細川顕氏単語

ホソカワアキウジ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

細川顕氏(?~1352)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

足利一門の中では庶流もいいとこの、細川氏のさらに庶流。兄弟細川直俊、細川細川がいる。

当然他の足利一門同様元の乱での足利高氏鎌倉幕府離反から彼に付き従う。しかし個人的に尊氏からの信任が厚かったようで、後醍醐天皇のもとに密使として派遣されたり、護良親王鎌倉護送を行ったりと重要な任務を任されている。

中先代の乱で父親細川頼貞を失うが、その後足利尊氏の下で活躍し、九州落ちの際に四国方面軍の中で恩賞権を与えられ、これを統括する任務にあたった。その後もの戦いをはじめ四国軍を率い畿内を転戦。1338年には高師直とともに北畠顕家を討ち取る軍功を挙げ、所頭人に任じられた。

こうした活躍の結果河内和泉讃岐の守護職を与えられ、細川一族は一気に躍進したのである。

ところが1347年の楠木正行の挙兵に対し畠山国清山名時氏と協して当たるが、教寺の戦い以降相次ぐ敗戦によって威信を低下。代わって四条畷の戦いでこれに勝利した高師泰高師直兄弟が台頭していったのである。細川顕氏は河内和泉の守護職と所頭人の役職を取り上げられ不満をためていった。

そのため観応の擾乱ではやや中立よりの直義として活動し、尊氏を降伏させるなど足利直義勝利の立役者となった。その功績で和泉守護を取り戻し、引付頭人に任じられるなど復権を果たす。しかし足利直義京都を脱出すると、彼は足利尊氏のもとに残り、以降和交渉を進めるも失敗。尊氏が鎌倉に進撃した後は足利義詮とともに京都留守を任され、楠木正儀率いる南軍に対抗し、男山八幡を陥落させた。そしてそれからわずか2か後、病に倒れ死去した。

彼の息子細川繁氏も一色直氏が逃亡してきた後の九州探題につくが、出立の準備中に急死し、以後彼の系統は守護職に就くことはなかったが、細川としてそれに準ずる扱いを受け続けたのであった。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E9%A1%95%E6%B0%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

細川顕氏

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 細川顕氏についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!