聖地巡礼 単語

5617件

セイチジュンレイ

4.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

聖地巡礼とは、

  1. 宗教において重要な意味を持つ聖地に赴く宗教的な行為。
  2. アニメ漫画などの作品において物語舞台モデルとなった場所、ゆかりのある場所を「聖地」と呼び、実際に「聖地」を訪問すること。

本項では、双方の聖地巡礼について扱う。

概要

宗教として

 イスラーム(イスラム教)のものが特に著名である。イスラームではアル=マッカ(メッカ)にある「マスジド=アルハラーム礼拝堂」(またはその中核を成す聖域「カアバ」)を「ハッジ(聖地)」としており、生涯に一度はマッカに巡礼し「殿の周りを回る」などの巡礼作法を行うこと(実際の作法はもっと長い)が、裕福かつ体力のあるムスリムに奨励されている。
 イスラーム成立当時、砂漠の広がるサウジアラビア一帯を踏破するのは片だけでも大変な苦行であった。現在交通の発達により飛行機世界中からすぐに来れるため、かつてほどの困難くなった。しかし、大巡礼期にあまりに多くの巡礼者が集中するため、サウジアラビア政府はその人数に制約を設けなければいけない状況となっている。大巡礼期とはイスラーム12月8-12日に行われる大巡礼(ハッジ)に行われる特別な儀礼の時期であり、この時に巡礼を行い、帰還した者は他のムスリムから「アル=ハッジ」という尊称とともに崇敬されるという。なおハッジの時期以外には小巡礼(ウムラ)と呼ばれる別の省略作法により参拝を行うため、大巡礼とは区別されている。
 なお、キリスト教ユダヤ教におけるイェルサレムエルサレム)、仏教におけるカイラス山なども「聖地」であるが、これらは巡礼について特に定めていない。巡礼を奨励しまた巡礼者を厚遇する点でイスラームは特徴的である。

内における宗教聖地としては、仏教の「比叡山(天台宗)」「高野山(真言宗)」、神道の「伊勢神宮」などがある。
特にこの3つは「巡礼」の典的な例として、古代から小説や随行紀、日記などによく頻出する。

余談だが「メッカ 作法」でググると、トップに出てくるのは…。

日本では(サブカル的意味で)

小説映画舞台となった場所をして聖地メッカなどと呼び、ここにファンが赴く事例は探すとかなり時代を遡って確認することができる。

最初の大規模事例はゆうきまさみ原作オリジナルビデオアニメーション究極超人あ~る」(長野県飯田市JR東海飯田線1991年)と言われている。その動きは「おねがい☆ティーチャー」(2002年長野県大町市)「おねがい☆ツインズ」(2003年、同)に引き継がれ、「らき☆すた」(2007年埼玉県鷲宮町、現久喜市)で一般に認知される。2010年代では「ガールズ&パンツァー」(2012年茨城県大洗町)が聖地巡礼の大きな成功例として知られるようになった。

また、サブカルチャーとして、対の製品の製造元などに(もちろん許可を得て)赴くことを「聖地巡礼」と呼ぶこともある。「耳をすませば」の聖蹟桜ヶ丘(前者)や「デスクリムゾンファンエコール本社への巡礼(後者)などが有名。また、製造元の会社にふと立ち寄ったり、通りすがることも巡礼と表現されることもある。この場合、バイク会社などが相当する。

特定地域を振すべく作られたゲームもあったが、聖地化としては大成せず、ごり押しは嫌われる例となった(「北へ。」とか)

現在では(作品の有名度は問わなければ)、上記以外にも実在の場所を舞台とした作品も割とあるため、自身の都道府県市町村検索してみるのも面いかもしれない。単純にデザインモデルとしただけの場合もある。

物語の舞台への訪問

そして近年では、アニメ漫画などの製造元ではなく、その舞台となった場所や物語・登場人物にゆかりのある場所のことを「聖地」「モデル地」と呼び、その場所へ行くことを「聖地巡礼」、「聖地訪問」と呼ばれ、ファンの間で定着している。
この現が広まるにつれて、一般のマスメディアにおいても一種の社会として捉えられ、「聖地」や「聖地巡礼」という呼び方が報道でも用いられるようになってきている。
ただし、ジブリにおける「ジブリ美術館」「ジブリパーク」など、元々そういう意図のある施設に赴くことは「巡礼」と言われないこともある。

以前はあっても個人での参礼が多く、集団化したのは前述のエコール本社巡礼くらいのものであったが、
現在は全局で流れるアニメなどの聖地に行くファンの数が多くなり、また大規模なツアー形式で行われる場合もある。
これには、ファンインターネット上の掲示板blogSNSなどを利用して広く情報を発信、共有するようになったことと、聖地とされた場所の観光団体・地元商工会や自治体がこの現を地域振活用するようになったことが大きく関係していると思われる。

アニメを使った地域振については「ご当地アニメ」の記事も参照)

また、ファンの訪れる場所は内にとどまらず海外にまで及び、場所によっては内同様に積極的に観光客誘致に利用しているところもある。
(例:「フランダースの犬」の舞台モデルとされるベルギー北部のホーボーケンアントウェルペンノートルダム大聖堂など)

問題点

なお、この現に伴う良い点ばかりではなく問題点もあり、近年ではマナーの悪いファンによる迷惑行為が発生してしまっている。
2010年代後半になると「観光公害オーバーツーリズム)」という概念も広まり、外国人観光客の増加に伴い迷惑行為がさらに深刻化している地域も存在する。

一例

それ以外にも、聖地とされた場所が普通の住宅地だったり、立入りの制限が厳しい場所だったりと、そもそも歓迎されない場合などが挙げられる。

また、上記のようなアニメ漫画による「聖地巡礼」を地域振に利用することに関しては、利用する側がきちんとブーム後まで見据えて考えているのかという点を危ぶむもある。

政治家、行政、業界団体組織、メディアによるごり押し

聖地巡礼を「オタクツーリズム」とマスコミ導で呼称していた事がある。
現在は流行らずも定着もせずに消えかかっているが、一部ではまだ呼んでいる模様。

2010年代後半より元々アニメゲーム漫画に縁もゆかりもない地域の政治家行政、いかにもという全業界団体等が地域活性化の掛けのもとごり押ししてくる例も出て、当然ファンのなかで嫌気が差すことでそれらの失敗が続き、一方で地方にある一次創作会社の成功(京都アニメーションクリプトンフューチャーメディアユーフォーテーブル等)のもありファン活動的のこの手の聖地巡礼は沈静化していくものと見られている。

この他にも、原作や作品の内容を知らずにごり押しした結果、他方面からの批判炎上失敗した例も存在する(例:ヨスガノソラまいてつのうりん等)。

聖地巡礼・モデル地の来訪する人へ

※「観光公害/旅先で楽しく過ごすために」の項も参照

まずはじめに、聖地モデル地となっている場所はテーマパークレジャー施設ではありません(また地域及び地区によっては、自然保護や観保全などの観点から立入りが制限されていたり、観光地への整備がされていない場所も存在します)。

ゴミたばこポイ捨て、私有地の侵入、騒音/をはみ出した歩行などの迷惑行為は、ファン同士や近隣住民とのトラブルだけでなく最悪の場合、警察沙汰にも繋がりかねません。
それだけでなく、地元住民や自治体等の苦情で立入りの制限や巡礼自粛関係なファンへのレッテル貼りや作品そのもののイメージ悪化といった風評被害など思わぬところで悪が及ぶ事もあります。

聖地モデル地を巡礼する際は、節度とマナーを守った上で訪れましょう。落としてやってるんだからごちゃごちゃうるさいって?そういう人は二度と来ないでください

ニコニコ動画における聖地巡礼

ニコニコ動画では、投稿者うp主)が実際に舞台となった場所を訪問し、撮した写真映像動画にして投稿することが多い。
これらは、旅行記のようなものから、キャラクターフィギュアぬいぐるみと共に元ネタの場所を撮したもの、アニメゲームの場面と現地で撮した画像を較したものなど、色々と工夫を凝らしたものが見られる。
訪れる場所も幅広く、「らき☆すた」の埼玉県のように較的容易に行ける場所から、「ARIA」のイタリアヴェネツィアのようにお金と時間がかかる場所まで、様々な動画投稿されている。下記の関連動画を参照。

また、ニコニコ動画で流行したネタの起や発祥となった動画に対して、同様の意味で「聖地」、「聖地巡礼」というタグが用いられることがある。特に偉大なムーヴメントを起こし、かつ権利者削除された動画などに顕著。

ニコニコ文化圏発の聖地巡礼

ニコニコ文化圏発においての健全な聖地巡礼例は確認されていない。例のアレ系は存在するもよう

閲覧者が聖地巡礼レポートをしないからあくまでも拡大解釈で参考事例ではあるがニコニコニュース朝鮮中央テレビ発の聖地として東京都品川区京急本線鮫洲駅とその前にある鮫洲商店警視庁鮫洲運転免許センターがある。同放送で流れる音楽空耳が元になっていて興味深い。

関連動画

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/22(月) 09:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/22(月) 09:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP