今注目のニュース
花よりゴハンだワン おいしそうなゴハンをもらったワンちゃんの満足そうなお顔がかわいい
フリマは面倒…不用品を勝手に売ってくれるサービス「ウレテク」が登場
須崎市の「ちぃたん☆」活動停止申立が却下 デザインは許可を得ていたと認定

ダークソウル2協力動画単語

ダークソウルツーキョウリョクドウガ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ダークソウル2協力動画とは、マルチプレイでの攻略メインとした動画に付けられるタグである。
ホストとして霊を召喚する場合はもちろん、自らが霊となり召喚先の世界でホストの手助けをする場合も含まれる。

概要:協力プレイ

サインろう石」または「小さいサインろう石」を使用すると、召喚される為のサインを記すことができる。
そしてソウル取得量・レベルマッチングした他のプレイヤーにより、霊体(「小さい~」の場合は半霊体)として召喚される。

細かい特徴・仕様については割愛するが、今作からの変更点で注意すべきは
霊には制限時間がある」という点である。またMOBを倒せば倒すほど、制限時間は減っていく。
特に「小さなサインろう石」で召喚される半霊体は、活動時間がかなり限られている。
※制限時間に関しては、侵入してくる闇霊・復讐霊も同様である。

ホストと共にエリアボスを倒す、または制限時間が過ぎるとタスクコンプリートとなり、
「信義の」(半霊体は「つるすべ石」)を入手できる。
「信義の」はある誓約を結び、誓約ランクを上げる作業に必要となる他
アイテムとして使用する事でホストの体を回復出来る
回復量は微々たるものだが、僅かな回復でも命拾いする場合がある。
霊の本分はホストの手助けであり、ホストを生かして先に進める事でもある。覚えておいて損はない。

誓約:太陽の後継

伝承の戦士たちは皆絶えたのか
彼らの姿を見ることはない 
だがその成した行いはり継がれ
物語の中で今も生き続けている

前作において強な印を残した「太陽戦士」、そのリニューアル版の誓約「太陽の後継」を結べる。

太陽の後継になると、以下のように仕様が変更される。

現在、全プラットホームにおいて最も多く結ばれている誓約である。やったねソラールさん!
参照:果ての篝火-マルチプレイ統計-誓約分布exit

概要:協力動画

にホストからの視点と、霊からの視点の二つに分けられる。
前者は世界として霊を召喚し、逆に後者は召喚された先の世界でのプレイ動画となる。

プレイの基本となる「エリア攻略」という点を眼とした動画には、多種多様なプレイヤーが登場する。
上手な人、下手な人は論、コスプレなりきり奇抜な格好をした人や
非常に紳士的な格好をした人もいることだろう。
それらすべてをひっくるめて楽しむのが、この動画の趣旨である。

補足

あえて言うことでもないが、協力プレイは身内で固まってプレイすることもある為、イチイチャを重要視する。
故に人によってはれ合いとも取れる潮が存在する。その手の雰囲気が苦手な人は注意されたし。

とは言え、殺伐とした雰囲気になりがちな侵入動画・対人動画にはない、ユニーク動画も数多くある。
侵入や対人もダークソウル2を構成する面い要素の一つではあるが、たまには初心に戻って償の助け合いをするのも良い楽しみとなる・・・かも知れない。

関連動画

ここにあるのは、数ある協力プレイのほんの一部である。タグ検索推奨。多種多様な楽しみ方を見る事ができる。

一方、協力プレイを利用したこのような楽しみ方もできる。
被害った側は楽しむどころではないが。だがそれがいい


以上が協力プレイ概要である。
以下、協力プレイとも言える行為についても記述する。

複数PKK(通称:出待ち)

あえてエリア攻略せず、状況によってはエリア内のMOBを全て排除した状態で霊を呼び
侵入者(闇霊/復讐霊)を複数人で狩り続けるという行為。
ホストを殺せんと乗り込んできた闇霊は、一転して圧倒的な不利に追い込まれる。

論、出待ちをやってはいけないというルールは存在しない。
そもそも勝手に侵入してきた相手に、接待プレイ大人しく殺される理由は万に一つもない。

だがボスを放置し、闇霊/復讐霊というお客様エンターテイナーを
待ち伏せしてり殺す為だけに待ち構える事の悪辣さは、闇霊に勝るとも劣らない。
複数PKKなどしてもプレイヤースキルは上がらないし、自分への利益もない。
少しずつでいいから頑って攻略、対人をしていくことが成長につながるのだ・・・という考えを持つ者もいる。

ダークソウル2世界では協力プレイ・侵入プレイが制限時間性になった。
これにより、恐らく複数PKKの数も減っているはずである。
それでも複数PKKをやる者は、いつかどこかでし上げられることになるだろう。
もっとも、されても気にするどころか勲章として喜ぶプレイヤーもいるのだが。

もしも出待ちに遭遇したら:侵入者の場合

自殺なり、決別の水晶を使うなりしてホストの世界と決別する。戦略的撤退もまた勇気である。
逆に、対複数戦に慣れる為に死ぬまで挑むのも良い。その場合、もぎ取った勝利の味は至高である
ただし、勝とうが負けようが煽りには絶対に反応しない/自分から行わないこと。罵倒メッセージでも送ろうものなら、相手を喜ばせるだけである。
獲物には事欠かない世界である。冷静になって好みの獲物を探そう。

もしも出待ちに遭遇したら:霊の場合

不快だと思うのであれば、出待ちにつきあわない。決別する。
霊の本分はホストの手助けだが、自分にとって好ましからざる行為を手助けする必要はない
逆に数の暴力ヒャッハーしたいのであれば、飽きるまでつきあうと良いが
そのような行為を嫌う者がいる事を忘れてはならない。
恨みをかってされるなど、何らかの不利益をこうむっても泣かないこと。

ただし、侵入側にもあえて複数戦を好み、勝利を収める猛者もいる。
数の暴力が絶対的な勝利に繋がるとは限らないのだ。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2014/11/10(月) 16:38:16 ID: cs2p5k5JMb

    1とべると再生数やコメント数のみならず協動画の数自体も圧倒的に少なくて悲しい
    まだ発売後半年とちょっとしか経っとらんのに

  • 14ななしのよっしん

    2015/01/06(火) 16:07:31 ID: EOQsUvXI54

    ソウルマッチのせいでサインが拾いづらいからな
    レベルマッチ人間を集められるっている利点のおかげで過疎を感じずに済んだ

  • 15ななしのよっしん

    2015/02/03(火) 01:25:34 ID: wnYPp1bNao

    マジか、自分はサイン自体は拾うのに苦労してないけども
    、侵入といったマルチの良さが潰されたのが動画の少なさの原因だと思ってる
    動画を見てても、侵入者が来てもスペルぶっぱで楽勝だし緊感が
    制限時間のせいでいいところで帰る、格好は拘ってても結局エンチャやら誓い常備でキャラメイクの個性が

    プレイする分にはいいけども動画として面いかと言われると前作やデモンズの方が良かったと思うな

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 03:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP