今注目のニュース
モンブランとか期待しかない。ファミマ限定のルマンドアイスが発売するよ~。
たけし「鶏食ってるのになんで鳩とカラスだけ特別」 住宅街の「餌やりグループ」に怒りの声
2020年で終了の「Adobe Flash Player」向けゲームに救世主? フラッシュゲームをエミュレートするプログラム「Ruffle」が開発中

ヒュンダイ単語

ヒュンダイ

掲示板をみる(298)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

現代自動車株式会社Hyundai Motors Company)とは、韓国自動車会社である。

概要

ヒュンダイ(現代、현대)は韓国で最大の自動車会社。キア(起亜)を下に持ち、「現代-起亜グループ」を構成している。
安い提供することが特徴(現在韓国車については、ヒュンダイに限ったことではないが)。

な販売種に『ヒュンダイ・アクセント』等。TopGearでは『アクシデント』とよく馬鹿にされる。

社名及びブランド名は「Hyundai」(ヒュンダイ)だが、韓国では「현대」の表記どおり「ヒョンデ」(Hyeondae)と発音するのが正しい。
英語では「ホュンダイ」という感じの発音になり、「ホンダ」と聞き間違えそうになるのは多分偶然。併せてヒュンダイのエンブレムホンダ斜めになっているような感じだがこれも多分偶然。

人気・規模

同業大手の起亜と合わせて韓国内でのシェアの約8割を占めており、「韓国車」とは実質現代か起亜であるといっても過言ではない。双?何それ。

1960~70年代ヨーロッパフォードの「コルチナ」のライセンス生産を行っていたが、70年代三菱自動車と技術提携を結び、韓国初の乗用車ポニー」を発表。但しデザインはジウジアーロ、メカニズムは三菱の初代ランサーそのまんまであり、純とはいえなかった。但しその安さは大きな武器であり、新に売り込んで結構なシェアを稼いでいた。

今後・問題

世界の販売台数では、既にホンダ日産を抜いてメーカー中5位・アジア2位に登り詰めており、更なる躍進が期待されている(売上高で言えば日産の3分の1以下なのだが、それはSUZUKIとかも同じ)。
これはSUZUKIなどと同じく、廉価なを新に売り込んだ結果である。
販売台数の多さに対して売上高が妙に低いのもそのためである(それを補うための自民搾取については後述)。

今後は中印を中心とした新で、労働の安さを武器に廉価ながどんどん生産されていくこと(例:タタモーターズ)が確実視されているため、現在の戦略が通用するかどうかかなり怪しい。というかヤバくなることは確実である。
SUZUKIフォルクスワーゲンのように敢えてその中を同じく廉価なで戦うのか、既に飽和状態の高級市場へ再びシフトするのか、どの厳しい状態。
現代が現在、高級ブランド確立必死なのはそのためである。いかにも2つ選択肢があるように書いたが、実際、現代のみならず最先進国の大手自動車メーカー日本含む)は、SUZUKIなどのような一部を除いて遅かれかれ高級中心の販売戦略に追い込まれることが確実視されており、現代もご多聞に漏れずその波にもまれている状態なのだ。 

ちなみに海外で薄利多売をしている裏で、本である韓国では現代-起亜グループだけで75%以上のシェアを独占しているのをいいことに、海外で販売するよりもに高い価格でを売りつけるという、いわば自民からの搾取を行っていると批判される。一例を挙げると、種の「ソナタ」がアメリカで(日本円換算で)200万円程度の価格なのに対して、韓国では300万円。つまり、自における独占的なシェアを利用して市場で獲得した利益を活用し、海外で薄利多売することでシェアを獲得しているのだ。
この売り方に対して韓国内では批判が強く、現代海外から輸入するという本末転倒な買い方に臨んだ者もいる。 

ストライキ

韓国企業の中でも随一労働組合が強く、毎年のようにストライキが起こることで有名。

この労組さえいなければ、今よりかなり大規模な企業に成長していたかもしれない。現代自動車にとって労組との衝突はそれほど大きな悩みの種であり、成長を阻する最大の原因とも言われる。

特に、2006年には韓国内でのシェアトップGM下の大自動車に一時奪われた上、2007年にはそれまで3位だった中国市場でのシェアが6位に転落している(2009年では7位)。これらは全て、ストライキによる麻痺による影であり、成長を続けているとはいえ、もはや致命的なダメージを生みかねないレベルになっている。

実は、日本自動車企業にも似たようなケースがある。日産である。
日産も、80年代までは(労組との衝突ではなく、経営側と労組の過剰な協関係という、現代自動車とは正反対のケースだが)労組が成長を阻するほどの邪魔者となっていたのだが、この場合は当時の社長労組トップを強引にクビにしたことで解決していた。が、現代の場合、サムスンなどと同じく同族経営意識が強すぎるため、このような強引な人事を行うことがかなり困難であるため、解決にはかなり苦労することになると思われる。

日本での展開

日本市場にも2001年に、「ヒュンダイを知らないのは日本だけかもしれない」などと上から目線で殴り込みをかけ、CMペ・ヨンジュンを起用したり「とりかえっこキャンペーン」や「10年10万km保」などをやっていたが、日本ユーザーには全く相手にされず販売台数は常に低迷していた。そしてついに2009年度をもって日本乗用車市場からは全に撤退した(但し大観光バスユニバース」の販売のみは継続している)。

現在も展開を全くあきらめたわけではいだろうが、規模が大きいとは言えば明らかに先細りであり、その上それにも関わらず強メーカーがひしめいている日本市場に、必死こいて割り込む必要があるのかどうかは、社内外から疑問視されている。

自民・親民主(というか小沢一郎ファンクラブ)で知られるタブロイド判夕刊日刊ゲンダイも親しみをこめてヒュンダイと呼ばれることがある。
しかし本は、本来は韓国韓国人に対してはもっと批判的。
一方でNHKでは「ヒョンデ」と記載している。ニュース特定企業を上げる場合は社名を出すのが一般的であるが、日本法人の名称は「ヒュンダイモータジャパン」で、ヒョンデと出すのは正しくはない。 

しかし、自称アイドル在日コリアンが死亡事故に遭うと、日本マスコミはとたんに「ヒョンデ」の表記を使って風評被害を防ぐ動きを見せた。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 296ななしのよっしん

    2019/04/20(土) 01:53:02 ID: myS+D4IS+P

    韓国嫌いをこじらせた人ばかりだね

  • 297ななしのよっしん

    2019/05/21(火) 20:27:29 ID: otZiNLeTYB

    嫌うのは仕方ないね韓国がそういうお柄なんだから
    過去ロゴが似てるからって理由でホンダを提訴したことがあるというね、民間レベルでこれだし呆れる

  • 298ななしのよっしん

    2019/08/24(土) 15:15:03 ID: O9QPn3AHY/

    思ったけどヒュンダイって現在低迷中の日産と提携しないのかね…
    ヒュンダイはモノはそこそこいいが名前のせいで信用ないし、正直言って日産はE-POWER電気自動車以外終わったと思う。
    だからこそまだエンジンでやってるのヒュンダイからOEMして日産で販売すれば日本でも多少は売れると思うんだが。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP