今注目のニュース
臀部インプラントが回転し激痛 再手術で“納得のヒップ”を手に入れた米女性
「カニみそ」の正体、ご存知ですか?
自然分娩で21匹の赤ちゃんを出産した犬 世界記録か(マン島)

月刊アルカディア単語

ゲッカンアルカディア

  • 0
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

月刊アルカディア(げっかんアルカディア)とは、エンターブレインから刊行されていたアーケードゲーム専門情報誌。伝説ゲーム雑誌『ゲーメスト』の後継雑誌でもある。

概要

1999年恐怖の大王が来て世界が滅亡するかもと言われていた頃に、新社という出版社は本当に滅亡してしまった。これによって、当時アーケードゲーム雑誌業界でトップの地位にいた雑誌『ゲーメスト』が突如廃刊してしまった。「今年のまでの付き合いだし!」とか言ってた結果がこれだよ

このゲーメスト編集部が解散した後に、『ファミ通』で知られるエンターブレイン下で新たに創刊されたアーケードゲーム専門誌がアルカディアである。その編集者ライターにはゲーメスト編集部出身者も多く、創刊第1号なのに、表には「帰ってきたぜ!」という煽り文を付けるあたり、明らかに旧来のゲーメスト読者な購買層と位置付けていたのだろう。当初は隔刊、後に刊化した。悪い旧来のファン誤植にも期待していたが、そこまで多くないのでがっかりしているとか。

当初は左開き・縦書き体(旧ゲーメストと同じ)の誌面だったが、2006年頃から右開き横書きファミ通などと同じ)の誌面に替わっている。内容もゲームの流行に倣って音ゲーなどに関する記事も多くなり、またカラーページが非常に多くなった。開発者インタビューファン交流を図る企画などに勤しむ一方、攻略記事のほうはネット情報などに遅れがちで奮っていない。アーケードゲーム業界の速報に関しても、同社の週刊ファミ通のほうで先に速報されてしまうことも。それでもゲームセンターに最新バックナンバーストックされることが多く、その信頼性は高い模様。

当時、日本アーケードゲーム業界において最大の広告媒体でもあったため、アルカディア編集部を通して行われるイベントも多かった。各種ゲームの全大会を開催したり、また各年度の優秀ゲームを選定する表なども行われていた。日本最大級の格闘ゲームイベント闘劇」も、2013年の閉幕宣言までエンターブレイン催のアルカディア編集部協の形で行われていた。

2013年6月号から隔刊化。さらに2015年からは不定期刊になり、今後の情報配信は週刊ファミ通ファミ通.comで行うと発表された。公式サイト閉鎖され、事実上の休刊(≒廃刊)と思われる。

関連動画

月刊アルカディアそのものの動画はあんまりない模様。あったら誰得紹介してください。

関連商品

月刊アルカディア(ニコニコ静画(電子書籍))

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/07(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/07(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP