今注目のニュース
富士山で発見の遺体、身元が判明 登山中に滑落のニコ生配信者か
木曜以降 北海道は猛ふぶき 東北は積雪注意
「彼氏と週どれくらいやってるの?」 横行する就活ハラスメント、法整備を厚労省に要求

ただし魔法は尻から出る単語

タダシマホウハシリカラデル

  • 9
  • 0
掲示板をみる(124)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ただし魔法は尻から出るとは、衛藤ヒロユキ漫画作品、及びそれを原作にしたアニメ魔法陣グルグル』中に登場するキャラクター、ラジニが発した名言迷言?)である。

概要

ただし魔法は尻から出る

「ラジニ」は、魔法陣グルグル世界ゲル大陸・シュギ村に住む闇魔法使いで、闇魔法結社の団員の一人でもある。
ある時ククリ一人を残して然と姿を消した、奇妙な魔術を用いるという伝説の部族・ミグミグ族が最後のミグミグ族・ククリのために残した「ククリちゃんのおでかけ修行ハウス」を祖の代から預かっていたため、闇魔法結社総裁よりククリグルグル修行の担当を命じられた。
ラジニはシュギ村に辿り着いたククリに、『修行には最低半年はかかる』と告げるが、ニケと別れるのがつらいククリにもっとく終えられないかと嘆願される。そこでラジニは「1かコース」を提案した。しかしそれには条件があった。

「ただし・・・・・・1かの場合、  魔法から出る!」

ククリ「みっちり半年でお願いします。」と即拒否されたのは言うまでもい。

その後、ラジニは最後の修行グルグルキノコを食べたククリが、自身の心の中で「」を探しているときに登場する。「」はどこにあるのか尋ねるククリに、彼はこう答えた。

「ただし魔法は尻から出る!」

ククリは訳の分からぬまま落ちていった・・・

その強インパクトシュールさから魔法陣グルグルを代表する名言としてり継がれており、ネタとして取り上げられる機会も多い。

とは言え、なんでから出る様にすると一かに短縮できるのかなどの突っ込み所もあり、読者の多くは飽くまでラジニがククリ修行をさせるために言った冗談かハッタリの類だろうと考え、飽くまでネタネタとして扱われている場合がどである。







だがそんな扱いで20年強が経った頃、正当続編の2にて本当にから魔法を放つ魔法使いが現れてしまった
しかもから出る事以外はこれと言った不都合もなく、修行も本当に一かで済んでいると言う。
更にこの手の魔法使いは結構居るらしく、彼らは自分たちをヒップ・ソーサラー」と呼んでいるそうな。
まりあそこでククリが一かコースを選んでいたら本当に魔法を使う羽になっていたという事である。

そう言えば「ベームベーム」の魔法陣キタキタ踊りの動きに隠されていたが、まさかアレは隠されていたんじゃなくて…

尻から魔法が出ることの合理性、戦略性について

から魔法が出る」この言葉を聞くと当然拒否し、選択することがありえないかもしれないがちょっと待ってほしい果たしてから魔法が出ることがそんなにおかしいことなのかから魔法が出ることの有用性をここに書きたい。

まず魔法というものは体の内なる魔を外に放出するのが基本の原理である。そして身体の中で体の中にあるものを出す場所はどこか?というとそれはになる。手から魔法を出すほうが本来不自然なのである。一ヶで習得できるのは自然に魔放出できるのがだからであり、それ以外の場所から放出するのに余計に時間がかかるのである。から魔法が出るは体から何かを出す行為にとって何ら不自然なことはない。

そしてから魔法を出す以上標に対して背中を向けなければならない。戦闘においては敵に背中を見せるのは危険であり、敵にとっては攻撃のチャンスといえる。しかしそれはから魔法が出ない場合である。から魔法を出せるものにとっては敵に隙をみせたのではなく、敵に攻撃を向ける行為である。そうとは知らない敵はチャンスだと思って身を乗り出してしまう。そこに魔法を放てば不意をつかれた敵は回避も出来ずに直撃してしまう。正面から魔法をかけるよりかなり有効な手段であるといえる。また、人間にとって背後は攻撃する手段がいに等しい。いかに武芸の達人でも背後に攻撃しようとすればどうしても前方に隙ができてしまい、また満足な攻撃を出すことも難しい。しかしから魔法が出る場合、威が下がるとは言及されていないため両手がフリーである。よって手にを持ち、前方への準備をしたうえで背後から襲い掛かる敵には魔法を放つ戦法が可であり、このような戦法をとれるような方法は他ではほとんどい。一対多が起こりやすいファンタジー世界では極めて重要な特技となる。

そしてこれをたった一ヶで習得可なのが戦略において重要な意味を持つ。グルグル世界では魔王を討伐した後、たった二週間で新たな脅威が生まれている。村にも魔物が侵攻している場面を多くあり、短期間で魔法を習得することはとても重要な意味を持つ。半年も修行すると一般人なら日常の生活に支障が出てしまい、習得が困難になる。しかしそれを一ヶに短縮すれば一般人でも習得が可になり、王でも訓練の一環として下級兵士にも習得させることができる。一般人や下級兵士でも魔法を繰り出すことになれば魔族にとってこれほど厄介なことはなく、数を集めれば、魔族の拠点すら陥落させることも可になる。

以上のように魔法から出るというのは単なるネタで済ますものではなく合理性、戦略性に富んだ方法だといえることができる。さあ!あなたもラジニの下で一ヶから魔法が出る修行をしよう!

闇魔法「グルグル」と尻から魔法が出ることの親和性について

上記に記述したとおりから魔法が出ることの有用性について説明したあと、闇魔法の最高峰である「グルグル」との親和性についてしたい。

まずグルグル魔法魔法陣を描き、そこから魔法を出す形式をとっているのだがこの魔法陣は地面に描く必要はく、中でも魔法陣を描いて魔法を使うことができる特徴を持つ、しかし、地面に描くにせよ中に描くにせよ敵にとっては明らかに何らかの魔法を使うことは明である。とある闇の暗殺者いわく「ややこしい魔法を使う相手は使う前にキュッとしてしまえばいい」という言葉があるように魔法陣を描いている間はとても防備で、そこを狙われたらひとたまりもない。事実魔法陣を描くことを察知して妨しようとする敵も多く、何らかの時間稼ぎが必要になった場面もあった。

このように魔法の中で特に発動に時間がかかるグルグルの弱点をする方法は一つある。それは踊りながら魔法陣を描く方法である。

敵のの前で踊ることは魔法陣を描く事以上に敵の注意を引くと思う人もいるだろう。しかし踊るということはカポエイラという格闘術があるように格闘と非常に相性が良く、闇に近づけ思わぬ反撃を食らうことになる。隙を見て暗殺する者にとっては相手の行動が読めないというものほど厄介なものはい。近づけないのなら遠距離で・・・・と考えるがもちろん踊りの軽やかなステップは回避にも応用でき、まさに「のように舞い」ながら回避することも可である。そして踊りそのもので敵を魅了してしまうこともできる。

そして本命であるグルグルは魔の溜まりやすいで描くことによって踊ることによって出来た時間により描くことができる。動きの多い踊りだからこそ複雑な魔法陣を描くことが出来、より高度なグルグルを放つことができる。

ただ踊ればいいのではなくキタの町に伝わる伝統舞踊にはの動きに召喚魔法べーべーム」が隠されていたとされている。これは古代ミグミグ族もこの伝統舞踊でグルグルを使用していた左でありグルグル使いにとってはとてもなじみの深い踊りであることは想像に難くない。

さらに踊りながら魔法を使うことの副産物として、踊りは非常に体を使うため踊れば踊るほど体が鍛えられる。かの伝統舞踊の熟達者は踊ることによって非常に高いHPを獲得し魔王はいる本拠地の猛攻も傷一つなく戦い、それどころか伝統舞踊によって魔王を封印したと英雄る記録に記されている。

敵からの攻撃に踊りながら反撃も回避も出来、高度なグルグルから放つHPが高い魔法使い・・・そのような人物が生まれれば世界平和がくるのも約束されたも同然である。是非ミグミグ族の生き残りである者にこの伝統舞踊を継承して欲しいですぞ・・・もとい舞踊の修行に励む事をお勧めする。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP