今注目のニュース
鎌倉で問題視される食べ歩き 一茂・ちさ子は「徹底的に禁止すべき」と大反対
京アニ事件の報道めぐり、精神疾患への偏見助長を危惧 NPOがコメント
今度は「タピ酒」。 タピオカミルクティーがお酒になったよ。数量限定で発売中~

アーマード・コア フォーアンサー単語

アーマードコアフォーアンサー

掲示板をみる(911)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE


この戦いの向こうに、『答え』は有るのか…?


アーマード・コア フォーアンサー(ARMORED CORE for Answer)とは、フロム・ソフトウェア社からPS3、およびXbox360用に発売されているゲームソフトである。

アーマードコア4の直接の続編に当たり、両作品共通の登場人物も多く存在する。

タグとしてはACfAexit_nicovideoが良く使われる。

概要

十数年前に起こった「国家解体戦争」により、国家組みは失われ、政治経済体が「企業」へと移った世界

前作より数年後。アーマードコア・ネクストと呼ばれる超兵器を駆る代替不能な個人「リンクス」から、巨大兵器「アームズ・フォート」に戦いのが移った時代を描く。

前作の「リンクス戦争」により、地上のコジマ粒子による環境汚染が深刻化し、ある程度の経済があった多くの人間は高度7000mという高にクレイドル(“揺り篭”の意)を建設し、薄い空気の中、エンジンで飛行するというその非効率な航空機の中で居住する世界

主人公アーマードコア・ネクストを駆る傭兵としてオペレーターに見出され、経済戦争という名の武合戦の兵としてプレーヤーは地上で戦いを始めることとなる。

ストーリーに関しては下記の多数の勢政治的に絡み合い、ある一つの事件に対して収束し、世界最高のリンクスとなった主人公がそれに対して答えを導くという内容。
(とはいえ、相変わらず物語の裏事情を把握しないと流れを掴みきれないという硬仕様なのはフロムクオリティ。詳しく知りたい場合はwikiや解説付き動画も併せて参照のこと)

相変わらずのフロムクオリティであり、シリーズ中でも、難易度が低いほうではない。しかし、前作よりもパーツが増えたことによる“カスタマイズゲーム”としてのクオリティ向上もさることながら、動作系も見直され、かなりスピーディに動くようになったため、ハイスピードロボットアクションそのものの動きを自分が手にかけた機で楽しめるというのが最大のウリである。
オンライン対戦も好まれており、当初はパーツ差がかなり問題視されたが、『レギレーション1.30』以降はその偏ったパーツバランス善され、現在文字通り“自分の好みの機体で勝てる”ゲームになっている。

前作「4」からさらに進化したOPムービーは非常に評価が高く、アームズフォートスピリット・オブ・マザーウィル』に高速推進器『VOBヴァンガードオーバード・ブースト)』を換装して立ち向かうアーマードコアの勇姿が、迫あるカメラワークサウンドで描かれる。
特にそのCGは、ロボットはもちろん背景の建造物や爆炎に至るまで、内の全映像作品の中でも類を見ないほどの描き込みがなされており、実写映像海外の大作映画迫するほどのリアルさを見せ付けている。2ちゃんねるアマゾンレビューを始め、至る所で『実写だろう』というが出ているほどで、ニコニコ動画内でもそれらのコメントを確認できる。
コンピュータ総合学園HALCMでも映像が使用されたため、ゲーム自体の知名度は別にして、この映像にした人の数は結構多い。

これまでのシリーズでは一部のレイヴンリンクスミッション中に二言三言喋る程度なのがほとんどだったのに対し、本作ではミッション中のネタ台詞がかなり多くなっている他、ミッションの合間に挿入されるリンクス達の(おそらく通信と思われる)対談、通称「お茶会」の存在により、ある程度各リンクスの人物像が読み取れる。また、それ故にMAD素材も豊富である。

登場人物・登場勢力

企業連

企業同士が世界的な取り決めをする組織。
……とはいうものの、最も権のあるオーメルサイエンス社の意見を代弁する組織に成り果てている。
ミッションの仲介をしてくれる人は女性であるが、かなりおっかない。

カラード

首輪」の意を持つリンクス山猫)達の管理組織。
リンクスの適切かつ等な配分』を建前に設立されたものの、事実として企業専属のリンクスが多数存在していることから実態はただのミッション仲介人の溜り場でしかない。

オーメル=サイエンス

オーメルグループ。前作で最も損が少なく、政治的手腕に長けていたため、~fAでは最も影のある企業となっている。
物語の裏の部分をかいつまんでみれば大抵この企業の名前が出てくるほどキーとなる企業
前作にて壊滅したレイレナード技術者を大量に取り込んだことから前作以上に高機動・短期決戦ったパーツラインナップをえる。
グループ専属ミッション仲介人は語尾に“(笑)”がつくような口調がムカつく。が、あるミッションではかなり真剣になる。

 ローゼンタール

オーメルグループ所属。前作ではグループだったが、オーメル下克上された。
とはいえ、現在でもその(ビジュアルも)優れたバランス重視製品により初期選択機体の座を守っている。
オーメルグループに所属せずにゲームを始めたプレーヤーはこの企業が作る製品当てにオーメルグループ重視で依頼を受けてゆけばたいてい問題ないだろう。それぐらい製品のラインナップが豊富。
あまりミッションを要請しないが、やるときはやってくれる企業

アルゼブラ

オーメルグループ所属。前作では「イクバール」と名乗っており、社名変更した中東企業
社名変更は前作のPS3版とXbox360版でパーツの名称が異なった事と関係あるのかは不明。
短期決戦重視のオーメルと異なり、手数を重視したタイプの撹乱・接近戦用製品を取りえ、しかも安価であることから、新米リンクスがこの社の製品にお世話になる機会はかなり多い。
やはり中東系というだけあって、GA社とは農業的(……にはとどまらない深い因縁による)対立をしている。
所属リンクスはかなりアクの強い連中がっている。
ちなみに、下部には「テクノクラート」と呼ばれるロケット技術を生産とした企業がいる。

アスピナ機関

前作ではジョシュア・オブライエンが所属していた一コロニー“アスピナ”であった。
コロニーが環境汚染意味化し、クレイドルに移った今も、そのAMSへの技術を買われてオーメルの一研究部署としての地位を保っている。
しかし、前作の面影はどこへやら。「パイロットを機体が殺す」というトンデモ高機動・紙装甲機体“フラジール”を製作し、テストと称して大火力飛び交う戦場へ送り込むという荒業を見せる。
当作品の変態企業担当の双璧の一つ。 機体を見ればドギツイ個性がうかがい知れる。

インテリオル・ユニオン

インリオルグループ。前作の「メリエス」と「レオーネメカニカ」という2つの企業戦後の際に統合した。
エネルギー兵器のリーディンカンパニーであり、製作する機体もエネルギー適性が高く、全体的に省エネエネルギー消費武器を扱いやすい。が、あらゆる意味で実弾に弱い。
グループミッション仲介人は丁寧な物女性。魅的なと柔和な物、心打つ決め台詞ホイホイついてゆくと……

アルドラ(アルブレヒト・ドライス)

インリオルグループ所属。元ユニオンだったが、独立した。
製作するのは先端義のインリオルとは対極の実弾重視・堅実義を突き進んでおり、同じく実弾最大シェアGA肩する一撃必殺の重火器とそれを扱える重量機体をえる。
ユニオンの技術交流もあってか、EN武器への強さも併せ持つためGAよりも特長が丸く、扱いやすい。
ストーリーに深く絡まないがインリオルからスタートしたプレーヤーは回避技術が身につくまでこの企業にお世話になるだろう。

トーラス

インリオルグループ所属。前作、GAアメリカ本社から粛清を受けて壊滅したGAヨーロッパ技術者と前作にて壊滅したアクアビットが合資してできた会社。
ジェネレーター(発電機)やFCSといった兵器としての心臓部で優秀な製品を販売しているため、グループ内のネクストは大抵この企業の製品にお世話になっているほど重要な位置を占める。
それにも増してを引くのは、コジマ粒子技術の本舗であること。
環境汚染みないコジマ粒子を作ったり、前作は固定砲台だった大きめのコジマを、ネクスト並みの機動中を飛び回る自コジマソルディオスオービット」にしたり、挙句には自社製ネクストソルディオスを仕込んだりしている。
ペレーターに「変態共が!」と言わしめる公式MAD企業であり、アスピナ機関変態企業双璧をなす。

GA(グローバルアーマメンツ)

GAグループ。北を中心とした環太平洋地帯を握している企業
ネクストコジマ技術といった先端技術で遅れを取っているものの、質実剛健がモットーの製品と膨大な資本が武器であり、“量産型アームズフォート”を期から生産しており、オーメルインリオル営からの喧を買って互という紛うことなき最大スケール企業
「大鑑巨義」の名に恥じない総火力重視の仕様ミッションではかなりお世話になる、が、対ネクストではその小回りの利かなさがネックに。
提携下部企業に高効率ブースターを開発する「クーガー」とミサイル市場をほぼ独占する「MSAC」を配することから、この企業の機嫌を取るとかなりのパーツが増える。
仲介人は他の仲介人よりも一歩引いた姿勢で企業客観的に見つつ作戦を教えてくれる。いわば「頼れるお兄やん」的な雰囲気をしている。

ま、こんなところか。

BFF(バーナード・アンド・フェリクス・ファウンデーション)

GAグループ所属。前作は「AC4違い」といわんばかりに本社を兼ねる要艦隊をアナトリアの傭兵フルボッコにされたが、前作時点の敵であるGA支援を受け、根性で復した。
前作ではGAコジマ技術に優れたヨーロッパ支部(現トーラス)を手放すハメになったが、本作ではこの企業グループ内のコジマ技術を引き受けている。
下手な汎用性よりも精度・命中率に絞ったパーツはどれも広い有効射程と安心できる火力としてあらゆるリンクスに好まれている。また、EN武器やミサイルにも手を出し始めた。

有澤重工

GAグループ所属。名前の通り日本企業
大鑑巨義を地で行く企業であり、グレネードランチャーに特化している。(とはいえ、やや取り回し難く、副兵装に向かないことから毛嫌いされがちだが……)
ネクスト向けタンク脚部を製作しており、まさしく鉄壁・要塞を構築する際には確実にお世話になる。

ラインアーク

レイドル体制を批判する自治組織。
……のはずが、来るものは拒まずの精からゴロツキの溜り場と化し、理念を実現できず、腐敗している。
それでも潰れなかったのはひとえにネクストホワイトグリント』の存在ゆえ。
ホワイトグリントの活躍により都市防衛、外貨稼ぎができており、それにより辛うじて自立している組織。
非常に寒々しいお財布事情からか、ミッション仲介人の低姿勢さは哀愁を誘う。

レイレナード

前作にてアナトリアの傭兵によって璧に壊滅してしまった企業
ネクスト製作技術では当時最高峰であり、その技術者の多くはオーメルへと亡命した。
が、オーメルに亡命しない元レイレナード系の人物が暗躍しているようであり、カラードからは“レイレナードの亡霊”と言われて怪しまれている。

アクアビット

前作にてジョシュア・オブライエンによって璧に壊滅してしまった企業
コジマ技術トップであったことから、盟友レイレナードの二社をして前作でも最ものある企業だった。
アクアビットマン」に見られるよう前作におけるコジマ企業だったが、壊滅の後、多くはトーラス、残りは亡霊として暗躍しているようだ。

ORCA旅団

ゲーム後半でクレイドルの飛行エネルギーを支える施設「カーパルス」を占領し、『To Nobles welcome to the earth』という明と共に突如登場する企業連へ反する組織。
明文は意訳すると「(クレイドルに住まう)貴族達よ、(汚れた)地上へようこそ」という辛辣なものとなる。
「資本(企業)のバックアップがなければ動かせない」といわれるネクストを十数体所有しているの集団であり、一説によると前作時点で既に結成していたとのこと。
本作1週では主人公企業連の命を受けてこの集団の的も分からずと戦うこととなる。
2週以降はルートが分岐し、この団に入団し、的である『クローズプラン』の的、そして企業が隠蔽し続けた“世界”が明かされてゆく。

関連動画

公式PV
OPムービー
上記の概略はこれ一本で分かってしまう
機のために塗装・エンブレムを凝ることもできる
アームズフォート速攻撃破に挑戦
ストーリーを解説しつつ攻略してくれる動画ネタバレ含む)

また、めでたく新人リンクスになったならば『リンクス養成動画タグ動画を追って下調べをして欲しい。
強いリンクスになりたいなら色々な先生から教唆してもらう。  ドミナントとの約束だ!

関連商品

関連用語

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP