ウェスターマーク効果単語

オサナナジミノゲンジツ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウェスターマーク効果(英:Westermarck effectreverse sexual imprinting)とは、小さいころから一緒に暮らしてきた相手とは男女関係になりにくくなる現である。恋愛関係になりにくいうえ、結婚生活も上手くいかない傾向がある。近親姦を抑制する要な生物学的機構の一つ。

一種の刷り込み(imprinting)であり、霊長類をはじめ、うずら、はつかねずみなどでも同様の現が確認された。近親姦を抑制するのは血縁や文化的禁忌だけではなく、幼少期の接触(養育環境)も大きな要素なのである。

血のつながりがなくとも、育ての親や義理の兄弟姉妹など家族として共に暮らして育った相手とは、通常の家族と同じように性的関係への強い忌避が生じる。子姦への嫌悪が極めて強い一因は、幼少期の接触が最も多いためかもしれない。

概要

1891年にエドワード・ウェスターマークが「人類婚姻史」で提唱した仮説であるが、フロイトなどがこれを批判したため、長らく忘れられていた。しかし、1950年台にイスラエルのキブツという人工的な擬似家族の調をきっかけとして、再評価された。その効果の度合いや文化のなど様々な側面から、数量的な検証・調が進められている。

むしろ現在では「男児は母親に性欲を持っているがそれを抑圧する」という、フロイト非常に気持ち悪いエディプス・コンプレックス理論が間違っていることの根拠としてしばしば引用される。エディプス・コンプレックス理論は性行為をすものではなく幼児期の内面の願望であるといった精分析学側からの反論もあるが、幼児期の内面の願望が推定できる根拠などあるはずもなく、反性の理論だと認めるようなものである。

そもそもフロイトの精分析は、神経心理学や認知心理学など科学的に心理学を進めていく立場からはもはや相手にされておらず、ウェスターマーク効果を持ち出すまでもない。しかし、これは統計的手法が十分に浸透していなかったこと、脳科学が手付かずであったことなど、時代的限界もあるのでフロイトだけを責めるのはフェアではない。

なお、生物はきわめて複雑なシステムであり、生物学上の法則はしばしば例外が発生する。ウェスターマーク効果もこの例に漏れず、突然変異や特異な環境要因など様々な理由で弱まったり強まったりする可性がある。そうした条件がどのようなものでどの程度のがあるのかも、研究が進むにつれて明らかになってゆくだろう。

幼馴染との恋愛

ラブコメ漫画からエロゲまで、幼馴染との恋愛というのは一つの王道テーマである。幼馴染のことが異性として気になっているのに、慣れ親しんだ関係がじゃまになってなかなか恋愛関係に持ち込めず周囲(と読者)がやきもきする、というのがよくあるパターンである。

ウェスターマーク効果を検証するための社会調の結果によれば、幼馴染との付き合いは上手くいかないことが多いようである。義理の姉妹などはもっと上手くいかないらしい。要するに家族みたいな付き合いが長いほど、意識レベルで「そいつは子供の頃からの家族だ。性的対じゃないぞ」という本的抑制が働くのである。

作品にもよるが、幼馴染キャラ主人公と気のおけない関係になりすぎてしまっていて、互いの第二次性徴の意識や敵の出現などをきっかけに、一旦これまでの関係をやめて距離のある男女になり、そこからめて恋愛関係を始める、という過程が描かれる場合が多い。これは、自覚のうちにウェスターマーク効果を見事に織り込んだ筋立てと言える。

ただし、これは半ば家族のように長い間べったりと一緒に過ごしてきた相手の場合である。共にいた時間が短ければ、単に運命を感じる要素となってその相手を選ぶ必然性をもたらし、むしろうまくいくかもしれない。創作物でも、幼馴染という設定ながら実際にはほんの短期間遊んだ思い出があるだけという場合もある。こういう時は確かに、再会したらそのままスムーズラブラブルートに入っていくことも多い。

恋愛は障があるほど燃える、あるいは話として面くなるという面があり、近しい幼馴染の場合はウェスターマーク効果が、わずかな思い出がある幼馴染の場合は「この人があの子なんだ」と再会していることに気づくことなどが、言わば物語を盛り上げる障となる。

ただ、現実の困難というのは主人公補正でなんとなかなるということはない。恋愛でも、乗り越える困難を選ばなかったために関係者全員が大事なものを失って終わりということもある。言い古されたことではあるが、現実恋愛は、映画小説など創作物で描写される恋愛とは区別した方がいいだろう。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2016/10/05(水) 02:46:40 ID: 9ishJ9slDi

    つまり兄弟兄弟同然の幼馴染との関係は知らず知らずのうちに結婚より先の段階に進んでいる…?

  • 8ななしのよっしん

    2017/01/24(火) 12:37:53 ID: xjFL8G3VYo

    >>7
    結婚が終着点であるとは限らないからねぇ
    的に幼馴染の関係の方が深いとみることも可ではないか?プラトン的に

  • 9ななしのよっしん

    2020/08/17(月) 10:07:20 ID: EiwzZnnYCI

    幼少期の接触が大きな要因になるとあるのに、再会幼馴染はそのままラブラブルートっていうのは、せめて二次元ではという願望なのだろうか?

    実際ウェスターマーク効果についてのさまざまな文章を読んでみても、幼少期に一緒に育った・又は過ごした時点で恋愛(性的)対にはならないというものばかりだった。
    この記事にある「長い間家族のようにべったり過ごしてきた場合の話」だという検証がどこを探しても見つからない。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP