国際列車単語

コクサイレッシャ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

国際列車とは、発着地のが異なるにあり、を跨いで運航される鉄道列車である。航空における国際線に相当するものの鉄道版。

概要

異なる鉄道で結び、を越える列車である。際間の交通機関として航空国際線や、路線バス際航路の船舶などと並ぶ。えるためパスポートコントロールなどCIQを要する。

ヨーロッパ

ヨーロッパでは各鉄道網がそれぞれ発達しており、その各鉄道網同士を接続させることでヨーロッパ全域に渡る高度な国際列車網を形成している。このヨーロッパの国際列車網はアジアアフリカなど他の大州と較しても最も発展しているものであり、世界で一番国際列車が盛ん且つメジャーな地域である。際間の移動に列車を用いることも一般的である。

国際列車に限った事ではないが、乗り物や徒歩に関わらず、える移動ではパスポートコントロールなどCIQを要する。ヨーロッパにおいてもその通りであるが、一部の欧州連合加盟間ではを越えた移動を自由に行える「シェンゲン圏」というものがある。このシェンゲン圏では乗り物や徒歩の種別を問わず、内移動と同様に際移動ができるため、これが国際列車の利便性を後押ししているという面もある。飛行機国内線と同じ扱いであり、バス自動車や徒歩でも同様であるが、通勤電車の延長として国際列車が利用できる点は大きい。

もちろん非シェンゲン圏では通常の際移動と同じく、パスポートコントロールなどCIQを要するが、上記の鉄道網の充実により、パスポートなど煩雑さがあるものの国際列車は盛んである。シェンゲン圏外イギリス東欧などへ向かう国際列車の発着ではパスポートチェックの長の列ができることもある。フランスイギリスを結ぶユーロスターはとくに有名。

ロシアヨーロッパ外のアジアへ向かう国際列車もあり、大州をえた移動を寝台国際列車で行うこともできる。

ロシア連邦列車であるシベリア鉄道は、そのロシア広大土を縦断する性質のため、アジア鉄道からヨーロッパ鉄道まで直通運転をしており、大半がロシア内でありながら、国際列車網を形成している。

アジア・中東

東南アジアではタイ王国マレーシアの間を寝台国際列車により移動することができる。また、マレーシアシンガポールを結ぶ「シャトル・テブラウ」は世界一短い国際列車である。

極東ロシアにも乗り入れるロシア列車シベリア鉄道があるため、上記のヨーロッパ鉄道網へのアクセスとして人気がある。日本から非航空路で欧州方面に向かう際には有ルートであり、JR九州高速際航路と組み合わせる事で日本から韓国を経由してシベリア鉄道を利用することができる。

中華人民共和国を発着する国際列車が特に多く、極東ロシアからシベリア鉄道に直通してヨーロッパ鉄道網まで連絡している。他にモンゴル北朝鮮ベトナムの間も結んでいる。また、中国本土と香港の間は在来線鉄道高速鉄道で結ばれている。

朝鮮半島では北朝鮮韓国を結ぶ定期国際列車は運行されておらず、臨時での運行となっている。

西アジアではトルコを中心にアラブとの国際列車やヨーロッパへの国際列車がある。

アフリカ

プライドオブアフリカ」という国際列車が運行されている。

南北アメリカ大陸

では「アムトラックカスケーズ」や「メープルリーフ」など複数の国際列車がアメリカ合衆国カナダを結んでいる。一方、南の国際列車は運休などが多く、運行状況が安定しない。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/18(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/18(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP