今注目のニュース
『かぐや様は告らせたい』藤原書記のフィギュアを作ってみた。ラブ探偵チカの“見返り笑顔”に「お可愛いこと!」の声
LINEを活用、教職員の新しい「労働組合」が発足 「体が壊れる前につながって」校長と交渉も
芸能人の不倫 「他人がとやかく言う必要はない」と感じる人は6割

ファーランド戦記単語

ファーランドセンキ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ファーランド戦記とは、どないしよP製作した卓ゲM@Ster作品シリーズである。

概要

ソードワールド舞台となるフォーセリア世界のうち、
表題ともなっている『ファーランド』と呼ばれる地方について、
千早やよい伊織律子に加え、GMである貴音休日を利用し
好き勝手に設定を作って遊ぶというコンセプト製作されている。

なお、ルールブックは文庫版ではなく、訂版である「ソード・ワールドRPG完全版」を使用。

ファーランド』に関しては、ルールブック(ソード・ワールドRPG完全版P312)にも
製作者が設定を発表することはない』
『自分たちの好きなように 世界を作ることができ、また、それが公式設定と矛盾することは絶対にない』
と言った旨明記されているため上記コンセプトはごく自然なものであったはずだが、
2話の終わりの辺りでやよい

プロデューサー(動画視聴者)にファーランドの設定を考えてもらうのはどうでしょう!」

と提案したことから、シリーズの根幹を成す

プロデューサー(動画視聴者)のあまりにフリーダム過ぎる設定の数々を
 気の向くままに拾いまくって作られるカオス極まりない世界としてのファーランド

が誕生することとなった。

一言で簡単に表すと、だいたい俺らのせい

どの程度のカオスさであるかは、

フォーセリア三国志戦国の成分を足して3で割らない」
ドラゴンゴブリンより弱い」
「一般的にはプリースト魔法が存在しない」

などの設定からその一端がお分かりいただけるだろう。

また、そのカオスに拍をかけているのが

GMである貴音がとにかくフリーダム
やよい以外の4人が全員淑女
メッセージ欄を使った会話の他に 『後ろ』(背景部分)での会話が頻繁に行われる」
「そして後ろの会話はネタまみれであることが多い」
「予告や裏話が行われる間の存在」
「しかし予告通りに ことが運ぶことがほとんどない」

などの特徴であり、

本編に入るまでに16話もかかった」
「そのためプロローグの意味合いの『0』がタイトルの一部になった」
本編前半部分が終わるまでに21話もかかった」
「あまつさえスピンオフ作品として黒井社長高木社長をはじめとした
 アイドル以外が登場人物の『ファーランド戦記1』も始まった」

というあたりは最全に芸であるとさえ言える。

ここまでの説明で「そんななことでまともなストーリーになるのか?」と疑問を抱く人も多いかと思われるが、
プロデューサー(動画視聴者)が次々と生み出してくる設定の取捨選択と活用の巧みさ、
ギャグベースの話でありながらも時折挟み込まれるシリアスシーンもきっちり描写しきる筆などをもって、
結果として破綻なく確かにひとつの「戦記物」として完成されており、熱心なファンの数も少なくない。

それは、動画上で設定が募集されるたびに分厚い弾幕を形成するコメントをする視聴者諸氏や、
どないしよPをして「自分で作ったファーランド戦記用メモよりはるかに詳しい」と言わしめた
ファーランド戦記wikiexit編集者氏などの存在からも明らかである。

また、ところどころでどないPの趣味が炸裂しているのも魅である。
特に顕著なのが、間でポジションにまで上り詰めたエコー(CV:広橋涼)だろう。
他にも、エンディング広橋涼の楽曲が頻繁に用いられたり、ヤンデレについて熱くられていたりと枚挙に暇がない。

ファーランド戦記0

参加PLは千早やよい伊織律子。『中』からは美希も参加。GM貴音SM春香あずさ
『上』までは「四条貴音ちはやよいおりつこがる」、『中』からは「高機動幻想英雄譚」が副題となっている。

『ファーランド戦記』シリーズの出発点であり、フリーダムVSカオスを体現している卓である。
PLたちが容赦なくNPC乗っ取りSMGMを裏切ることもしばしば。
(ちなみに、貴音以外がNPCを担当している時は大抵どないPの意図しない天海であるらしい。)
過去シナリオの原となった実プレイが存在するとのことであったが、
フリーダムすぎる展開でもはや原はほとんど残っていない。

前半を動画本編、後半をおまけコーナー間)で構成するスタイルは『0』の時点で確立された。
本編開始までに16話掛かったのは、そのせいではないかとまことしやかに囁かれている。
が、間が始まる度に「本編ktkr!」というコメントも多く寄せられており、視聴者の間では受け入れられている模様。
アバンタイトルが長いのも特徴であり、タイトルバック→予告までが非常に短い回もしくない。
タイトルバックに『0』が表示されるようになってからは、その挙動も注されるようになった。
『0』がフリーダムな動きで奔放に振舞うため、間に続く第三の本編として人気を集めている。

ファーランド戦記1

黒井社長の差しで別卓として立てられた卓。
参加PLは土奈井P→善永さん尾崎玲子音無小鳥高木社長スペシャルプレイヤーとしてサの字も参加。
GM黒井社長SMツヴァイパンドラハーツ)。
副題には「アイドル以外がる」とあるが、SMであるため除外しているとのこと。

PCたちの使命は、“千名の巫女の再来”サイネリアと共に、“一つのリボン”を春火山に投げ込むこと。
最初からキャラクターシートを2枚用意させたように、殺意は高めとなっている。
ソード・ワールド戦闘を厳密に行うためのハウスルールが複数導入されており、戦闘マップドット管理となっている。
また、シナリオの区切りごとに経験点を渡すスタイルを取っている。
こちらは元シナリオは存在せず、全編アドリブで作っているとのこと。

社長達に配慮して、次回予告背景系統は使われていない。
タイトルバック『1』は特に妙な挙動を行わないため、「安心の『1』」としてそれはそれで人気を集めている。
また、世にもしい「おざすず」が堪できる数少ないシリーズでもある。

関連動画

・ファーランド戦記0シリーズ (貴音ちはやよいおりつこ)

・ファーランド戦記1シリーズ (黒井高木小鳥尾崎、どないP→善永)

シリーズマイリストマンチキンテキストの各PL紹介コメント付き)

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP