今注目のニュース
須崎市の「ちぃたん☆」活動停止申立が却下 デザインは許可を得ていたと認定
数はちょっと減ったけど、相変わらず仲良く暮らしているよ!その後のゴールデンレトリバーと仲間たち
九州人とそれ以外では、「ラーメンへの認識」に大きな違いがあるらしい

有澤隆文単語

アリサワタカフミ

掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

有澤隆文とは、「アーマード・コア フォーアンサー」に登場するリンクス、及び作中に登場する企業「有澤重工」の社長である。CV浦山迅
氏が社長である有澤重工についても、本項で解説する。

概要

カラードランク16、有澤重工43代社長(ただし、影武者という説もある)。

フロム作品で前線をる偉い人というと、某アメリカ合衆国大統領のような人が思い起こされるが、こちらは渋めに抑えたオジサマである。その台詞には多少中二病臭いものもあるが、渋いがそれを全く感じさせない。

搭乗機体「雷電」は、有澤重工製新標準機「RAIDEN」に、両肩を占有するグレネードキャノン「OIGAMI」を装備し、装甲はすべて実弾防御に特化したもので固めている。い話が「ガチタン」である。
武装は武器腕に取り付けたグレネードキャノンに先述のOIGAMI、つまりグレネードキャノンのみである。
ACシリーズのアセンブルにおいては、一般的に防御が低い武器腕はタンクには不向きとされるが、本機が装備している武器腕「RAIDEN-AW」は、武器腕としては較的防御が高く、そもそもそれ以外の部位が非常に高いAPと防御を持つため、あまり問題にならない。
とはいえ、防御が高いのは実弾兵器に対してのみであり、エネルギー兵器コジマ兵器には滅法弱い。社長く「コジマは、まずい…」。
エンブレムは「人」の文字デザインされている。ガチタンに乗る社長に「じん」のエンブレム、担当声優の名前も「じん」、その所属事務所は「プロダクション・タンク」と来れば…古参プレイヤーならばニヤリとすることだろう。

(´神`)ガチターン

両肩のグレネードキャノン「OIGAMI」は、待機時には身を3つに折りたたんで両肩にを架けるように装備され、展開時にはACの全長をはるかえるほど長い身となる。
そして発射時には発射時の反動や排莢による非常に素敵なギミックがある浪漫武器。
その素敵ギミック故、武装の切り替えにかなりの時間を要するという難点もあるのだが、溢れんばかりの浪漫の前には大した問題ではない。
に言わせると、発射しているのは榴弾ではなく、浪漫である。
その素敵性能と、有澤社長用していることにより、ファンの間では「社長砲」と呼ばれる。
レギレーションによって大きく変動し、初期のレギレーションでは他のグレネードキャノンと同等の威で弾数が多い、というあまりパッとしないものであったが、レギレーション配信を重ねるごとに威アップ&弾数減の修正を受け、現在ではコジマ兵器を除けば(除アームズフォート)の破壊を持つ武装となった。
なお、OIGAMIの入手条件は、後述の社長が敵機として登場するミッションクリアである。(社長を撃破する必要はない)

ただし、このアセンブルには一つ大きな欠点がある。ゲームシステム上、武器腕と両肩武器はどちらも右武器として扱われるため、同時に使うことができないのである。

有澤重工はGA社の企業であるため、GA社からの依頼で僚機として雇うことができる。
作中において、制圧で普及アームズフォートに匹敵すると評される通り、僚機として雇えばランドクラブなどの量産型アームズフォート程度なら任せっきりにしてもあっさり撃破してくれる。
でもコジマだけは勘弁な!!
優秀な僚機であり、社長という身分もあってか、報酬の取り分は45と高額である。

一方、アームズフォートグレートウォール」撃破ミッションハードモードでは敵機として登場する。
このミッション的はあくまでもグレートウォールの撃破であるため、社長視してしまっても構わないのだが、グレートウォール内部の狭い間(というか侵入口のすり抜け困難な場所に鎮座している)というガチタンにとって絶好の環境であるため、正攻法でやり合おうとすると結構難儀する。
また、仮に撃破してしまっても、後のミッションでは何事もなく僚機として雇える。雷電を削りきっても社長を削りきることはできないようだ。

有名な台詞

ゲイヴンとして

ゲイヴンとしてはややマイナーだが、よくヒップを狙われる。

やらないか」の流暢さに定評がある

有澤重工

有澤隆文が社長を務める企業。作中最大の企業であるGA社(グロバル・アーマメンツ社)の下であり、作中一の日本企業である(過去にもキサラギなどの日本的な企業はあった)。
有澤重工自体と、社長リンクスであるという設定はAC4から存在していたが、実際にリンクスの一人として登場したのはACfAでのことである。
GAグループネクスト開発において、全体として実弾武器・実弾防御を重視した開発を行ってるが、その中でも有澤重工は特にAP・実弾防御に特化している。

有澤のACパーツについては、「戦車」「温泉」「グレネード」の三であらかた説明できる。
つまり、開発しているパーツは、温泉の名を冠したタンクネクストグレネードキャノンのみである。
そのあまりにも特化した開発方針から、ACfAにおける変態企業の一に名を連ねる。

有澤製パーツには全て日本実在する温泉の名前が付けられているため、ファンの間では有澤製パーツのことを「温泉ウェポン」と呼ぶ。
例えば、先述の社長砲ことOIGAMIは、群馬県沼田利根町の老温泉から。腕部用グレネードSAKUNAMIは宮城県仙台市青葉区作並にある作並温泉から。有馬箱根などの有名どころはパーツ名に採用されていないので、有澤製パーツを使っていると知る人ぞ知る温泉に詳しくなれる…かも。興味のある人は聖地巡礼してみてはどうだろうか?

関連動画

関連商品


関連コミュニティ

有澤隆文に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP