百瀬教授 単語

31件

モモセキョウジュ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

百瀬教授とは、ロボット工学研究世界的権威であり、百瀬ロボット研究所の所長である。

経歴

百瀬教授は、ロボット工学の分野で日本のみならず世界を代表する研究者である。

MIT(マサチューセッツ工科大学)、CITカリフォルニア工科大学)、東京大学東京工業大学をはじめとした海外内の名だたる大学で教を取りながら、企業研究開発の現場でも揮を執り独創的なロボットを世に送り出してきた。庭用ロボット、商業・工業用ロボットだけでなく戦闘ロボットの技術でも世界を牽引してきた実績を持ち、新な発想とり強い開発姿勢で知られる。機械工学、制御工学物理工学の論文で多数の賞を取るばかりでなく、人工知能にも深い造詣があり、ニューラルネットワーク、ファジィ制御での研究結果は現在の自思考ロボットの礎を築いた。こだわりのある独自の製品デザインアートポップカルチャーの分野でも高く評価されており、SF小説映画などへのも及ぼした。また、個人の取得した工学系の特許数ではギネス記録を保持している。危険区域での治安維持ロボット、パトロールロボット、要人警護ロボットなど戦闘力の高いロボット開発も手がけたが、同時に、自分の技術がいたずらに軍用へと転用されることを非常に嫌う平和主義者としても知られている。

受賞歴にノーベル工学賞、世界ロボティクスアカデミー功労賞等多数。数多くある著書のうち代表作は「ロボット工学ルネッサンス」「自と制御」「人工生命倫理 〜テクノロジーとの共存〜」。

教授職を引退後に独立し、百瀬ロボット研究所を設立。特許収入からなる大なる開発により、現在も精的な研究開発を行っている。近年では庭用ロボットに特にを注いでおり、発話・歌唱の自然再現研究ロボット人間とのさらなるコミュニケーションしている。

ニコニコ動画上では、お手伝い&子守りロボット桃音モモ」、その桃音モモタロウ」、その桃音モモエ」、その桃音スモモ」ら兄弟姉妹の生みのとして知られている。

人物像

独創的である。

は「わしの趣味じゃ」

白衣インナーピンクである。

基本的にポーカーフェイスである。

家族には孫と、長年連れ添う妻、一人婿である義理の息子がいる。

関連動画

 

関連キャラとして、桃音モモMMDモデル開されている。

 

モモの足に飛行パーツがつけられを飛び回ったり、時折怪力を披露したりしているのは、教授飽くなき技術的探究心の賜物であるようだ。二次創作公式設定のはるか斜め上を突き進む作品には、しばしば「百瀬教授の暴走」等のタグがつけられる。だが、その眼鏡の下のモモに対する眼差しには、常に実の子供や孫達へ注がれるものと同じ情が込められている。
たとえモモシステム起動exit_nicovideoバランステストexit_nicovideo飛行テストexit_nicovideoで奇妙に見える姿勢があったとしても、それはモモの身体を案じて、という心からなのである。きっとそうである。

関連商品

   

関連コミュニティ

桃音モモファンコミュニティ
 

関連項目

 

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 06:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP