今注目のニュース
80年代に発生したあの悲劇!「ファミコンに母ちゃんの掃除機が当たってバグった際の絶望感」が今更話題に!!
米倉涼子、回転寿司で見かけたメニューに驚愕 「初体験なの!?」
「笑いすぎて死にそう」「人生最高の面白ネタ」 いびき・寝言録音アプリに録音された謎の音

ウォリス・ウォーリック単語

バロンウォリスウォーリック

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

"男爵"ウォリス・ウォーリック("Baron" Wallice Warwick)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.小山力也

概要

「螺旋迷宮」に登場する自由惑星同盟軍人。「730年マフィア」の一人で、旗艦は<ルーカイラン>。
黄色がかった紅葉色のと瞳を持つ中背の伊達男という容姿と気障な台詞回しで女性人気が高く、同盟人であるにもかかわらず”男爵バロン”という、「貴族だが所詮は男爵がいいところ」という揶揄も含んだ称を受けていた。本人もこの称を気に入っており、自ら堂々と”バロン”と名乗って臆するところがなかったという。

軍人としては当然ながら有能な人物であったが、私人としてもやかで、その趣味奇術カード占いダンスギタートランペットチェスダーツスキーと極めて多、そのいずれも「一流の寸前」といわれる技倆に到達し、本人くの「上手なアマチュア」として人生謳歌した。

経歴

宇宙710年、惑星パラスの生まれ。730年、同盟軍士官学校を次席で卒業
席であるブルース・アッシュビーらとともに様々な戦功を上げ、ファイアザード域会戦の大勝利をはじめとして「730年マフィア」の名を高からしめた。745年頃、中将に昇進し第5艦隊官に就任。

宇宙745年の第二次ティアマト会戦では、序盤から運悪く孤立したジョン・ドリンカー・コープの第11艦隊を援護。コープとの連係を回復したのち突出して積極攻勢に移ったが、帝国シュタイエルマルク艦隊の絶妙な側面攻撃を受け「背中から胸へとを突き刺され、そのをえぐりまわされて傷口をひろげられる」状態に陥った。中盤には帝国カイト艦隊を中央突破する第4艦隊フレデリック・ジャスパーと連係して帝国軍を圧迫、自軍も損を被りつつも、局地的ながら敵を潰走させることに成功している。

終盤では、繞回運動の結果同盟軍後方に出現した帝国軍の前に立ちはだかり、「つねひごろのダンディーぶりをかなぐりすて」る揮ぶりを見せてアッシュビー率いる別働隊の到着まで戦線を維持した。その後のいわゆる「軍務にとって涙すべき40分間」では、再びジャスパーと連係し、帝国コーゼル大将を戦死させる。

この戦いで指揮官アッシュビーを失い「730年マフィア」が離散した後は、宇宙749年に大将に昇進。751年、宇宙艦隊長官に任じられるも、大きな会戦もいうちの753年に軍を退役した。1年の休暇を経て一期3年間、私立大学の学長を務め、退任後惑星パラスの知事に立補し当選する。一期4年ののち、ハイネセンの政界にうつり本格的に政治家を邁進した。

宇宙760年、くも最高評議会入りし委員長に就任、同時に元帥号を授与される。「730年マフィア」の生存者としてはもっとも速い元帥昇進であった。また、この翌年に統合作本部長が交代するまでの1年間は同盟軍の3TOPである委員長、統合作本部長宇宙艦隊長官がすべて「730年マフィア」で占められていた(ウォーリック、ファンジャスパー)ことになる。

その後も社交界でも政界でも順調な人生を送ったが、ある時、防委員会事務局の汚職事件により自殺者が出たことから委員長を引責辞任。更に愛人麻薬死などの不祥事が重なった結果、ウォーリックは失脚・引退を余儀なくされた。宇宙766年、心臓発作により死去。享年56。

人物関係

常にウォーリックの一歩先を行き、士官学校卒業時は首席であったブルース・アッシュビーには思うところがあったのか、「おれはアッシュビーの下でいい。最高責任者になるなんて野暮なことさ」と韜したような、冗談交じりの言を残している。実際、第二次ティアマト会戦中の作戦会議ではついに対立に進展し、「もうブルースばかりに武勲を独占されるのは飽きた」、「最高官だけで戦争ができるか」とを発している。

この事についてはアルフレッド・ローザスにも、記事冒頭にも抜したように「なにをやっても、一流の寸前までいけた男」と評価されており、私様々な事柄に高いを発揮しながらも、結局一流のものにするだけの執念には欠けていたことへの哀惜を感じさせる。

明確な記述はないが、第二次ティアマト会戦ではしばしばフレデリック・ジャスパーと巧妙な連係を取って行動しており、戦術の相性が良かったようである。ウォーリック退役時の後任の宇宙艦隊長官もジャスパーであった。

が一切飲めない体質であるジョン・ドリンカー・コープアップルジュースシャンペンに差し替える悪戯を実行したことがある。飲んだ直後にコープは全身にジンマシンを出して倒し、ウォーリックは自由惑星同盟軍史上初めてジンマシンを理由に始末書を書かされることになった。

その他、ウォーリックの従兵を務めた中にチャンタオがおり、後々までほとんど崇拝同様の尊敬を受けている。また、アレクサンドル・ビュコックは彼が第二次ティアマト会戦で揮した第5艦隊の将兵のひとりであった。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP