今注目のニュース
無職状態で婚活するのはNG? 「"私を養ってください"と言っているのと一緒」などと賛否
44歳ひきこもり男性を家から"追放"が正しい訳
46歳、サラリーマン、男。「プリキュア」を好きであるということ

永遠の夜の中で単語

エイエンノヨルノナカデ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
銀河帝国自由惑星同盟は、150年にもおよぶ不毛な戦いの歴史を重ねてきた。
だが、ラインハルトとヤン、ふたりの英雄を軸に、あらたな時代の幕が上がる。

次回、『銀河英雄伝説』第1話、「永遠の夜の中で」。
銀河歴史が、ここに1ページ

「永遠の夜の中で」とは、小説銀河英雄伝説』第一巻「明篇」第一章、アニメ銀河英雄伝説」第一話、アニメ銀河英雄伝説 Die Neue These」第一話のサブタイトルである。

概要

小説銀河英雄伝説』の第一巻「明篇」。その第一章の題名が「永遠の夜の中で」である。同巻には先行して序章が存在するが、この序章は『銀河英雄伝説』の時代に至るまでの歴史を記述した「銀河系史概略」であり、この第一章が実質的な『銀河英雄伝説』の始まりの章であるといえる。

石黒監督OVAでは、第一話を「永遠の夜の中で」として『銀河英雄伝説』正伝最初の戦いであるアスターテ会戦の前半を描いた。「Die Neue These」でも同様に「永遠の夜の中で」を第一話とし、主人公ラインハルト視点からアスターテ会戦を描き出している。

ストーリー(石黒監督版)

いつの世も、戦争がつづいている。
いつの世も、戦争によってのこされるのは、人の荒れ野だけだ。
そしてきざまれた傷は、時のながれとともに消えてゆく。
その傷を撃し、記憶しているのは、満にかがやくの群れかもしれない。
そのすら、いつの日か、流れ星のように消え去る運命にある。
これは、そんな々のあいだで、いつの日かられたある人間たちの、
いまはもう忘れかけている戦いの記録である……

銀河系を二分する銀河帝国自由惑星同盟の戦いが、150年にもわたって続いていた時代。宇宙796年、帝国487年2月アスターテ域において、その数百度の戦いが始まろうとしていた。アスターテ会戦である。

を見ておいでですか?」
はいい。何事にも動じず、いつもじっと同じ場所でまたたきつづけ、私たちを見守ってくれる」

帝国軍を率いる若き指揮官ラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将は、総数にして倍の同盟軍が三方から迫る情勢を見て撤退を望む麾下の提督たちの進言を退け、自軍が圧倒的に有利であると破する。いっぽう、同盟軍第二艦隊の幕僚ヤン・ウェンリー准将は、第二艦隊、第四艦隊、第六艦隊の三個艦隊が三方から分進合撃するという作戦に各個撃破の危険を感じたが、戦集結の進言は却下された。

ラインハルトの率いる帝国軍は、同盟軍の予測を覆し、一挙前進して同盟軍第四艦隊を直撃する。たとえ総数が倍であるといっても、三分してしまえば数で及ばず、撃破されるしかない。第四艦隊の接敵を知ったヤンは第六艦隊との合流を提言するが、第二艦隊パエッタ中将は第四艦隊の救援に駆けつけることを決意する。

「困ったことになったよ。またひとつ策を考えなければならない。せめて生き残る手をね……」

しかし、帝国軍はヤンの予想通り第四艦隊を鎧袖一触に破り、第六艦隊の後方へと移動していた。第六艦隊の幕僚であるヤンの友人ジャン・ロベール・ラップ少佐ムーア中将に事態を警告するも及ばず、後背を取られた第六艦隊も壊滅、ラップも戦死した。そして帝国軍は、残る同盟軍第二艦隊のもとへと進撃する。

勝をおさめつつあるラインハルトの胸中に残る懸念は、かつての”エルファシルの英雄ヤン・ウェンリーの存在のみであった。しかしそれでも、ラインハルトはすでに会戦の勝利をほぼ確信していた……。

ストーリー(Die Neue These)

宇宙796年、ゴールデンバウム朝銀河帝国自由惑星同盟フェザーン自治領の三が並び立つ時代。
帝国軍の指揮官たるラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将は、自軍に倍する敵に三方から囲まれつつある状況に危機を感じて撤退を説く配下の指揮官たちを一蹴し、むしろ自軍が有利であると言い放つ。

々は包囲の危機にあるのではない。敵を各個撃破するの好機にあるのだ。
名誉ある撤退と卿は言った。皇帝陛下より命ぜられた任務をはたさずしてなんの名誉か!」

若きラインハルトにくらべ経験を重ねた配下の指揮官たちは、ラインハルト作戦謀とみなして反発を隠せずにいた。しかし、ラインハルト揮のもと急進した帝国軍は、予想外の動きに困惑するばかりの同盟軍第四艦隊を見事に撃破してみせる。部下の指揮官たちの中には、事態を受け止めきれずに噛みする者もいれば、ラインハルトへの評価をめる者もいた。

がどうあれ勝利勝利です。勝つものが正しいとこころえております」

帝国軍はさらに同盟軍第六艦隊を背後から襲撃。同盟軍第六艦隊を揮するムーア中将は、幕僚ジャン・ロベール・ラップ少佐の意見も視して反転迎撃を示し、自軍の混乱を増幅させてしまう。こうして第六艦隊もまたラインハルトの前に斃れ、帝国軍は残る同盟軍第二艦隊の攻撃へと移った。こうして戦況が帝国軍有利に進むなか、ラインハルトの副官にして友たるジークフリード・キルヒアイス大佐は、もし敵にもラインハルトと同等の指揮官が存在したら、と危惧を抱く。ラインハルトの回答は、もしいるのならぜひ会ってみたい、という覇気のあらわれだった。

「わが部隊は現在のところ負けているが、要は最後の間に勝っていればいいのだ」

第二艦隊を正面から撃ち破る帝国軍。しかし、第二艦隊旗艦を損傷させたとき、思わぬ通信が飛び込んでくる。さんざんな敗勢の中で、あえて「負けはしない」と謳うその言葉。これを聞いたラインハルトは、戦いの仕上げに同盟軍の中央突破を命じる。紡で突進する帝国軍を前に、なすすべなく切り裂かれる同盟軍。だがラインハルトは、戦況のどこかに違和感を覚える。やがて気づいたその正体は、彼をして思わず立ち上がらせるものだった……!

補記

銀河英雄伝説」でも最初期にあたることから、原作小説OVAの内容には、これ以降のストーリーでは見られなくなる特異な描写が少なからず存在している。同盟軍人の着用していることになっている「スペーススーツ」や、OVAにおいては各地に実況中継されている戦闘経過などがその代表例である。

OVA銀河英雄伝説」正伝の記念すべき第一話ではあるが、それより以前に製作された劇場開作「わが征くはの大」と接続するように作られている。そのため原作からの変更点が少なからず見られ、「わが征くは~」の展開を受けてラインハルトがこの時点で既にヤンの存在を警する、イゼルローン要塞内のシーンを挟むことでオスカー・フォン・ロイエンタールウォルフガング・ミッターマイヤーパウル・フォン・オーベルシュタインが出演する、原作ではアスターテ会戦に参加しないダスティ・アッテンボロー原作におけるラオの立場を利用して出演するなどの展開が存在する。また、本来、最初の一話であるこの回の次回予告は当然存在しないものだったが、のちに外伝から正伝に繋がるものとしてめて製作された。DVD化以降は、OVA時系列上で正伝開始直前にあたる外伝「汚名」のKap.4(最終話)末尾に付されている。

Die Neue These」では、第二話にあたる「アスターテ会戦」とあわせて構成を再編成し、ラインハルト視点で同盟軍第二艦隊の中央突破までを描いた。つづく第二話では、時間をさかのぼってヤン視点によるアスターテ会戦とその終結までを描いている。

関連動画

関連商品

関連項目

形勢は逆転した。
優位に立つラインハルトの攻勢にさらされ、絶体絶命の同盟軍第二艦隊。
だがヤンには起死回生の策があった。

次回、『銀河英雄伝説』第2話、「アスターテ会戦」。
銀河歴史が、また1ページ

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2017/09/24(日) 03:36:21 ID: CRaGWLQCFw

    今はもう忘れられかけてる…の「今は」って何千年の未来なんだろう

  • 2ななしのよっしん

    2017/09/29(金) 23:16:55 ID: ZysdmQW+Tn

    本当に予備知識一切なしに、テレ東でこのエピソードを見た時はスケールの大きさに圧倒されたもんだったな。
    もっとも、「が征くはの大」見てないから、「なんでこの金髪の人は敵の指揮官知ってるんだろう。知らないだけで何話かやってたのかな」とか思ったっけw

  • 3ななしのよっしん

    2018/01/30(火) 05:15:54 ID: XQhuOjuOsP

    銀英伝サブタイトルはどれも素晴らしい

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 12:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP