今注目のニュース
休業していた声優の青山吉能が徐々に現場復帰していることを報告「やっぱりこのお仕事が大好きだなあとかみしめる日々です」
コスプレイヤー・えなこがセクシーなネコに!「ネコミミ大好きー」「飼いたい!」
改造煮干し「スター魚ーズ」がすごい存在感……! 開催中止のデザフェスに出展予定だった空想世界の生物兵器

F/A-18E/F単語

エフエージュウハチイーエフ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(134)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

F/A-18E/F スーパーホーネットとは、マグドネルダグラス社(現:ボーイング)が開発した艦上戦闘機戦闘攻撃機)である。

概要

初飛行は1998年で運用開始(初期作戦付与)は2001年1998年MD社はボーイングに合併されているので、現在ではボーイング社が製造販売している。 また、米軍での正式名称はFA-18E or FA-18Fである(/などの記号が使えないから)。

F/A-18E/FはF/A-18(A~D)の発展ということになっているが、実のところ中身はまったく別物で機体サイズも大きくなっており、本来なら「F-24」として制式化するべき機体だった。しかし議会が「ソ連が崩壊したのになぜいまさら新機が必要なのか」と反対するのはに見えていたので、軍とメーカーは新機の外形がホーネットに似ていることを利用し、「これはホーネットの小良版に過ぎません」と印づけるために「スーパーホーネット」という名称を付け、まんまと予算を獲得することに成功している。[1]

開発

艦上攻撃機A-7ルセアIIを置き換える計画として、軍のATA(先進戦術攻撃機プロジェクトではMD社とジェネラルダイナミクス(現ロッキード・マーティン、以下GD)がA-12アベンジャーIIを受注・開発していた。MD社は行してF/A-18ホーネットを発展させたホーネット2000計画を輸出用として計画していたが、他の関心は集まらなかった。しかし冷戦終結などによる予算削減により、開発が難航しコストが上昇していたA-12の計画が中止されたことと、F-14の維持コストが老朽化により高くなってしまった事から、従来機の発展であるホーネット2000計画が再開されることとなった。

従来からの修点は、入装置がタッチネルとなったことでモニターが4つに増えた事や、機体の大化や航続距離の増加、ステルス性強化のためエアインテーク二次元化(丸からになった)、エンジンの強化、アビオニクス強化(ただし初期生産レーダーの開発が間に合わず、従来機と同一のものを搭載)などが挙げられる。

この換装されたエンジンF-15などとべてムチクチャうるさい為、米軍機の発着する厚木基地などでは問題となっている。本アメリカでも裁判にまで発展した。また、空気抵抗が増大しているため従来機にべて加速性や飛行速度が低下している。

2019年3月ボーイング社は米海軍より最新ブロックを78機受注したことを明らかにしている。ブロックでは耐用命数は6000時間から1万時間に延長される予定で、ネットワークの強化、航続距離延伸(胴体にコンフォーマルタンクを追加する)、RCS低減、コクピットシステムや通信システムの強化も実現される。[2]

バリエーション

関連商品

関連項目

脚注

  1. *日本人が知らない軍事学の常識」兵頭二十八 思社文庫 2014 p.133
  2. *ボーイング、米海軍よりF/A-18ブロックIIIを初受注exit 2019.3.22
  3. *空自導入? 電子戦機EA-18G「グラウラー」とは なぜ「本気度高め」といえるのかexit_niconews 2018.3.10

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/05(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/05(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP