宇宙船サジタリウス単語

ウチュウセンサジタリウス

1.7千文字の記事
掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

宇宙船サジタリウスとは日合作TVアニメである。動物擬人化したキャラクター達が登場するSF作品である。

概要

主人公達

日本ではテレビ朝日金曜日7時30分で、1986~1987年に渡って放送された。トッピー、ラナ、ジラフの三人の主人公宇宙に乗り、宇宙舞台に様々な冒険を繰り広げていく。

全体的に牧歌的な雰囲気とスリルを織り交ぜた楽しい作品ではあるが、主人公企業で働くサラリーマンという設定であることから、他のSF作品とは異なり生活感や社会人の苦労が描かれることが多い。財務体に乏しい企業故の苦労、雇用を理に仕事を振ってくる経営者の横暴さ、保障が不足しがちな企業で働くことの苦労、大企業の専横、起業する喜びと苦労、家族を支えるお父さんの苦労などがそれである。本放送時に小学生だった子供達も今は30代となり、自らが主人公と同じ立場になったことで、物語んでいるという。

日本子供達に、イタリア料理ラザニア」を広めた作品としても良く知られている。

あらすじ

※第一話から

企業宇宙便利舎に勤務するトッピーとラナはでの仕事を終え、会社の備品である宇宙サジタリウス号」を地球へ再突入させる。企業ゆえ、サジタリウス号は時代遅れの性しかないポンコツで、大気圏では冷却装置がないため内がサウナのように熱くなる。やっと大気圏を突破しアプローチに入ろうとするが、管制は大企業宇宙を優先し、サジタリウス号の着陸は後回しにされる。
そんな二人には楽しみなことがあった。トッピーの妻は臨を迎えており、これから生まれてくる子供名前を考えながら、家族三人での生活を想像し喜びを噛みしめている。ラナはうるさくも可愛い子供達と会い、妻が作るラザニアを食べることが楽しみだった。

二人が小さくてボロい本社に戻ると、社長速次の仕事を割り振ってくる。帰還したばかりの二人は文句を言うが、雇用をに取る社長には逆らえない。二人とも、妻と子供を養わなくてはならないからだ。

つかの間の家族との触れ合いの後、二人は次の仕事の為に港へと戻る。そこで一人の女性に会うが、彼女はある男性に追われていると言う。ところがその男性こそ宇宙便利舎に仕事依頼したジラフだった。依頼内容は、先ほどの女性を追いかけること。彼女アンという考古学者なのだが、学会で自分の学説が取り合ってもらえなかったので、自ら明する為に宇宙立とうとしていたのだ。ジラフアンを慕う後輩なのだが、彼女に危険があってはいけないからと止めようとしていたのだ。

こうして三人はアンを追いかけて宇宙へと立っていく。

登場人物

主題歌とEDテーマ

主題歌は「スターダストボーイズ」、EDテーマは「光年」となっている。いずれも作詞阿久悠作曲鈴木サブロー、歌唱・影山ヒロノブである。

スターダストボーイズは、主人公自虐的に表現しながら「これでも良い所があるんだぜ」と歌い、彼らが普通サラリーマンであることを端的に表わしている。光年は、人は生きているとを見失っていくが、でもを抱くことは素晴らしいと歌ったもの。大人が聞くと涙腺崩壊であろう。TUBEデビュー曲「ベストセラー・サマー」に曲調が酷似しているが、作曲者が同じなのであってパ○リなわけではない。
また、光年は、放映からかなりい段階で合唱曲として知られるようになり、音楽教科書に掲載されていたこともある。

関連動画

作品とは関係ないが、一緒に味わいたい動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/30(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/30(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP