今注目のニュース
「鬼滅の刃」第19話の究極作画に伊之助役・松岡禎丞も感嘆「テレビでやるクオリティじゃない」
「いってらっしゃい」と夫を見送る妻 3ページ目の展開に、胸が締め付けられる
マツコ・デラックス批判や崎陽軒不買について等 メンタリストDaiGoさんがN国党や立花孝志代表を心理学的に考察

アルバート・アインシュタイン単語

アルバートアインシュタイン

掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein, 名はアルベルトとも表記される)は20世紀を代表する理論物理学者である。

概要

アインシュタイン

1879年3月14日ドイツ生まれ。チューリッヒ工科大学卒業大学時代の友人にグロスマン、師にミンコフスキーがいる。大学卒業後、グロスマンのの紹介でベルン特許局に就職した。特許局勤めの傍ら、1905年に有名な三つの論文(量子説、ブラウン運動特殊相対性理論)を著した。一つだけでも物理学歴史に名が残るような研究成果を、一年のうちに三つも発表したことから、1905年は「奇跡の年」と呼ばれている。

1911年から1916年にかけて重力理論である一般相対性理論を発表した。1919年、エディトンの率いる観測隊が、一般相対論が予言する通りに、太陽重力によってが曲げられていることを確かめた。これが各の新聞で取りあげられ、アインシュタインは一躍時の人となった。1921年ノーベル物理学賞受賞。これはアインシュタイン理論物理への広汎な貢献に対するもので、特に量子説による電効果の説明が評価されての受賞である。翌1922年には来日して日本各所で講演を行った。

一般相対論を完成させた後は、重力場と電磁場を統一する統一場理論の研究に没頭するものの、その試みは失敗に終わった。

ユダヤ人であったアインシュタインナチスが擡頭するとアメリカに亡命、以降プリンストン高等研究所で研究する。1939年、シラードめに応じて、時の大統領フランクリン・ルーズベルトに宛てて書かれた、原爆の開発を促す手紙に署名した。戦後核兵器絶を訴え、ラッセルアインシュタイン宣言に名を連ねた。1955年4月18日、76歳で没した。

研究

アインシュタインは現代物理学の多くの分野で先駆的な研究成果を残している。

量子説
は振動数に例したひとかたまりのエネルギーを持つ量子として吸収・放出されるという仮説。量子力学の形成に重要な役割を果たした。
ブラウン運動理論的研究
ブラウン運動は非統計力学の重要な研究テーマである。それを最初に理論物理上に載せた研究で、拡散係数と温度と易動度とのあいだの関係式を示した。なおアインシュタインは、ブラウンが19世紀のはじめに この現を発見していたことをよく知らずに論文を書き上げたようで、ブラウンの発見については冒頭で短く触れるだけに留めている。
特殊相対性理論
ここまで3つが上述の1905年の論文である。特殊相対性理論はこれら中でも最も有名で、岩波文庫にも入っているくらいなので読んだ人も多いだろう。
E=mc2
特殊相対性理論の最初の論文から2年後に発表された非常に有名な式。質量とエネルギーの等価性を表している。原子爆弾原子力発電の説明に使われることがあるため、核反応に対してのみ成り立つと勘違いしている人がいるが、化学反応だろうが何だろうがこの式に従っている。
アインシュタイン模型
量子論と統計力学を使って固体の熱を論じた。この論文が1906年という量子論の明期に書かれたことが驚きである。
一般相対性理論
重力理論を時幾何学として表した。アインシュタイン特許局で仕事をしているときに一般相対性理論の基礎となる「等価原理」を思いついた。これは「生涯で最も素晴らしい考え」だったと言っている。アイデアは単純だったものの数学的に表現するのは難しく、友人の数学グロスマンの助けも受けつつ10年近い歳を費やし完成させた。
宇宙定数
後に生涯最大の失敗と悔やんだ暗黒エネルギーの記事を参照すべし。
誘導放出
メーザーやレーザーの原理になっている。
ボース・アインシュタイン凝縮(BEC)
最低エネルギー準位にある粒子数が全粒子数と同じオーーになる現液体ヘリウム超流動では、ある種のBECが起こっていると考えられている。現在では、アルカリ金属原子の集団を極めて低い温度まで冷却することで、アインシュタインが予言したものに近いBECを実験で実現できている。
アインシュタイン・ポドルスキーローゼン(EPR)相関
量子論の確率解釈に批判的だったアインシュタインが考えたパラドックス。今では実験的に確かめられ、量子情報理論の基礎となっている。EPR論文で考察されたような量子状態はしばしentanglement(もつれあい、絡み合い)と呼ばれる。これはシュレーディンガーが有名なの論文の中で初めて使い、広まった呼び方である。

エピソード

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 45ななしのよっしん

    2019/06/15(土) 00:54:44 ID: RculyAVc7m

    実写ベロリンガ

  • 46ななしのよっしん

    2019/06/15(土) 19:39:13 ID: yBU9OQvVBM

    頭悪くて科学理論はさっぱりわからないけど
    第三次世界大戦でどのような兵器が使われるかはわかりませんが、第四次世界大戦では石と棍棒が使われるでしょう」という名言は理解できる

  • 47ななしのよっしん

    2019/08/09(金) 17:55:18 ID: CLm2OKV6hp

    つまり一石さんは第四次大戦=ダクソだと予言していた…?

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP