uber単語

ウーバー

Uberとは、以下のことを

  1. 英語で「突出している」「(特に)優れている」
  2. ドイツ語(über)で「上へ」(英語でいう「over」の同系
  3. アメリカ発祥の配サービス

本項では3.について扱う


UBERとは、アメリカの配サービス大手である。日本では縛りプレイをさせられている。

概要

サービスの名前はUBER運営アメリカサンフランシスコに本社のあるUber Technologies Inc.が行っていて、同社はこの配サービスのほかにも「Uber Eatsフードデリバリー)」や「Uber Health(医療機関送迎)」などのサービスを行っている。

世界中で運営を行っているが、中国などの一部のではすでに撤退し、事業を現地企業に売却するなどしている。

よく「タクシーみたいなサービス」と言われるが、後述するように厳密にはそうではない。しかしタクシーと競合することには変わらないので、世界のあちこちでタクシー業者から妨されたり訴訟を受けたりしている。

日本には2013年から参入しているが、国交省から茶々が入ったため2015年にサービスを停止、現状タクシーを配するだけのサービスになってしまっている(とはいえUBERを使うメリットはある)ので、まだ本気を出せていない状況である。(後述)

乗客の場合

UBERを使う、と言ったら基本的にスマホアプリでの操作になる。

行き先を登録し、補から車の種類を選択。おおよその値段が出るので予約を確定させ、迎えに来てもらう場所で待つ。ドライバーの顔や名前やナンバー、どれくらいで到着するかの安も教えてもらえる。定場所に近づくとめて通知がくる。

日本では前述のとおり本来のサービス提供されていない。よって現状はただのタクシーであり、運転手は全員プロ。支払いはすべてクレジットカード払いなので、事前に登録をしておく。同乗者がいればアプリ内で割り勘することができる。つまり、初期登録が住んでいれば財布がなくてもスマホさえあればタクシーに乗れてしまう。

到着したら財布を出すことなく降。領収書はアプリから確認し、落とし物などがあればそれもアプリフォームから問い合わせることができる。

今はまだ都内くらいでしかサービスを受けられないが、これからどんどん日本サービス範囲を広げていく・・・のかもしれない。

運転手の場合

本来の、というのはここにある。

UBERの最大の特徴、それは登録すればだれでも運転手になれるということにある。つまり自分のき時間を使って、自タクシーのように人を運び、報酬を受け取ることができるのだ。

車両オーナーにとっては手軽に小遣い稼ぎができ、時間の融通も利く。マッチングはUber社がやってくれて、自分は言われた場所に行き、定された場所まで運転する。乗客と直接銭のやり取りをする必要がない。この手軽さが受けて、海外では競合他社も含めて配アプリブームになっている。

日本でこの業態が取れないのは、法律では営業許可を受けた事業者しかタクシー営業ができないようになっているためだ。運送業の許可を受けた業者のには、緑色ナンバープレートが付与される。原則この車両でしか客扱いができないため、白色ナンバープレートをつけた一般車両でタクシー営業を行うと、許可営業になってしまう。これを「タク」と言うのだが、UBERのしていることを日本でやろうとするとガッツタクになってしまうのだ。このことを国土交通省摘され、現在UBER日本国内ではタクシーの配しかできないようになっている。

現在安倍総理過疎地の交通手段として自の活動を容認する立場をとるなどしており、将来的にはタクが(条件付きにでも)解禁される可性が出てきている。これに対して日本タクシー業界は猛反発しており、実現するかどうかはいまだ不透明だ。仮に実現した場合、運送業界にある種の構造革が起こることは必須で、当該業者のみならず後追いを企てる財界の関係者らもその推移を静観していると思われる。

Uber Eats

Uberフードデリバリー部門。たく言ってしまえば出前のようなもの。

こちらもUberの要領でクレジットカードなどの情報を登録して商品と配達先を定、すると配達員が運んできてくれるというサービスタクシーのほうと違って法規制はないため、こちらならだれでも配達員になることができる。

余談だが、Eats日本に上陸した時に「要するにこれ出前だよね」と話題になり、これを機にフードデリバリーが盛り上がると踏んだ投資らが関連銘柄の式を買い、価が上昇するという一幕があった。結局Uberが新しい需要を掘り起こしただけで業界が盛り上がることはなかったので価はいったん落ち着いているが、執筆時点で参入から二年弱、これから先フードデリバリー業界がどうなっていくかは筆者には分からない・・・ どうなると思いますか?

なお、Uber Eatsの配達パートナーは個人事業扱いとなり、労働基準法の対外となるので、これから配達パートナーになるという人は注意が必要である。[1]

関連動画

調べてもYouTuberVTuberしか出ない(´;ω;`)

関連商品

関連コミュニティ

uberに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *UberEats配達員、日給1718円・労災適用ナシの実態を記者が体験!exit 2018.5.22

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/uber

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

uber

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • uberについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード