原田左之助単語

ハラダサノスケ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

原田左之助とは新選組副長助勤である。十番組長

概要

保11年(1840年)、伊予松山の中間のに生まれる。諱は忠一。

20歳頃に出奔し、文久2年(1862年)末頃に試衛館の近藤勇と知り合う。

文久3年(1863年)に浪士組の一員として近藤らと上京都に残り壬生浪士組に加わった。同年9月芹沢鴨暗殺に参加。

元治元年(1864年)6月5日池田屋事件では第二として参戦。

慶応元年(1865年)、妻まさと結婚。一児をもうける。

慶応2年(1866年)9月三条制札事件に出動。

慶応3年(1867年)11月15日坂本龍馬暗殺事件(近江屋事件)にて、刺客の放った言葉や残されたから実行犯と疑われたが現在では関与は否定されている。3日後の伊東甲子太郎暗殺事件(油小路事件)に出動。

慶応4年(1868年)1月鳥羽伏見の戦いから敗走後、甲州勝沼の戦いに参戦したが、永倉新八と共に脱退。その後義隊に加わり、5月15日上野戦争に参戦したが重傷を負い、17日に死亡したとされる。享年29。

気短でせっかちな気質だったいう逸話から、新選組を題材とした作品では放磊落、粗野、頭が少し足りない人物として描かれることが多い。

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%B7%A6%E4%B9%8B%E5%8A%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

原田左之助

9 ななしのよっしん
2012/09/04(火) 21:05:55 ID: TZXKbVl+As
>>8
あり得るかあり得ないかの話じゃなくて、そういう説が当時囁かれた、というのは事実だろ?って言ってんのよ
10 ななしのよっしん
2015/01/04(日) 09:57:55 ID: 3ti0Cs+yNG
弱冠二十歳で脱ってだけでも十分バサラだっただろうに維新の最前線でり合いを続けた挙句三十路を待たずして戦死、しかも後半生なんて本当に「向かう所皆敵」な状態だっただけによっぽど凄まじい人生だよな。
生存説が流れたのも「あいつならそれくらいやりかねん」って当時の人たちにも思われてたんだろうってくらい凄まじかったんだろうな。
11 ななしのよっしん
2015/04/27(月) 21:42:41 ID: SlmjwRWpwA
最後の一行の某乙女ゲーでは々とかいらない情報でしょ
それまで普通の説明だったのに突然脈絡なく出てきて違和感半端ないのだが
12 ななしのよっしん
2015/07/08(水) 10:56:34 ID: l8lq0JdKkR
>>7
生きて大陸に渡ったってのはこういう内容。

明治元年に大陸に渡って賊に加わりのちに頭になる。
日露戦争で出征していた日本軍の将校から働きを認められる。
明治40年頃、松山温泉石井村に住むないし松山市内に住む甥たちの元を訪れる。
坂本龍馬を暗殺したのはだと思っていたため、関わり合いになると厄介だと思いよそよそしい態度で接する。
や甥たちに多少の品を渡し「嶺に帰る」と言い残し、松山を去る。

地元の郷土史もそのの遺族を訪ねて確認を取った話。
13 ななしのよっしん
2015/12/28(月) 12:10:05 ID: CSW1ULvHgw
>>11
確かにいらんな
こんないらん文章付け加えたのは腐女子かよ
14 ななしのよっしん
2015/12/28(月) 12:17:35 ID: rpiRoNIcZT
>>13
同意。
それ付けるなら、行殺について書いても良いのか、って話になるわな。
15 ななしのよっしん
2016/03/08(火) 22:25:54 ID: YF5cq8wWIB
>>11>>13-14
当該編集者ユーザ記事見てきたが、多方面から苦情が来てた上に、
々に当人はニコニコアカウント削除しているみたい
自覚か意図していたかは分からないが、程度は別として悪質な編集者と判断できるんじゃないかな
最後の編集履歴ではその一文が追加されてるだけなので、反対意見がければ差し戻してしまって良いと思う
16 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 16:01:48 ID: RtKRfw2hmW
反対多数って事で差し戻ししといたゾ
腐の一文、隊規により粛清
17 ななしのよっしん
2017/06/08(木) 23:26:09 ID: 7PIH3IHqjg
れみてたけど最終的に行われるまで数年越しでちょっと
18 ななしのよっしん
2021/01/01(金) 10:22:53 ID: PAJ2uRWU2U
大陸に渡った説は信憑性が薄いという注釈付きなら乗せてもいいと思う
逸話としてはマイナーというものでもないし


しかし妻子に会いたくて戦線離脱したのに戻ってきちゃう当たり義理堅かったんかなぁ

おすすめトレンド