トリニクって何の肉!?単語

トリニクッテナンノニク

3.0千文字の記事
掲示板をみる(82)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

トリニクって何の肉!?とは、平成生まれをバカにする番組である。…だったはずなのだが、2021年現在では全く別の番組に変貌し、タイトルも大きく変わっている。

概要

テレビ朝日系列で放送されているクイズ番組。MC浜田雅功
昭和生まれなら絶対わかる常識問題でも平成生まれは答えられないというジェネレーションギャップを見せつける番組であるが、あまりにも一般常識のない回答が続出することから「平成生まれをバカにするな」と視聴者から苦情が来ることも多い。(そもそもこの番組名自体、そのパイロット版となる番組で出された問題「牛肉豚肉、トリニクは何の?」から来ている)

しかし、その後はリニューアルを繰り返していくうちにジェネレーションギャップはほとんど関係なくなり、出演する「若手・ベテラン」で区別された芸能人常識マナーセンスと言った本来は人それぞれで曖昧なものも多い)をチェックするクイズ番組となる。かろうじて、タイトルの後半に番組開始当初の面を残すのみである。

番組の流れ

開始当初

番組開始当初は芸能人10名と名門大学出身の芸事務所所属者20名が平成生まれ側の回答者として参加。「昭和生まれなら絶対わかる一般常識問題」に30人全員が正解すれば100万円獲得という内容だった。なお、出題前には父親役の野性爆弾くっきー!と「スマホ以外何事にも関心を示さない」こと山田菜々による寸劇が入る。

くっきー!「○○って何のことか知ってるか~?」
山田「知らな~い。ってかそんなこと考えたことない」

しかし毎度のごとくその程度の常識すらわからない人(その中には早稲田や慶応を初めとする名門大出身者も含まれる)が続出し、30人全員正解はおろか、25人にノルマを下げたり、横1列10人正解で10万円にしても賞獲得ならずということがしばらく続いた。その中でも特に正答率の低い芸能人が後に「平成モンスター」と呼ばれるようになる。

2019年8月

そのあまりのダメダメぶりに業を煮やした森田東京大学大学院出身で、正答率も飛びぬけて高い)が「いくら正解しても、不正解者だけが取り上げられるのはおかしい。平成世代にもまともな人間がいることを分かってほしい」と抗議。その結果、問題の出題内容が大幅にリニューアルした。具体的には1つのテーマにつき3問となり、1問昭和生まれでも解けない難問、2問昭和生まれがそれなりに解ける問題、3問昭和生まれなら解けて当然の常識問題が出され、全問終了するまでに30人全員勝ち抜ければ100万円獲得となる。また、20人の回答者に小中高生が追加された。これが功を奏し、2019年11月19日の放送で初めて30人全員正解を達成し100万円獲得となった。2020年4月からは全員起立状態からスタートし、正解できた者から座っていく方式になったが、新型コロナウイルスでわずか1ヶで終了した。

2020年6月

新型コロナウイルスにより多人数での収録ができなくなったため、再度リニューアル。名門大学止され、霜降り明星を中心とした「トリニクイレブン(後にトリニクサーティーンに増員)」に変更。正解数のノルマを達成することで「トリニクポイントTポイント)」がもらえ、これを貯めることで賞品に交換することができる。なお、出題前の寸劇はくっきー!単独による様々な格好に扮した先生によるものに変更された。

2020年10月

2020年10月には再々度リニューアル。名門大学東大出身者限定3名による「トリニクの」として復活し、それに優等生4名・劣等生5名・モンスター4名による「トリニクダイヤモンド」に変更。座席もダイヤモンドを基調としたな物にリニューアルされ、出題形式も大幅に変化した。

まず全員で回答する難問が出題され、不正解者に対しては昭和生まれによる漢字1字ヒントを元に再度解答し直す問題が出題。続いて上段のトリニクの優等生向けの難問が出題されるが、この時下段の劣等生モンスターが正解した際には人数に応じてトリニクポイントが倍となる。さらに劣等生モンスターのみ対とした問題が出題される。この時開始前に昭和生まれによる漢字1字ヒントが提示されるが、そのヒントによってはほぼ答え同然になることもそれですら間違えるのが平成モンスターというのだから困ったものである。そうして獲得したトリニクポイントを最終問題で正解すればこれまで貯めた分に上乗せできるが、間違えた場合は全没収となる。

2021年2月

2021年2月にはまたしてもリニューアル。名門大学が再度止され、さらに昭和平成で分かれていた芸能人の区分を、「若手・ベテラン」に変更。そのため、当初昭和生まれ側にいたEXITりんたろーが若手側に移動した。その上で、若手のセンスベテラン側が理解しているか(SNSなど)を問う2択問題が出題されるようになった。5問クリア商品を選ぶくじが1回引けるようになる。そして最後の問題では若手側による漢字1字ヒントを元にベテラン側が解答し、正解すればくじを引く回数が1回プラスされるが、失敗すればゼロになる。

2021年4月

2021年4月には5度リニューアル。かつての芸能人格付けチェック常識チェック編で行われた内容になり、正式タイトルも『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』から『芸常識チェック!トリニクって何の肉!?』にめられた。

2021年11月

2021年11月に芸常識チェック移行後初のリニューアルが行われた。全員で挑戦する団体戦から古芸能人VS若造芸能人に分かれて各お題に挑戦し、獲得した合計ポイントの多い方が勝利チームとなるチーム戦に変更。

平成モンスター

正答率が飛びぬけて低く、珍解答を連発する一般常識すらわからない芸能人クイズ時代に使われていた呼称。具体的には以下の通り。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/25(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/25(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP