榊一郎単語

サカキイチロウ

2.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

榊一郎さかき いちろう)とは、ライトノベル作家アニメ脚本家自称軽小説屋」。

概要

1998年、『ドラゴンズウィル』で第9回ファンタジア長編小説大賞を受賞し富士見ファンタジア文庫からデビュー。第1回皇杯を制した『スクラップド・プリンセス』がヒット人気作家となる。

以後、年を重ねるごとに仕事量がどんどん増えていき、今では多数のレーベルにまたがって然と年に10冊以上の新刊を刊行する作家に。2011年には著作100冊突破記念の榊一郎展が開催され、2012年はなんと単著だけで15冊を刊行。少年向けライトノベルでは恐らく最速レベルの執筆速度を誇る作家である。

その仕事範囲の広さは、ライトノベルの新レーベルが創刊される時には「どこの創刊ラインナップにも名前がある」ほどで、現存する少年向けライトノベル文庫レーベルのうち、半分ぐらいで本を出したことがある。のだが、富士見ファンタジア文庫デビューしたのになぜか富士見ミステリー文庫では本を出すことはなかった。

ワーカホリックであることは自覚している様子。腱鞘炎になって新刊が延期になったことがある。アマチュアとして投稿生活が長かったため、仕事くなるのが怖いサイト日記っていた。

小説家としてはしく、アシスタント制を導入している。具体的にどういう使い方をしているのかはオープンにしていないが、アイデアの口述筆記や資料整理などをアシスタントに任せているらしい。本文は全て自分で執筆している。

まじしゃんず・あかでみい』のようなネタまみれのドタバタコメディから、『ストレイト・ジャケット』や『イコノクラスト!』のようなハードかつシリアスな作品まで作は幅広いが、本人コメディは苦手とのこと。また、ファンタジー的な世界観にSF的な設定を混ぜ込んだ作品が多い。

作中にメイドさんが高確率で登場するため、メイド好きとして知られている(本人は否定している)。

作品のうち『スクラップド・プリンセス』『ストレイト・ジャケット』『まじしゃんず・あかでみい』『神曲奏界ポリフォニカ』『アウトブレイク・カンパニー』『棺姫のチャイカ』がアニメ化されている。また、『ポリフォニカ』以降アニメシリーズ構成・脚本の仕事もするようになり、『Devil May Cry』や『CODE-E』などを手がけている。いいから少しぐらい休んでください。

作品リスト(単著のみ)

2019年2月現在、単著は195冊(新装版などの再刊は除く)。

脚本・シリーズ構成

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/04(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/04(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP