ね
20 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 14:38:47 ID: Bdijpv+GMk
http://www.nicovideo.jp/watch/sm33420717exit_nicovideo
こういうのってかがサイン出してるんだろうか?
それにしても見事に決まってるな。
21
2018/06/27(水) 01:43:55 ID: OAW88k5le2
 日本代表オフサイドトラップ話題になってるけど、前のルールだとオフサイドの選手にパス蹴った時点で鳴ってプレー切れてたが、今のルールだとオフサイドの対選手がボールに触らないとオフの判定ならないんだよね?。
 前にミランオフサイドのFWがあきらめてパスを触らずにスルー、相手DFも追うの止めたら、オンサイド本田が走りこんできてクロスあげて点入ったことあったし。
 香川とかが自ゴールに向いて走ったのはこれ警してだと思う。
22 ななしのよっしん
2018/06/27(水) 05:23:24 ID: kh28o80/id
オフサイドルールを知らず、なんでパスださないんだとキレてるオヤジ」はだが
今回のオフサイドトラップオフサイドのわかりやすい説明にぴったりだと思う。
23 ななしのよっしん
2018/07/05(木) 17:17:41 ID: mFip5ok9mW
オフサイドトラップは見てても鮮やかだけど
ボルゴグラードの物議はつまらないから批判される
戦略って難しいね

>>sm33420717exit_nicovideo
24 ななしのよっしん
2019/12/12(木) 01:59:48 ID: VQ87EIr1MQ
アメフトオフサイドだけど
> スクリメージでボールがスナップされる前にスクリメージラインというラインえるとオフサイドになる。
微妙に説明違う
スナップするそのときに(ディフェンスの選手が)スクリメージラインを越えているといるとオフサイド
ラインえてもスナップする前に戻れば反則なし、ただしオフェンスが反応したり接触したりすると別の反則
ちなオフサイドを誘発するオフサイドトラップもあり。