クトゥグア単語

クトゥグア

  • 6
  • 0
掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
エルダーサイン

この記事は、あなたのSAN値を著しく損なう恐れがあります。
フォーマルハウト地平線上に現れていないことを確認した上でお楽しみください。

クトゥグア(Cthugha)とは、A.ダーレス創作した(はずである)の一柱である。なお、想像の弱いダーレス創作において何らかの元ネタを使う事が多いが、クトゥグアの元ネタは、ドナルドワンレイの創造したフサッグアと想われる。

概要

クトゥルフ神話における火を徴する性で、原文では「Cthugha」と表記される。
ナイアルラトホテップ敵とされるほか、フォーマルハウトであること、数のの小球を従える事が明らかになっているほか、この性を呼び出す方法も明らかという、オープン(むしろオーブンか)な旧支配者
初出はダーレスの『アンドリューフェランの手記』であるが、詳細が明らかにされるのは同氏の『闇に棲みつくもの』。
姿は自する炎そのものである。古代には人間に崇拝されていた事もあり、人間との交信も可

なお、このの召喚は失敗するとヤマンソが登場してしまう。ヤマンソは強さにおいてクトゥグアと同等なので、これを逆手に取ってクトゥグァを敵に召喚された場合、ヤマンソをわざと出現させて窮地を脱する手段もある。

クトゥルフ神話におけるダーレス世界観の中では較的扱い易い性であるためか、クトゥルフファンにとっては、それなりに染みのある名前ではある。本邦におけるいわゆるオタク層への知名度アップに貢献したのは、ニトロプラスの『デモンベインシリーズ及び、『這いよれ!ニャル子さん』あたりであろうかと推測される。

古代ローマメルカー教会などで崇拝され炎の生物たちに奉仕されているという。

登場作品:『闇に棲みつくもの』-オーガスト・ダーレス など

二つ名・通り名・称号など

召喚方法

フォーマルハウト地球地平線上に姿を現したとき、召喚の呪文を唱えればよい。
呪文に関しては、残念ながらここに記す事はできない。
どのようなコミュニティが、この記事をにする事になるのかわからないからだ。
但し、ナイアルラトホテプを前にした際、最も有効な手段である事に疑いの余地はない。彼の性の鋭敏な感覚に訴えれば、いは、その身を守るひとつの手段になり得るかもしれない。但し、ナイアルラトホテプ側にクトゥグア召喚に熟知した者が居た場合、逆にヤマンソが現れて全滅ざせられる可性もあるので、所詮は両

血縁

兄弟については不明ながら、フサッグア率いるFIRE VAMPIRES(炎の生物)たちは、皆、クトゥグアの子供とされている。又、冷たき炎のアフーム=ザーもクトゥグアの息子

化身

この存在はクトゥグァの召喚に失敗し、その火の一部が地球に呼び出されることによって現われる存在である。考えているであろうことは辺り一帯を焼きつくすのみであり、エイボンですらこの存在を束縛する方法が分からなかったという。その姿はなんとなく炎をまとった雄のように見え、7本のを持つ巨大でい炎であるといわれている。

その炎はを吸収するために暗闇のなかで見ることは難しいが、熱によって知覚することができるかもしれない。ハイパーリアアトランティスで存在した教団「炎をもたらすもの」が崇拝していたとされ、永劫に火の地球に留めようとして行なった儀式によって大きな犠牲を受けることになった。

現在ではギリシャの地下の迷宮に捕えられ、いつの間にかミノタウロス伝説の裏に隠れた真実となっているという。

登場作品:『The Secret of Knossos』-ギュンター・ダムバッハマイア

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

クトゥグアに関するコミュニティは秘匿事項です。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/28(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/28(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP