今注目のニュース
「太陽の近くでは磁場がよじれている」人類史上初の太陽を間近で調査する探査機が新発見を報告
都内のマンションは「東京五輪後に暴落する」説を検証してみた
高橋名人が明かす「裏技」誕生秘話 私が「冒険島」になった理由

マジカル・エクスプロージョン単語

マジカルエクスプロージョン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マジカル・エクスプロージョンとは、遊戯王OCGに登場するカードである。

概要

CYBERNETIC REVOLUTIONに収録した通常テキストは以下の通り。(遊戯王カードWikiより抜)

マジカル・エクスプロージョン
通常
自分の手札が0枚の時に発動する事ができる。
自分の墓地に存在する魔法カードの枚数×20ポイントダメージ
相手ライフに与える。

墓地魔法カードの数に例したダメージを与える通常。手札0枚の時でしか発動できない条件がある。
一見、【フルバーン】に投入できそうなカードではあるのだが、そちらはによるバーン体であり噛み合わない。「名推理」や「モンスターゲート」等で墓地魔法を溜め込む専用のギミックが必要となる。

登場当時は発動条件の厳しさ、条件を満たしても満足ダメージを与えられない印が強く、それほど注されていなかったカードなのだが・・・

2007年 ドグマブレード誕生

そんな「マジカル・エクスプロージョン」に転機が訪れる。【マジエクワンキル】のデッキ、【ドグマブレード】の誕生である。
このデッキは簡単に言うと先攻を取り、後攻で相手のライフを0にする事に特化したワンターンキルデッキ。名称からして「D-HEROドグマガイ」のライフ半減効果を利用したデッキと思われるが、もっとヤバいカードが存在する為ほんの1パーツに過ぎない。
当時はディスクガイや「混沌の黒魔術師」が禁止カードになっておらず、ディスクガイや「クライス」を何度も生しドローブーストを行ったり、「混沌の黒魔術師」で魔法を再利用する、「サイバー・ヴァリー」と「次元融合」でライフがある限りループを行いパーツえる等、凄まじい回転率を誇りワンキル成功率は非常に高かった。
その為「遊戯王じゃんけんゲー」と皮られることとなり、非難のも多く上がっており、もが規制されると思っていた。しかし2008年3月制限改訂ではなんと禁カードだった「死者蘇生」が制限に復帰。さらにギミックパーツである「魔法石の採掘」が制限緩和され、より強化されるハメになってしまった。非難のが強まったのは言うまでもない。

・・・と、色々騒がしてきたデッキなのだが、実は選考会等ではあまり良い結果を残していなかった。なぜなら当時は【ダムドビート】、【ライトロード】の流行により墓地メタである「D.Dクロウ」をサイドデッキに投入されいるのがほとんどであり、キーカードを除外されることが多かったからだ。シングル形式では確かに悪だが、マッチ形式ではメタられやすい。それが【ドグマブレード】の弱点であった。

2008年9月制限改訂では流石にギミックパーツのほとんどが禁止・制限カード定され、【ドグマブレード】は終焉を迎えた。しかし、肝心の「マジカル・エクスプロージョン」は規制されておらず・・・

2009年 ジャンク・コレクター登場

規制後は「クライス」によるドローターボ流であり、【マジエクワンキル】はまだ生き続けていた。
2009年11月21日、「デュエルディスク 遊星Ver. DX」の特典カードとして「ジャンク・コレクター」が登場。このカードの詳細についてはこちらを参照。
このカードの強みは自身を除外し墓地を発動することであり、「マジカル・エクスプロージョン」が墓地へ送られるという【マジエクワンキル】の弱点をしたのである。安定性は【ドグマブレード】より劣るものの、自分のターンを発動できることから先攻ワンキルを可にし、【マジエクワンキル】は更なるを手にしたのであった。

ところが2010年3月制限改訂にて「マジカル・エクスプロージョン」がついに制限カード定。軸のカード規制され、【マジエクワンキル】は衰退の一途を辿ることとなった。

2015年 真帝王降臨

2013年9月では「名推理」が、2015年4月では「モンスターゲート」が制限化されたものの、【マジエクワンキル】の眠りを覚ますことはなかった。

2015年9月19日、「ストラクチャデッキ帝王降臨-」が発売。これにより【帝王】が環境上位になったのだが、同時に【マジエク】というデッキが生まれる。長年眠りについていた【マジエクワンキル】が復活したのである。
マジエク】は【帝王】の豊富なサポートカードに着し、手札交換を行いつつ魔法カード墓地に肥やしていく。
これまではドグマガイライフ調整を行ってきたが、このデッキでは「ライフチェンジャー」によりライフ3000に固定し、ワンキルを狙っていく。ライフの固定化という特性上、「成金ゴブリン」が採用しやすくなったのもポイントである。
あまりモンスターを出すことがないので「エフェクト・ヴェーラー」等で妨される心配がなく、モンスターを引きすぎて事故になる確率が大幅に下がった。また、サイドデッキの入れ替えで通常の【帝王】に戻すことも可なのでマッチ形式にも対応できるようになった。
「マジカル・エクスプロージョン」と同じく、登場当時は影が薄かった「ライフチェンジャー」を一躍有名にしたデッキなのだが、2016年4月制限改訂ではただでさえ強であった【帝王】のパーツ規制され、「ライフチェンジャー」はなんと禁カード定されてしまい、【マジエク】は終焉を迎える。

2018年 閃刀姫登場

2018年2月24日、「デッキビルドパック ダークセイヴァーズ」が発売。その中で【閃刀姫】が登場し、2018年4月1日には「汎帝王」と「モンスターゲート」が制限解除される。【閃刀姫】は墓地魔法カードを溜め込んでいくことを軸とするため、「マジカル・エクスプロージョン」との相性は抜群である。【マジエク】も【閃刀姫】を組み込んだ【マジエク】として良したデッキも登場した。

その結果、2018年7月制限改訂で「マジカル・エクスプロージョン」が遂に禁止カード定されることとなった。

これまで「マジカル・エクスプロージョン」の歴史を振り返ったが、前述の通りこのカードの登場当時はマイナーカードだった。カードプールの増加や環境の変化によって注され、大いに暴れまわるカードの典例と言えるだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2018/06/27(水) 20:33:07 ID: KN0wC24ngO

    幾多のカードを身代わりに生き残ってきた死神カード
    遂に死を迎える時が来た

  • 6ななしのよっしん

    2018/07/01(日) 17:12:08 ID: t2872v6hTW

    今までは「残骸爆破でも似たようなことできる」と言い訳し続けてて、実際山札引きつくして相手ターンに吹っ飛ばすだけならあっちでもできる
    でも閃刀姫普通に回しててもすぐに墓地魔法カードが15枚以上溜まるので残骸爆破以上のダメージを期待しやすい
    逆に残骸爆破の条件である30枚以上となるとデッキの組み方をするか長期戦に持ち込むしかない
    残骸爆破では代わりにならない以上言い訳不能で禁止行きは当然

  • 7ななしのよっしん

    2018/07/01(日) 17:24:19 ID: 6dfnPQots3

    キャノソルも身代わりじゃなくて来るべき時が来ただけだと思うぞ
    1キルだけじゃなくて遺言状とのコンボもあったぐらいだしな
    最近だと闇ディアボロスの特殊召喚トリガーになったし
    マスドラ禁止やカタパのエラッタから見てもアレが禁止になるのは必然だったかと

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP