今注目のニュース
アメリカのある都市で顔認証システムの禁止が可決された理由
紙くずを混ぜ続けてミニチュア包丁を作ってみた → キュウリをスパッと切断する硬く頑丈な包丁が完成
右手と左手で同時に違う絵を描く女性画家がスゴすぎる! しかも絵が写真のように超リアル!!

角川スニーカー文庫単語

カドカワスニーカーブンコ

掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

角川スニーカー文庫とは、1988年よりKADOKAWA角川書店)から刊行されているライトノベル文庫レーベルである。角川文庫の支レーベル。毎1日発売。スニーカー文庫体雑誌としては隔刊『ザ・スニーカー』(偶数30日発売)が2011年まで刊行されていた。

概要

少年向けレーベルとして創刊した。谷川流著『涼宮ハルヒシリーズ』、水野良著『ロードス島戦記』、ガンダムマクロス系のノベライズ文庫レーベルとして有名で、かつてはTRPGミステリー等の支レーベルが多数存在した。

現在ライトノベルレーベルでは、『電撃文庫』、『富士見ファンタジア文庫』と『スニーカー文庫』は三大レーベルと呼ばれている。

角川スニーカー文庫募新人文学賞は『学園小説大賞』と『スニーカー大賞』がありそれぞれ年1回開催され、新人の血が入っている。『スニーカー大賞』の大賞は受賞作なしが大半で、2009年第14回において6年ぶりにスニーカー大賞を受賞した。スニーカー大賞の受賞者は、全15回のうち5回しかおらず、(吉田直、安井健太郎、谷川流新井円待、玩具堂)狭き門となっている。またスニーカー大賞を受賞した作家は、当初は々しく活躍していたが、2012年現在逝去か執筆がストップするという憂きにあっているが、玩具堂は、ストップすることなく刊行を続けている。。

2000年代後半になると長期作品外のスニーカー文庫の新作品はめぼしいものがなかったのが原因か、電撃文庫富士見ファンタジア文庫MF文庫Jに数字をけられた結果となる。2011年方針を大きく転換し、体誌であるザ・スニーカーを休刊させネット情報発信を移行し、後は学園小説大賞をし、スニーカー大賞に一本化し、募集し各最終選考まで残ったものから賞を選ぶ形式に変更した。

2011年にはザ・スニーカー100号を迎えたことを記念して、往年の作家の文庫未収録のコラボ小説番外編などを収録したアンソロジーの「RED」と「BLUE」が刊行され、2013年には角川スニーカー文庫25周年を迎えたためアンソロジーWHITE」が刊行された。こちらはコラボ小説ではなく、テーマ恋愛に絞った作品の番外編アンソロジー集だが、谷川流の「Round-Trip」(イラストいとうのいぢ)のみ従来シリーズ涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ)に関係がない。(一応世界観は同じではないかと示唆される。)

角川スニーカー文庫ライトノベル作品コミカライズは、月刊少年エースヤングエースにて連載されるが、少女向け色彩若干強いものはビーンズエースあすかにおいて連載されることもある。(薔薇のマリア神様ゲームレンタルマギカなど)

姉妹レーベル角川ビーンズ文庫(少女向け)、角川ルビー文庫(ボーイズラブ系)がある。

主なスニーカー文庫作品

関連動画

関連商品

ザ・スニーカー100号記念アンソロコラボ小説等の再録が中心)

角川スニーカー文庫25周年記念アンソロジー

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/21(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/21(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP