角川スニーカー文庫単語

カドカワスニーカーブンコ

4.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

角川スニーカー文庫とは、1988年よりKADOKAWA角川書店)から刊行されているライトノベル文庫レーベルである。角川文庫の支レーベル。毎1日発売。スニーカー文庫の体雑誌としては隔刊『ザ・スニーカー』(偶数30日発売)が2011年まで刊行されていた。

概要

姉妹レーベル角川ビーンズ文庫少女向け)、角川ルビー文庫ボーイズラブ系)がある。

谷川流著『涼宮ハルヒシリーズ』、水野良著『ロードス島戦記』、ガンダムマクロス系のノベライズ文庫レーベルとして有名で、かつてはTRPGミステリー等の支レーベルが多数存在した。

現在ライトノベルレーベルでは、『電撃文庫』、『富士見ファンタジア文庫』と『スニーカー文庫』は三大レーベルと呼ばれている。

2023年現在の角川スニーカー文庫の小説賞は『スニーカー大賞』がある。『学園小説大賞』はスニーカー大賞に統合された。

歴史

1987年10月角川文庫帯』として角川文庫帯」から分離独立する形で創刊し、1988年文庫名称が募され「スニーカー文庫」として決定し、1989年82月少年向けレーベル「角川スニーカー文庫」として正式創刊した。

◯周年のカウントは角川スニーカー文庫正式創刊からカウントしているようである。

 初期は富野由悠季によるアニメ機動戦士ガンダムのノベライズコンプティークでのTRPG内輸入の関係からグループSNE所属の作家吉本ばなな火浦功などがラインナップに登った。

 1987年から1992年までの体誌(文庫への供給元)はコンプティークニュータイプ小説野性時代であり、連載を重ね角川スニーカー文庫で刊行する形も取った。1992年に勃発した角川お家騒動で角川スニーカー文庫でも編集を担当していた角川メディアオフィスコンプティーク編集部所属)の社員が退社しメディアワークスに移籍し人材がいなくなった。(なお角川書店の一般文芸の編集つまり小説野性時代の編集部やニュータイプを刊行していNewtype編集部も角川スニーカー文庫の編集を兼任担当していた場合もあったという)

 そのため1993年からは角川スニーカー文庫編集部が角川書店内に設立され、体誌『ザ・スニーカー』を創刊した。当初は季刊であったが、隔偶数30日売りに変更しに2011年まで刊行した。

角川お家騒動では、角川スニーカー文庫の作家メディアワークス電撃文庫にも参加しており、作家としては神経を使ったという。(→リンクexit

 角川スニーカー文庫の募新人文学賞は『学園小説大賞』と『スニーカー大賞』がありそれぞれ年1回開催され、新人の血が入っていた(学園小説大賞はスニーカー大賞に統合)。『スニーカー大賞』の大賞は受賞作なしが大半で、2009年第14回において6年ぶりにスニーカー大賞の『大賞』を受賞した。スニーカー大賞の受賞者は、全15回のうち5回しかおらず、(吉田直、安井健太郎、谷川流新井円待、玩具堂)狭き門となっている。

 またスニーカー大賞の『大賞』を受賞した作家は、当初は々しく活躍していたが、2012年現在逝去か執筆がストップするという憂きにあっているが、玩具堂は、ストップすることなく刊行を続けていた。

 2000年代後半になると長期作品外のスニーカー文庫の新作品はめぼしいものがなかったのが原因か、電撃文庫富士見ファンタジア文庫MF文庫J数字けられた結果となる。2011年方針を大きく転換し、体誌であるザ・スニーカーを休刊させネット情報発信を移行し、後は学園小説大賞をし、スニーカー大賞に一本化し、募集し各最終選考まで残ったものから賞を選ぶ形式に変更した。

 2011年にはザ・スニーカー100号を迎えたことを記念して、往年の作家文庫未収録のコラボ小説番外編などを収録したアンソロジーの「RED」と「BLUE」が刊行され、2013年には角川スニーカー文庫が25周年を迎えたためアンソロジーWHITE」が刊行された。こちらはコラボ小説ではなく、テーマ恋愛に絞った作品の番外編アンソロジー集だが、谷川流の「Round-Trip」(イラストいとうのいぢ)のみ従来シリーズ涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ)に関係がない。(一応世界観は同じではないかと示唆される。)

 2013年の角川スニーカー文庫25周年を機に質を角川文庫に使われるような薄い高級から電撃大賞等他のライトノベルに使われるような厚みのあるに変更され、背表の装丁も一新された。

 2022年には「我が焔炎にひれ伏せ世界」が12年ぶりに第27回スニーカー大賞の「大賞」を受賞した。

 2023年、角川スニーカー文庫創刊35周年を迎え、公式Vtuber『須仁文』が登場した。(イラスト大嶋くろねが担当)

メディアミックスについて

 角川スニーカー文庫のライトノベル作品のコミカライズは、月刊少年エースヤングエースにて連載されるが、少女向け色彩若干強いものはビーンズエースあすかにおいて連載されることもある。(薔薇のマリア神様ゲームレンタルマギカなど)

姉妹レーベル角川ビーンズ文庫少女向け)、角川ルビー文庫ボーイズラブ系)がある。

ノベライズではないオリジナル作品についてに限ればアニメについては、角川書店(現:KADOKAWA)のアニメーション部門が担う事がどであり、映像ソフトKADOKAWAグループから発売されている。

主なスニーカー文庫作品

関連動画

関連チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/22(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/22(木) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP