今注目のニュース
【しょうもない理由の兄弟姉妹ゲンカ選手権】妹と半年間罵り合う発端となった“忘れられないオナラ”
『こち亀』読切、ジャンプ次号で掲載 五輪延期も4年に1度の“日暮熟睡男”登場か?
坂上忍、劇場クラスターに心痛 政府の対応に「ちょっと腹立ってきた」

単語

アユ

  • 11
  • 0
掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

鮎(アユ)とは、おである。香と書いてもアユと読む。

曖昧さ回避

概要

ウィキペ読んでもキュウリウオなんだかサケなんだかアユなんだか良く分からないね。何種類かいるらしいが、ここではそこらのにいるアユについて述べる。

薄い色というような独特な色合いの、滑らかな姿態をした美しいである。この美しさからか「鮎子」とか女の子の名前に使われる事もある。

と同じようにで生まれ、に下り、育ったらを遡って産卵する。ちなみに一年である。

小さい内はプランクトンなんかを食べているが、を遡る頃には石なんかにこびりついた類なんかを食べるようになる。このが良いのか、アユからは果物みたいな香りがするのである。メロンスイカきゅうりとかそんな感じのっぽい匂いであるので、嫌う人もいる。ちなみに、が綺麗なところのアユはより良い香りがする(が降らずにが腐ったり、がにごると香りが悪くなる)。アユが大量遡上するシーズンには全体でアユの香りがする(本当だぞ!)。

大体5月くらいからを遡り始める。に行くと岩や石に削ったような後が見られるようになるが、これが所謂「アユの食み跡である」。の上なんかから見ていると、を食べるために石に身体を擦り付ける際、アユが翻ってぴかっとるわけだが、これが多くなるとなんかフラッシュを焚いたみたいにそこらじゅうがピカピカしだす。

そうなると、アユ釣り師のおっちゃんたちはもうソワソワ。竿を出して磨いたり、ウエットスーツを干したりと準備に余念がなくなる。釣具屋の配置がアユ一色に塗り換わるのも風物詩

その頃、にのこのこ現れると殺気立った漁協おっちゃんたちを見る事が出来る。バス竿なんか持って歩こうものなら怒鳴りつけられかねない。なんとなれば、漁協にとってアユは特別。毎年毎年大量放流して、釣り師や投網師から漁業券代を徴収し、簗で獲って観光客や市場に出荷して、漁師(漁協)の生活を支えてくれるなおなんである。つーか、内漁協なんてほとんどアユで食ってる。おっちゃんたちは密猟やを荒らす行為を監視し、カワウをおっぱらい、アユ事な成育と遡上を祈るのである。

6月辺りになると、アユ釣りの解禁が始まる。熱心な人になるとテントをって深夜販売ならぬ深夜解禁を待つアキバゲーマー顔負けのおっちゃんもいる。でも、内面の釣りは禁止な。

普通アユは友釣りといって、アユが縄りをするおである事を利用する釣りで釣る。糸の先におとりアユセット。この周りに掛針を流し、おとりをアユの縄りに送り込む。するとアユは怒って「何しとんじゃぁ!われ!!」と、おとりアユに体当たりをかましてくる。すると掛針にアユが掛ってしまう。まぁ、考えた人天才じゃね?という釣法である。知らない人は「へぇ、アユって二匹いっぺんに釣れるんだね」と言うけど違うからね。

言葉にすれば簡単だが、これが難しく、アユのいる場所を見極め、おとりアユ自然に、しかもすばやく縄エリアに侵入させるのには技術がいる。ついでに言うと、アユ竿は大体10m前後と長く、取り回しが難しい。結構な流に立ちこんで釣ることも多く、なかなかハード釣りである。

の両側に所狭しと鮎師が立って物凄く長い竿を並べている姿は夏の風物詩だが、近年は鮎師の数が減ってしまって少し寂しくなっている。その原因は簡単に言えば昔ほど釣れなくなったからで、これはアユの遡上が減っている事。更に放流鮎に冷病という皮膚病みたいなのが蔓延して大量に死んでしまう事。更に少なくなったアユどもが仲良くを分け合うようになって、縄りを作らないようになった事などが原因だという。

そもそも鮎釣りは用具が高く(竿なんて安くても10万円近い)の良いポジに進入するには四駆がいるなど、始めるのにハードルが高い釣りなんである。券もアユのは特別で、ひときわ高い。

でも、やってみればが深くて面いので、釣りが好きなんならやってみれば良いと思うよ。

釣りの楽しみの一つは、アユがおいしいだと言う事である。特有の泥臭さがなく、淡な上品な味で大変おいしい。しか食べない時期のワタはほろ苦くて美味い。焼きが基本だが、てんぷらフライなんかにしてもいける。だからナマはNG。ただ、小さいなんで食い出がい。大きいのは大味でおいしくないし。また、大量に釣れる事もあるので毎週食っていると流石に飽きる。その時は冷凍してお中元お歳暮にしたり、正月に食ったりする。

料亭とかでえらそうに出しているアユはほとんどが養殖。もしくは放流物。遡上物は味がピュアで本当に一味違う。ぶっちゃけ、そこらでは手に入らない。味わいたければ自分で釣るしかない。

最近は日本河川質が良くなって、多摩なんかでも獲れるらしい。ただ、それこそ差別に放流しているせいで、ごとのアユの特色がくなってしまったという話もある。とにかく漁協アユばっかり重要視してうざい。アユのためにスモール駆除すんな。

とにかくその美しい姿やおいしさが昔から日本されているアユ。一度はでその泳いでいる姿をご覧あれ。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/13(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/13(月) 21:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP