編集  

SDメモリーカード単語

エスディーメモリーカード

SDメモリーカードとは、記録媒体の一つである。
運転免許に関連する、事故違反明書については「SDカード」の記事を参照のこと。

概要

SDメモリーカード1999年松下(現パナソニック)・SanDisk東芝が設立したSD Groupが開発したフラッシュメモリタイプの記憶媒体である。
現在SD Associationという関連団体がSDメモリーカードの設計・開発を行っている。

サイズの規格

SDメモリーカードは、物理的な大きさにより以下の3種類に分類される。

フルサイズSDカードは開発当初から存在する規格で、カメラをはじめとした機器が採用している。
一、このサイズSDカードのみ単体で誤消去防止スイッチが搭載されている。
このスイッチを「LOCK」側にスライドさせておくことで、誤ってデータ削除してしまう事故を防ぐことができる。ただし、このスイッチは機器側で物理的に検出する仕様のため、機器側が対応していない場合はスイッチの位置に関係なく書き込み・消去ができてしまう。

miniSDカード2003年に発表され、小な機器、特に携帯電話に使用することを的とした規格。
フルサイズSDカード用の機器に使用する場合、別途変換アダプタが必要になる。
しかし、後述のmicroSDカードの登場により普及することなく衰退してしまった。

microSDカード2006年に発表された。miniSDカードよりさらに小な規格で、現在では多くのモバイル機器が記録媒体にmicroSDカードを採用している。
miniSDカードと同様、変換アダプタを使用することでフルサイズSDカードの機器にも使用可

容量の規格

SDメモリーカードは容量によって以下の4種類に分かれている。

名称 カードの容量 標準ファイルシステム SD規格バージョン
SD (SDSC) ~2GB FAT (FAT12/FAT16) 1.0
SDHC 32GB FAT32 2.0
SDXC ~2TB exFAT 3.0
SDUC 128TB exFAT 7.0

SD規格(以下、区別のためSDSCと表記)は、最大容量が2GBで標準ファイルシステムFAT12/FAT16。
この時はSDメモリーカード内のCSD(カード固有データ)レジスタで設定できる容量が2GBまでであったため、データ量の増大につれて容量不足が課題となってきた。

そこで、CSDレジスタの構造を変更してカード容量の上限を32GBまで拡大したSDHC規格が登場した。
構造変更の関係で下位互換はなく、従来の機器ではSDHC規格のカードを使用できない。
ただし、物理的・電気的には互換があったため、ファムウェア・ドライバOS更新などで使用可になった機器も存在する。
標準ファイルシステムFAT32。そのため、1ファイルあたり最大4GBまでの制限が存在する(exFAT等、別のファイルシステムフォーマットすることで回避は可だが、機器側がサポートしないことが多い)。
さらに、データ量の増大に伴って32GBでも容量不足が課題となってきた。

2009年SDHC規格の容量不足に対応するため、新たにSDXC規格が登場した。
SDSCSDHCのような大幅な変更がかったため、SDXC規格のカードFAT32フォーマットすればSDHC規格のみ対応の機器でも使うことが出来る。
標準ファイルシステムexFAT。SDHC規格で存在した、1ファイルあたりの容量制限も実質なくなった。SDXC規格の最大容量は2TB。これは、SDHC規格策定時CSDレジスタ構造における容量の最大値。

2018年6月、2TBえる大容量のSDメモリーカードの規格としてSDUC規格が登場した。
最大容量は驚異の128TB。これはCSDレジスタの設定を再び拡したため(SDHC/SDXC32bitSDUC:38bit)。
ファイルシステムSDXCから引き続きexFATを採用している。

速度の規格

SDスピードクラス

SDSC時代は速度表記を規格として定義していなかったため、表記が各社ごとにバラバラで表記自体が存在しないことも多かった。しかし、写真動画を撮影する際に転送速度が遅いカードを使用すると転送が間に合わなくなり、撮影に支障が出る可性があった。
そこで、SDHC規格では統一された基準で転送速度を表記することを義務付けた。それがSDスピードクラスである。
SDスピードクラスクラス最低転送速度を下記のように定めている。

クラス 最低転送速度
Class 2 2MB/s
Class 4 4MB/s
Class 6 6MB/s
Class 10 10MB/s

ただし、Class 10については後発のため、使用する機器によっては表記の速度が出ない可性がある。

UHSスピードクラス

さらに、SDHC/SDXCには物理的な仕組みで速度向上を図ったUHSインタフェース規格(UHS I/F規格)が存在する。

UHS I/F規格にはUHS-I・UHS-II・UHS-IIIの3種類が存在し、それぞれ最大転送速度が異なる。
機器・カードの双方がこの規格に対応している場合、対応するUHS I/F規格のモード転送が行われる。機器・カードとも下位互換があるが、転送速度は遅い方の規格になる。

UHSスピードクラスは、これらUHS規格に準拠したメモリーカード最低転送速度を定めたもの。

クラス 最低転送速度
UHSスピードクラス1 10MB/s
UHSスピードクラス3 30MB/s

ビデオスピードクラス

UHSスピードクラス30MB/sまでしか定義されていないため、高画質動画を撮影する場合などは、さらに高速な転送速度を要されることがある。
こうして新たに設定された規格がビデオスピードクラスであり、従来のSDスピードクラス(Class 6~)とUHSスピードクラスを網羅し、最大で90MB/sの転送速度までカバーしている。
ビデオスピードクラス最低転送速度を保するものであり、一覧は下記の通り。

クラス 最低転送速度
V6 6MB/s
V10 10MB/s
V30 30MB/s
V60 60MB/s
V90 90MB/s

SD Express

SD Expressは、2018年発表のSD規格バージョン7.0で先述のSDUCとともに策定された規格。
PCIe Gen3.0とNVMeプロトコルの採用で最大985MB/sの高速転送を可とする。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/sd%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
ページ番号: 4980733 リビジョン番号: 2658563
読み:エスディーメモリーカード
初版作成日: 12/10/14 13:42 ◆ 最終更新日: 19/01/12 00:19
編集内容についての説明/コメント: サイズ・容量・速度の観点で区分して追記・修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SDメモリーカードについて語るスレ

1 : 東西線 :2013/03/27(水) 12:10:19 ID: RPxSPLizgv
そろそろSDの詳細項が増えたので、SDカードと間違えないようにテンプレートでも貼ろうかな
2 : 削除しました :削除しました ID: 8islmIQR9f
削除しました
3 : ななしのよっしん :2015/01/25(日) 16:10:56 ID: IfHM7aZG1n
没したり火山に巻き込まれたり
災害に巻き込まれてカメラが壊れた場合でも
映像は生きてるのが増えたのはこれのおかげだよね
っ二つに割れたりしない限りだいたいは生きてるよね
あとは寿命が来たときくらいか...
4 : ななしのよっしん :2018/08/24(金) 14:27:51 ID: f7BcYOAxrV
まだ規格が制定されただけだがSDUCというものが出たようだ
(最大容量128TB
5 : ななしのよっしん :2018/12/21(金) 20:02:58 ID: AphoqQSq85
>>1
編集してもらいました
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス