園田真理単語

ソノダマリ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

園田真理(そのだ まり)とは、特撮テレビドラマ仮面ライダー555』に登場するヒロインである。

演: 芳賀優里亜 / 少女時代:八武崎碧(現:悠木碧)

概要

美容師を少女16歳

一人称は「私」。幼い頃に実の両を亡くし、形に引き取られて孤児院「流星塾」で育った。九州滞在中、義である形から送られたファイズギアを確かめるため、東京のスマートブレイン本社に向かう途中に巧と出会う。

東京に戻った後は、巧と共に啓太郎の実家居候しながら、美容院でアルバイトをしてを追いかけている。料理も得意で、同居人との食事シーンが非常に多いのも特徴である。特に、初期の頃は巧が猫舌である事を知ってからは、鍋焼きうどんすき焼き、熱くはないが侮辱を込めてお子様ランチを作るなど、かなり手の込んだ嫌がらせをしていた。

かなり勝気な性格で、ちゃっかりとした部分もあるが、物怖じせずに自分の意見をはっきり言う芯の強さを持つ。ただ、その気の強さから苦手に感じた相手への評価は辛辣で、相手を罵倒する際は非常に容赦なく、時に言ってはならないことも言ってしまう。[1]巧との別離は、彼女が巧をオルフェノク故に恐れてしまったことが原因の一つであり、彼女は謝りたいと言いつつも、その後のいざこざもあって謝る機会を逃している。しかし、オルフェノクでありながらも巧や、自分を一度は殺した澤田を信じ抜き彼らに人としての心を取り戻すきっかけを作るなど、強い心を持つ。

(以下ネタバレ)→後に“九死に一生を得た”人間からオルフェノクの王が復活するという可性から、孤児院に子供たちが集められていたことを知る。その後、村上の意向によって「人工的に人間オルフェノクへと強制進化させる実験」の被験者として殺された上で、蘇生手術を受けていたことも判明する。つまり物語開始から少し以前、流星塾の同窓会に出席した真理は一度、他の元流星塾生達と共に殺されて『オルフェノク記号』を埋め込まれた上で蘇生していたが、記憶変されたためその事実を覚えていなかったのである。 他の塾生と違って血縁者がいないため、流星塾生同士のを何よりも大切に考えている。その反面、言葉の裏の意味や他人の心の機微を察する事には長けていないので、それが原因でスパイダーオルフェノクこと澤田に殺されて2度の死を迎えるが、巧の尽によってスマートブレイン社の医療技術によって蘇生し、断片的ながらも変されていた記憶も取り戻す。この一件が、巧がオルフェノクであることを周囲に明かすと同時に巧が流星塾生を襲ったと誤解されることとなった。

余談・小ネタ

TV放映前の予告PVではファイズギア変身シーンが描写された事から「初の女性ライダーか」とも囁かれた。しかも如何にも悪役チンピラモブ?と思われた人物がライダーでした。

誕生日9月13日[2]

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *それは巧、真理中の人く「初期はキツイ」と言わしめたと同時に優里亜は「キツくなり過ぎないように演じた」とされる
  2. *第7話、真理アルバイト(美容院)先に提出した履歴書より。村上幸平「9月13日は園田真理の誕生日なのだ!」exit
この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/27(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/27(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP