今注目のニュース
よく見るとゾッとする、とんでもない物件がネットから削除され波紋を呼ぶ
大麻を全米で合法化する包括的法案への投票、週内にも実施へ
「UCC ミルクコーヒー」がポケモンとコラボ、「ソード・シールド」の新キャラ「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」がピカチュウと共演

アルフレッド・ローザス単語

アルフレッドローザス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アルフレッド・ローザスAlfred Losas)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。
CV.哲朗 / 井上倫宏青年期)。

概要

自由惑星同盟軍人。外伝「螺旋迷宮」に登場する「730年マフィア」のひとり。
その最後の生き残りとして、ヤン・ウェンリー少佐と対面することとなる。

指揮官としては「均よりややまし」程度の才であったが、指揮官を補佐する幕僚としての調整に長けており、ブルース・アッシュビーの参謀長として天才集団である「730年マフィア」の「生きた接着剤」、つまりまとめ役として艦隊全体の強化に手腕を発揮した。組織、課題処理も非常に高く、アッシュビー長官とローザス総参謀長が導した宇宙艦隊総部の作戦は飛躍的に向上したという。

経歴

宇宙710年生まれ、730年、自由惑星同盟軍士官学校卒業
ファイアザード域会戦を始め、「730年マフィア」の一員としてリーダーであるブルース・アッシュビーの幕僚を務め、中将まで昇進。7456月、同年3月宇宙艦隊長官に就任したアッシュビーにより宇宙艦隊総参謀長に任じられる。

しかし同年半ばに妻と死別、1ヶの休職ののち、9月に総参謀長に復帰する。12月の第二次ティアマト会戦ではアッシュビーの旗艦<ハードラック>で参謀チーム揮し、長官を補佐。最終盤、<ハードラック>が被弾しアッシュビーが致命傷を負った際には頭部に軽傷を負っている。

こうしてブルース・アッシュビーを失い「730年マフィア」が離散した後の軍歴はほとんど不明ながら、大将まで昇進して退役。ハイネセンポリスメープルヒル17番地の私邸に隠棲した。

宇宙778年、「同盟軍史上、もっとも重な記録のひとつ」と評される回想録を発表し、ノンフィクションの賞(OVAではクリアウォーター賞)を獲得する。10年後の788、「ブルース・アッシュビー謀殺疑惑」を調するヤン・ウェンリーの訪問を受け、アッシュビーと「730年マフィア」の僚友たちの思い出をった。

そして数日後、古い睡眠薬の大量摂取により死去。半ば自殺を覚悟した行為であり、同居する孫ミリアム・ローザスに迷惑をかけないため遺書も用意されていた。10月9日、自宅において軍部葬。12月1日付で元帥号を追贈され、「730年マフィア」は全員元帥号を得ることとなった。

人物関係

ローザスは沈着で正な良識人であったため、一癖も二癖もある「730年マフィア」の面々に頼まれて幾度もさまざまなトラブルの処理を手助けしていたという。後年に至って「730年マフィア」の私的なつながりが崩壊した後も、ローザスのみはそれぞれと個人的な友誼をある程度保っていたようである。

中でもブルース・アッシュビーからの信頼はきわめて厚く、10年間・6回に渡ってアッシュビーの参謀長を務めた。妻の死で休職した際にも、「お前さんが部を運営してくれなければ、おれとしても同盟軍としても大いにこまる」とアッシュビーが慰留するほどであった。むろん私人としても頼られており、アッシュビーが最初の妻アデレードと離婚した際など、不承不承ながらも両者の面談に臨席している。ちなみにそのアデレードとローザスほか「730年マフィア」の他の面々とは旧知の友人どうしでもあった。

自身の妻のことも並々ならず愛していたようで、死別時にはローザスは戦場に出ていたために妻の死にに立ち会えず、本人でも意外なほどのショックをうけて心神喪失状態に陥った。自宅でびたりになり、ジャスパーウォーリックの勧めで、アッシュビーの慰留も固辞して休養を取ることになった。しかしそれでも心の傷は癒えず、逆に総参謀長としての務に復帰することで喪失感を埋め合わせることを余儀なくされている。

妻の死後は一人暮らしだったようだが、妻との間には子がおり、孫ミリアム・ローザスである。ローザスの晩年、ミリアムローザス邸で祖とともに暮らしていた。ミリアムは祖アッシュビーについて、「アッシュビーローザスの功績を偸んだのだ」という認識を抱いており、ヤン・ウェンリーの思索のきっかけを作っている。また、軍部葬がメープルヒルの自宅でとり行われたのは、彼女の強い希望によるものであった。

補遺

宇宙801年の4月ごろにユリアン・ミンツダスティ・アッテンボローとの初対面を回想した際の記憶では、彼がヤンの養子となってはじめての初の休暇に宿泊したハイネセンの高原地帯へ一日遅れでアッテンボローがやってきた際、ヤンが丘の大の陰で読んでいた本としてローザ提督回顧録の名前が挙がっている。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/20(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/20(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP