ストライキ単語

ストライキ

4.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ストライキ英:strike)とは、労働運動に関する言葉である。同盟罷業ともいう。略称はストである。

概要

定義

ストライキ(同盟罷業)とは争議行為の1つであり、労働組合に所属する労働者が示し合わせて「労働契約で定められた労務提供債務」を履行せず仕事をしないことをいう。

争議行為定義については当該記事を参照のこと。

性質その1 あらゆる企業で実行できる

労働者が行う争議行為の中には怠業という行為がある。世の中すべての企業怠業を円滑に実行できるわけではなく、怠業を実行しやすい企業怠業を実行しにくい企業がある。

一方でストライキはどこの企業でも実行しやすい。このためストライキは労働者が行う争議行為の中で流の地位を占めている。

性質その2 参加した労働者が賃金を全く得られない

労働者が行う争議行為の中には怠業という行為がある。怠業に参加した労働者は賃の一部を得られる。ある1日で生産率を50%に落とす怠業に参加したら、その日の給料は50%カットされるが、言い換えるとその日の給料の50%を確保できる。

一方でストライキに参加した労働者は、賃をすべてカットされる。1日のストライキに参加したら、その日の給料が全く支払われない。このことは民法第624条に由来するノーワークノーペイ(no work,no pay 労働がければ賃支払いも)の原則によりすべての企業に認められている。

このためストライキは、労働者からの「収入が減るので実行すべきではない」という反発がやや大きい。

スト破りとそれを監視するピケッティング

労働組合に属する労働者の中には「ストライキに参加するとその日時だけ給与が減ってしまうのでストライキに参加したくない」と考える者がいる。そうした者は、ストライキが実行されたときに労働組合を裏切って仕事を続けることがある。これをスト破りという。スト破りを行った労働者に対しては労働組合から除名という処分が下される可性がある。

使用者は労働組合Aと「労働組合Aを脱退しつつ一定の期間が過ぎたあとにいずれの労働組合にも属しない労働者について、使用者は解雇しなければならない」という労働協約を結んでいることがあり、そうした制度をユニオンショップ制という。そうした労働協約があるのなら、労働者は「スト破りをすると労働組合から除名されて使用者から解雇される」という恐怖に襲われるので、スト破りをしなくなる。

スト破りをする労働者が発生しなくなるように、ストを行った労働組合の構成員が職場を見ることをピケッティング(picketting)とか単にピケという。

様々なストライキ

どれだけ続くかで分類

期限スト
時間を区切らず「々の要を受け入れないのなら永遠に続ける」と宣告して行うストライキ。
時限スト
時間を区切って行うストライキ。使用者に対する威迫感が弱いが、それでも、使用者の収益を削減して使用者を動揺させる効果がある。
波状スト
時限ストを断続的に行うストライキ。期限ストと時限ストの中間に位置する。
一斉休暇闘争
労働組合に属する労働者が示し合わせて一斉に同じ日に年次有給休暇取得権を行使すること。時限ストという争議行為になることもあるし、組合活動になることもある。詳しくは当該記事を参照のこと。
時間外労働拒否闘争
労働組合に属する労働者が示し合わせて一斉に同じ日に残業休日労働を拒否すること。時限ストという争議行為になることもあるし、組合活動になることもある。詳しくは当該記事を参照のこと。

労働組合の構成員がどれだけ参加するかで分類

全部スト
労働組合の構成員の全員が参加するストライキ。
部分スト(一部スト)
労働組合の構成員の一部分だけが参加するストライキ。たとえば、A社にBという労働組合があるとして、工場部門の労働者だけがストライキに入ってそれ以外の部門の労働者がストに入らないのなら、それは部分スト(一部スト)と呼ばれる。

部分スト(一部スト)で企業の生産が決定的に停滞したら、ストライキに参加せず職場で仕事をして賃権を持つはずの労働者にも賃が支払われないことがあり、裁判所がそうした賃不払いを認めた例がある。たとえばノースウエスト航空事件である。この場合は部分スト(一部スト)なのに全部ストと同じ結果になる。
名スト
労働組合導部の示により、一部の者(に操業の核となる人物)のみがストライキをすること。部分スト(一部スト)の一形態である。名ストをやらされた者は、使用者からの給与を受け取れなくなるが、その給与の分だけ労働組合から補償が支払われるのが恒例である。労働組合が支払う補償は組合員から毎集める組合費を財とする。
山猫スト
労働組合の構成員の一部が労働組合導部の承認を得ずに行うストライキ。Wildcat Strikeを直訳したである。山猫とは山野に住む野良猫のことをいう。

世の中には御用組合と呼ばれるような労働組合がある。御用組合とは、常に経営者寄りであって窮状に陥った労働者を助けようとしない労働組合である。そうした労働組合に所属する労働者は山猫ストをする可性がある。

仮に山猫ストを正当なストライキと認めるのなら、山猫ストは部分スト(一部スト)の一形態になる。ただし、山猫ストは正当なストライキと認めない判例が多い。山猫ストは労働組合の内部統制権を侵しつつ行うものであり、労働組合導部の権利を侵しつつ行うものである。また山猫ストは、使用者にとって団体交渉の相手を見出すことができず、使用者の交渉権を侵しつつ行うものである。ゆえに山猫ストは他者加害原理に従い不当な行為と見なすことができる。

複数の労働組合が連動して行うストライキ

ゼネラル・ストライキ(ゼネスト
総同盟罷業ともいう。2つの定義があり、「一定の地域におけるすべての産業のすべての企業を巻き込んだストライキ」という定義と「一定の地域における一定の産業の多くの企業を巻きこんだストライキ」という定義がある。前者の定義に該当するものは外で多く見られ、発生したときに地域が閑散とする。後者定義に該当するのは日本1975年11月28日日本で発生した。国鉄労働組合スト権ストに合わせて私鉄労働組合東京都交通局労働組合がストライキに突入し、「交通ネスト」と呼ばれる状態となった。

ちなみに日本企業別に労働組合が作られることが多く、欧州では産業別に巨大な労働組合が作られることが多い。このため日本較的にゼネラル・ストライキが発生しにくい。

不当な争議行為とされるストライキ

政治スト
法律の制定・正や外交政策の転換をめるといったような政治的要を突きつけるために起こされるストライキ。使用者に対して要を突きつけるのではなく、立法府や行政府に対して要を突きつけている。このため政治ストは不当な争議行為であるという見解がある。

政治ストは純政治スト(労働者の地位向上にほとんど関係がない政治的要のスト。安保闘争ストなど)と経済政治スト(労働者の地位向上に関係がある政治のスト。最低賃金正ストなど)に分けられる。

「すべての政治ストが不当な争議行為になる」とする全面違法説が判例となっている[1]。しかし、憲法学者の間では、全農林警職法事件exit最高裁判決[2]引用して、「純政治ストは不当な争議行為だが経済政治ストは正当な争議行為である」という政治スト二分説を支持する者がいる[3]
同情スト(支援スト)
他の労働組合支援するために起こされるストライキ。労働組合Aがその使用者A’に対してストライキを起こしたとき、労働組合Aに同情した労働組合Bが「使用者A’が労働組合Aの要を受け入れるまでストを続ける」と宣告してストライキを起こし、労働組合Bの使用者B’が「々はとばっちりを受けている」と困惑することがある。このとき、労働組合Bのストライキは同情ストとか支援ストと呼ばれる。

同情ストは日本国憲法第28条の保護を受けず正当な争議行為ではないという判例がある[4]
抜き打ちスト
使用者に実行日時を予告せず抜き打ちで行うストライキ。労働関係調整法第8条の益事業(運輸、郵便電気通信、電気ガス、医療、衆衛生、その他に国会の承認を得て内閣総理大臣が1年限りで定した事業)に関する労働組合は、ストライキの10日前までに使用者に対して予告しなければならないのだが(労働関係調整法第37条)、それを無視して抜き打ちストを行ったら不当な争議行為になる。それ以外の事業に関する労働組合が抜き打ちストを行ったら、使用者に対する意が見られず、労働関係調整法第2条の「労働争議が発生したときは、意をもつて自的にこれを解決するやうに、特に努しなければならない」に反するので、不当な争議行為になる可性がある。

関連動画

関連商品

関連リンク

Wikipedia記事

関連項目

脚注

  1. *全逓東京中郵事件exit全農林警職法事件exitなどで、政治ストが日本国憲法第28条の保護を受けないことが判示されている。
  2. *昭和48年4月25日最高裁大法廷判決の一部分は次の通りである。「なお、私企業の労働者たると、公務員を含むその他の勤労者たるとを問わず、使用者に対する経済的地位の向上の要請とは直接関係があるとはいえない警職法の正に対する反対のような政治的のために争議行為を行なうがごときは、もともと憲法八条の保障とは関係なものというべきである。
  3. *日本国憲法論 法学書7 2011年4月20日初版(成文堂)佐藤幸治』379ページ
  4. *杵島炭鉱事件に関する東京地方裁判所判決exit
この記事を編集する

掲示板

  • 126 ななしのよっしん

    2024/02/15(木) 22:28:54 ID: P0NIg7krE1

    過去ストライキではっちゃけたから世間が冷たいで見るようになったのもでかいと思うよ

  • 👍
    0
    👎
    1
  • 127 ななしのよっしん

    2024/02/19(月) 11:46:51 ID: vyjPcOeJ/g

    ストライキだけじゃなくてあらゆる権利のをする事が自体が恥の潮が生まれたからね
    従順にしてれば報われると勘違いした結果今になって給料が上がらんだの喚いてるのがね

  • 👍
    2
    👎
    1
  • 128 ななしのよっしん

    2024/02/24(土) 15:19:37 ID: 9u8EZ6Xi9c

    自分だけ、というケースなら転職
    会社もしくは業界全体ならストライキで促す

    わりかし日本だけ頻度が多くないから、ひよってんのか向上心ないのか、とか危機意識ないのかとか言われそうだな

  • 👍
    1
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/05(火) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/05(火) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP