今注目のニュース
“京アニ火災”青葉真司容疑者 20代には「下着泥棒で連行」「家族が家賃補填」も
盲導犬のトイレ事情、考えたことあった? JR東日本が「専用トイレ」を初設置した理由
千原ジュニア「いずれ記者会見コントでも」発言に舛添氏「世の中の空気はそんな寛容じゃない」

北方謙三単語

キタカタケンゾウ

掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

北方謙三とは、ハードボイルド小説歴史小説で有名な日本小説家である。

概要

1947年、佐賀県唐津市に生まれる。1970年に「明るいへ」が「新潮」に掲載されて学生デビューを果たしたが、その後約10年近く持ち込み原稿をボツられ続ける不遇の時代を送る。

1981年、長年の志望だった純文学を諦めて書き上げた大衆小説弔鐘はるかなり」で二度デビューを果たし、やがて人気小説家として知られていくようになる。

1983年からは日本南北朝時代を題材とした歴史小説(いわゆる「南北朝もの」)を執筆するようになり、歴史小説の分野でも知られるようになった。

ニコニコでは、中国古典文学北方氏なりに解釈・アレンジした長編小説三国志」「水滸伝」が題材として取り上げられている。

人物

男の死に様、すなわち如何に生きるか」をテーマとしており、作品内でのカッコイイ死に様には定評がある

大学時代には全共闘運動に積極的に参加しており、この時の経験は氏の作品に大きな影を与えている(そもそもデビュー作の明るいへ」も全共闘運動を題材とした作品であった)。集団(軍)の行動や最前列で突撃する人達の心理の描写は、この時の機動隊とのぶつかり合いの経験を活かしているとのこと。

エッセイも多数書き上げており、他にも個性的なエピソードが多い。

  • 学生デビューしてから弔鐘はるかなり」を発表するまでの10年間、書き上げた純文学の原稿は優に自分の背丈をすという。ちなみに純文学を諦めて大衆小説に転向したきっかけの一つは、が生まれたため。
  • 書き下ろし長編である(実質締め切りはない)「三国志」全13巻を、二ヶに一冊という脅威のペースで書き上げている。この時の経験は「連載が何本か重なっても大丈夫という自身に繋がった」とのこと。
  • はマセラティで、作中に登場することもある。また、個人でクルーザーも所有している。
  • 曾祖は新高製菓の創業者であり、かなり波万丈な人生を送った人物であるらしい。この曾祖・曾祖エピソードを基にして書き上げた作品が「望郷の」である。
  • ホットドッグ・プレスにて人生相談を受けていた際に、「ソープへ行け!」というインパクトのある回答をしたことから、「北方謙三といえばソープ」的なネタがある。

代表作品

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP