角川春樹事務所 単語

カドカワハルキジムショ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

角川春樹事務所とは、日本の出版社。

概要

その名の通り、角川書店社長角川春樹が設立した出版社。1995年創業。KADOKAWAグループとの間に資本関係はない。

1992年、当時角川書店社長だった角川春樹が、経営方針で対立していた角川歴彦角川書店から追い出したのだが(追い出された歴メディアワークスを設立。いわゆる角川お家騒動)、翌1993年コカイン密輸事件で逮捕されてしまい角川書店を退社(いた社長の座にはその後の歴が戻ってきて就任)。翌年保釈されたが、角川書店の持ちを全て歴に売り、それを元手に1995年に設立したのが角川春樹事務所である。その後は実刑判決を受けて収監、2004年に出所。

飛鳥新社から引き取った「ポップティーン」などのファッション誌も出しているが、基本は小説を中心とした文芸出版社。文庫レーベルとしてハル文庫時代小説文庫ハルキ・ホラー文庫がある。90年代末から00年代初めの頃は小松左京賞を設立したり名作SFをどかどか復刊したりとやたらとSFを入れていたが、現在高田郁『みをつくし料理』などの時代小説や、佐々木譲シリーズ今野敏の安積班シリーズといった警察小説だろう。北方謙三の『三国志』『史記』なども出している。一部の人気作以外はあんまり書店で見かけない。

もともと角川春樹70年代映画タイアップ横溝正史作品などを大ヒットさせた角川映画仕掛け人のため、出所後は映画製作にも乗りだし、2005年に『男たちの大和/YAMATO』を製作収50億の大ヒットとなる。しかし続いて作った2007年の『』は大コケ2009年自らが監督となり「観客動員が150万人をえなかったら映画を辞める」と宣言した『笑う警官』が動員10万人、収3億円弱と惨憺たる結果に終わって以降は宣言通り映画製作から手を引いている。

雑誌・叢書

雑誌

叢書

文庫・ノベルス

単行本

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/22(月) 04:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP