今注目のニュース
令和に活躍しそうな男性バイプレーヤーランキング
【ラジオ】『ポートピア連続殺人事件』から始まる“ファミコン・アドベンチャーゲーム”愛から新作を作った人たち。『偽りの黒真珠』制作チーム登場の「電ファミラジオ(β)」6月28日に配信へ
アイドル・奥津マリリ 芸人・クロちゃんに勝利で「220枚でお願いします」とCD大量購入を要求

iM@S架空戦記シリーズ単語

アイマスカクウセンキシリーズ

掲示板をみる(361)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

iM@S架空戦記(シリーズ)とは

iM@S架空戦記(シリーズとは、アイドルマスターTHE IDOLM@STERシリーズを題材にした、
「もし中国の三時代や日本戦国時代など異なる世界アイドルマスターキャラがいたら」という設定の下に繰り広げられる、家庭用ゲーム改造プレイ動画MAD(※一部PV)のシリーズのことをす。

ジャンル期には信長の野望シリーズ三國志を元ゲームの題材として扱った作品が大多数であったが、
徐々に世界大戦などの中世近代の史実における戦争や「機動戦士ガンダム」などを代表する架戦争を題材にしたもの、ポケットモンスターポケモン)・ドラゴンクエストファイナルファンタジーサガシリーズなどのRPG野球サッカー競馬などのスポーツなど、幅広いジャンルを題材にして発展が進んできた。

現在ではTRPGなどの非電ゲーム卓ゲm@ster)やアイドルゲームプレイするといった日常の延長といった作品でもiM@S架空戦記シリーズとして扱われており、必ずしも異世界でなければならないということではなくなっている。

なお、iM@S架空戦記シリーズのタグを有する動画は、2016年1月2日40,000本をえた。(約一年が経過した2017年5月頃には約43000本となっている。)

定義

  1. アイドルアイドルマスターキャラクター)が話のメインであること
  2. P(動画製作者)が架空戦記であると宣言していること(タグロックの有は問わない)

基本的に上の二つの条件を満たしてしまえば、ほぼ確実にその動画シリーズはiM@S架空戦記として認められる傾向にある。そのため「iM@S架空戦記シリーズタグがついているジャンルは今なお広がり続けており、トレーディングカードゲーム麻雀東方Projectについて取り扱った作品についてもこのジャンルに含まれると認められている。中にはもはやゲーム画面を全に背景として扱い、キャラを使った紙芝居のみで構成されるものも存在している。

アイドルマスター以外のキャラクターを用いた同等の趣旨の動画ニコニコ歴史戦略ゲータグに内包される物を含め)とべると、題材とするゲームの幅が広い、相互交流が盛んである、キャラの性格や設定に独自の解釈を加える事が多い、(例えば、アイドルが元々三国志の時代に住んでいた人物であるなどのように)設定の再定義を行う事も多い、と行った所が特徴的であろう。

関連文章

iM@S架空戦記の主なタグ一覧(大百科に登録されている関連タグのみ記載)

卓ゲM@ster

NovelsM@ster

アイマス教養講座

アイマス紙芝居

iM@S架空戦記シリーズの概要

作品の傾向としては大きく五つに分けられる。

① プレイ動画紙芝居
初期においての流で、現在でも多くの動画がこの形式をとっている。
基本的には、プレイした結果に沿う形で紙芝居を作る、というスタイル。 

② 紙芝居プレイ動画
シナリオを作り、必要に応じてプレイ動画を撮影する、というスタイル

③ 神芝居+プレイ動画
シナリオメインとしつつ、必要に応じてプレイ動画をはめ込んでいくスタイル
①・②・④で作り始めた作者が、自身の動画スキル向上でこの方向にシフトしていくパターンが多い。
プレイ動画も通常プレイというより、編集されて使われることもある。

④ 紙芝居プレイ動画静止画キャプチャ
動画キャプチャができない環境にある作者の中にはこの方法を用いる人も少なからず存在する。
また背景キャラといったゲーム素材だけをキャプチャしてくるパターンもある。

⑤ プレイ動画を用いない(基本的に紙芝居中心)
手描きシーンなどを交えたオリジナルシナリオ架空戦記を作る方式。
非電系の卓ゲM@sterではゲーム画面などないので基本的にはこれオンリーとなる。
卓ゲM@Ster以外のiM@S架空戦記でも題材がコンピュータゲーム以外であったり、
リスペクトだけで手描きや演出などを駆使して擬似的にゲーム再現してるパターンなどいろいろある。

関連ページリンク


登場人物

その他の「アイドルマスター」シリーズに出演する主な関係者

この他にも「シンデレラガールズ」「ミリオンライブ」「SideM」の登場するアイドルやその関係者が出る作品も増えつつある。またコミカライズ・雑誌企画ドラマCDのみに登場している人物が出演している作品もある。

関連コミュニティ 

関連記事

大百科に記事のあるシリーズは「iM@S架空戦記シリーズの一覧」に掲載。 

総合 系関連記事 戦国系関連記事
ファンタジー系関連記事 SFロボット系関連記事 その他関連記事

 

関連項目

掲示板

  • 359ななしのよっしん

    2018/07/27(金) 21:04:36 ID: +XxmJZRL1s

    アイドルを敵役・悪役にするかって場合によってはアイドルが戦死するか並にデリケートな問題だよね
    個人的には露かませ犬じゃなきゃ別にいいんだが、悪行させられるぐらいなら出ない方がましだって人も、出なかったり味方だが空気・居るだけ参戦よりは敵でもキャラ立ちしてた方がいいって人もいるだろうし

  • 360ななしのよっしん

    2018/08/13(月) 13:01:22 ID: 8kRFnLskOl

    敵側・悪役側にアイドルを配置することで、敵も味方もアイドルでよりim@s架空戦記らしくはなるんですが、確かに難しい所ではありますね。

    ただ、名敵役・悪役が居ると物語が映えるのは事実ですし、味方の空気より思いっきり敵役の方が、キャラや出番が立つのもまた事実なんでPの手腕や判断しだいですかねぇ。

    公式でも犯人役や悪役アイドル勢当てていますので(特にミリ)、扱いがあまりにも雑だったり、いくらなんでもみたいなことをさせなければ、まぁいいんじゃないでしょうか?もちろん、それをどう思うかは人それぞれでしょうけど。

  • 361ななしのよっしん

    2019/01/06(日) 14:09:07 ID: XSeV7Slrrj

    こういう登場人物変更した改造プレイすこ

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP