今注目のニュース
「ローラに対抗したいわけじゃない」 水原希子、YouTubeチャンネル開設で“我が道を行く”宣言
精神的な恐怖やストレスを描く小規模な実験作『Project: Mara』発表。『Hellblade』のNinja Theory開発、没入型ストーリーテリングの新たな可能性を狙う
本田翼が初参戦“ゴチ”で高額支払い、崩れ落ちる

ハンガリー(APヘタリア)単語

ハンガリー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハンガリー(APヘタリア)とは、Axis Powers ヘタリアに登場する、「ハンガリー」を擬人化したキャラクターである。

作者は仮に人間名をつけるとしたらという質問に対し、「エリザベータ・ヘーデルヴァーリ」と回答している。
※作中では人間名はほとんど使用していないため、作品内容に則り、本稿では人間名は使用しないこととする。

CV根谷美智子

概要

昔はハンガリー平野とともに駆け巡ってはブイブイ言わせてた、元騎民族女の子。内向的だけど影の頑り屋だが、戦い等ではうっかり昔を思い起こすようなさん口調になってしまう。どっかの爆乳のせいで立たないことがあるのだが、彼女も胸が大きく、プロポーションが良い。『ヘタリア THE BEAUTIFUL WORLD第3話水着姿を披露しているので、気になる人は配信版かDVDにて確認してみるとよいだろう。内心では色々複雑な思いを抱えているものの、オーストリアとは仲がいい。逆にプロイセンには幼少期から辛めさせられてきてるため大嫌い。事実俺様ブログでは問答用でオーストリアいぢりに精を出すプロイセン叩きのめし、2010年クリスマスではかなり苛立っていた。しまいには眠そうなプロイセンに対し、子守唄と称してあの歌を歌いだすほどである。また、ルーマニアも嫌っている。彼ら以外の々との関係を上げるなら、ポーランドとも微妙に仲が良いことが挙げられる。

幼少の頃は自分が男だと思い込んでおり、大人になれば生えると信じていた。二次性徴を迎えた頃までは信じていたようだが、さすがに大きくなってからは本来の性別を悟った。その後、オーストリアで働いていた。この当時、幼いイタリア女性を着せるという暴挙快挙を実施。昔は普通をたしなんでいたが、現在フライパンを武器としている。

そんな彼女だが、読者から作者宛にに「ハンガリーゲイビデオメッカ」という情報が寄せられた為、「可愛い男の子が大好きな腐女子」という設定が追加されてしまった。実際に、原作web版ではオーストリアのセクシーショットをこっそり撮影したり、覆面男(正体はプロイセン)がオーストリア鬼畜めいた言葉攻めをしていたときは萌えていた(正体を知ったときは激怒プロイセン粛清した)。フランスオーストリアを襲おうとしたときも、フライパンで撃退する前に腐った妄想をしていた。

フィンランドとは親戚設定があり、原作クリスマスイベントで「フィンちゃん」と呼んでいる。メールで普段からプライベートな連絡も取っているようだ。6巻にフィンウゴルの話でフィンランドハンガリーエストニアの3人が登場しているが、初期のハンガリーから見た相関図ではハンガリー→(フィンウゴル親戚)→フィンランド-(?)-エストニアとなっており、エストニアとは直接原作では関わりがいが、フィンランド経由での間接的な関係にある。(もしかしたらエストニアとは遠縁になるかもしれないが不明である。)

関連動画

え、私の動画ですか? 以下のリンクから探すことができますよ。
「APヘタリア姐さんリンク」でタグ検索exit_nicovideo

関連商品

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP