社会的距離単語

シャカイテキキョリ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

社会的距離social distance: ソーシャル・ディスタンス)とは、

  1. 社会学の用社会において「個人と個人」「個人と集団」「集団と集団」などの間での「親近感や親近性の程度」を言う。物理的な距離とは異なる。
  2. 衆衛生学/感染制御学の用。感染症の伝播を防ぐために、個々人の間でとられる距離。「社会距離」「対人距離」とも。この距離を取って感染症を制御しようとすること(social distancing: ソーシャル・ディスタンシング)については、「社会的隔離」「社会距離戦略」「社会的距離戦略」「社会的距離拡大」「社会的距離拡大戦略」「対人距離拡大」「対人距離の確保」などとも言う。

本記事ではに上記2.について記載する。

2.の概要

ヒト-ヒト感染する感染症の蔓延を制御するために、個々人同士での距離を取ること。必要以上に他人と接触しないこと。

単純に物理距離を取ることだけでなく、「他人と接近する機会を減らす」という頻度的な面も含んだ概念としてられることが多い。

感染症によって伝播の形式は異なるため、対の感染症によって必要/適切とされる物理距離や戦略の詳細は異なる。接触感染・飛感染・飛核感染(空気感染)のそれぞれの感染症で対策が同じであるはずはないのだ。

さらに、「感染症がその社会でどれだけ蔓延しているのか」によっても左右される。そのため「いつどの時点/地域でも適用できる、統一見解」というものを定めるのは難しい。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)において

以前から存在した言葉ではあるが、COVID-19(いわゆる新型コロナウイルス感染症)の対策として2020年にこの言葉が使われる機会は増した。2019年に始まり2020年には世界的大流行(パンデミック)状態となったこの疾患は、世界中で対策が模索されたからである。その対策の一つとして、科学者らによってこのソーシャル・ディスタンシングの有効性/重要性が叫ばれるようになった。

世界中で、このソーシャル・ディスタンシングを推奨する様々な運動/標/Twitterハッシュタグが考案・復権され、呼びかけられている。たとえば「3つの「密」」(「密閉・密集・密接を避けよう」という標)・「#うちで過ごそう」・「#stayhome」(にいよう)・「#IStayHomeFor」(にいます、○○のために)・「Stay Home, Stay Safe」「#StayAtHomeAndStaySafe」(「にいよう、安全でいよう」)・「Stay Home. Save Lives.」(に居よう、それが人命を救う)・「Stay the Fuck at Home」(だからにいろっつってんだろクソ野郎!)・「#PlayApartTogether」(一緒に離れて遊ぼう)・「#QuarantineBookClub」(隔離中読書クラブ)・「A reading nation is a leading nation」(「読書する国家こそが世界導する国家である」。以前からある標が再注されたもの)などなど。

なお、このCOVID-19においても、「許容される物理距離」「許容できる接触頻度」の双方において「必要・適切な基準」ははっきりと定めにくい。「物理的な距離」に絞っても、「物理距離」「最低1メートル」「お互いに手を伸ばしても届かない範囲」「1.5メートル」「1~2メートル」「1.8メートル」「6フィート(1.83メートル)」「2メートル」などの様々な基準を様々な団体が示している。とりあえず「可なら隣の人とは2メートル離れとけ」ということか。もちろん「2メートル開ければ絶対大丈夫」というものでもないが。

ジョーク交じりの分かりやすい表現としては、WWF世界自然保護基)は公式Twitterで「ジャイアントパンダ一頭分」「オサガメ一頭分」「若いオスのホッキョクグマ一頭分」「キングペンギン2羽分」と表現している。いずれも約2m相当らしい。

1.と2.の言い分け

ちなみに1.との言い分けのために、2.の意味で「社会的距離」と表現することが避けられることもある。

その場合、2.をすためには前述の別の表現「社会距離」「対人距離」「社会的隔離」「社会距離戦略」「社会的距離戦略」「社会的距離拡大」「社会的距離を取る措置」「対人距離拡大」「対人距離の確保」……などといった多様な言葉が使用される。

だが実情として、2.の意味で「社会的距離」と表現される事もしいことではなくなってしまっている。

上記の1.は英語の「social distance」(ソーシャル・ディスタンス)によく対応し、2.は英語の「social distancing」(ソーシャル・ディスタンシング)によく対応する。例えばWikipedia英語版では「Social distanceexit」の記事は概ね上記の1.の意味で記載されている一方、「Social distancingexit」の記事は上記の2.の意味で記載されている(2020年3月29日現在)。そして双方には互いに「混同しないように」という注意書きも記載されている。

ただし「social distance」という単が2.の意味で使用されることもあるし、英語オンライン辞書の「Social Distance」の記事にも2.の意味が掲載されているものがある[1]。すなわち、日本語での「社会的距離」と同じく英語での「social disance」も厳密な使い分けがなされているわけではない。

さらに英語の「social distance」には1.や2.の意味の他に、「パーソナルスペース」の文脈においての距離の分類の一つとしての用法もある。

ちなみに、2.の意味で「social distancing」「social distance」と言うときの「social」は「社会」と言うより「社交」「対人」と表現した方がニュアンスが近いのでは?という意見もある。「社会的」「社会」と冠するではなく「対人距離」「対人距離拡大」「対人距離の確保」という表現が選択されることがある理由か。

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *Social Distance | Definition of Social Distance by Merriam-Websterexit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E8%B7%9D%E9%9B%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

社会的距離

1 ななしのよっしん
2020/04/09(木) 23:51:11 ID: G8q3ATa3hi
大喜利

人との距離ジャイアントパンダ1頭分 動物基準の「社会的距離」がちょっと楽しい
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2004/09/news014.htmlexit
2 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 18:01:45 ID: ctP3whe0uh
Social distance
>>im10340831
3 ななしのよっしん
2020/04/27(月) 11:24:59 ID: G8q3ATa3hi
こんな時にも社会的距離かよ

カヤックでに流された男性 捜索されるほど“社会的距離”をとってしまう
https://sirabee.com/2020/04/26/20162308510/exit
4 ななしのよっしん
2020/04/29(水) 14:57:35 ID: d0JPs9d7Vm
テレビ番組のコメンテーターを見ると意外と近くてこのくらいでいいの?と思う
空気の流れで容易に届きそう
5 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 13:31:08 ID: G8q3ATa3hi
動物ソーシャルディスタンス

他人とは「アヌビスヒヒ5頭分」の距離取って 専門的すぎて全然ピンと来ない動物園の案内が話題
https://this.kiji.is/636703192340497505exit
6 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 13:51:56 ID: X6xBjEDp6y
社会的距離社会距離でいいだろ
何だソーシャルディスタンスって、ステイホームといいルー語並に横文字並べたてるとバカみたいに見える
7 ななしのよっしん
2020/05/28(木) 23:54:22 ID: G8q3ATa3hi
大喜利流行ってるのか?

「人との距離ブリ2匹分」コロナ対策で学校が呼びかけ 香川
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012448671000.htmlexit