今注目のニュース
メルペイ、全国の信用金庫244社と口座連携 残高へのチャージが可能に
先輩の送別会をドタキャン… 翌日言われた一言に「罪悪感」
「Fallout」シリーズのボルトボーイがねんどろいどに登場

F/A-18単語

エフエージュウハチ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(62)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

FA-18

概要

F/A-18とは、マグドネルダグラス社(現ボーイング)が開発・製造している艦載機、戦闘攻撃機である。米軍での正式名称はF/Aから「/」を抜いたFA-18である。これは「/」などの記号が使えないからである。ニコニコ動画登録タグでは「FA-18」で登録されている。

称はホーネットスズメバチ)。後述するF/A-18E/Fスーパーホーネットが開発されたあと、区別するため「レガシーホーネット」とも呼ばれることもある。レガシーとは「古い」「旧来の」という意味がある。

成り立ち

F/A-18の原ノースロップ社が1960年代から輸出専用戦闘機として開発していたYF-17である。

艦載戦闘機としてF-14を採用した軍は、F-4ファントムIIとLTVリング・テムコ・ボート)社のA-7ルセアIIの代替として戦闘・対地(対艦)を安価に行える戦闘機め計画を進めていた(U.S. Navy's Naval Fighter-Attack, Experimental (VFAX):軍次期戦闘攻撃機)。
また同時期に軍も高価な戦闘機であるF-15に対し数をカバーするための安価戦闘機め計画を進めており(Light Weight Fighter(LWF)、後のAir Combat FighterACF)計画)、こちらはYF-16とYF-17が争った結果YF-16F-16として採用されていた。

議会より予算削減などを理由に軍も軍の計画に相乗りするよう勧告されたため、軍はVFAXを中止しNavy-Air Combat FighterNACF)を立ち上げ、(Y)F-16とYF-17の較となった。YF-17を開発したノースロップ社は艦載機の製造経験がかったため、F-4ファントムで艦載機の経験のあるマクドネル・ダグラス社をパートナーとしYF-17に構造強化などを施し提出した。F-16として再設計されたバージョンが提出された。

最終的に軍がYF-17(強化後)をF/A-18として採用した理由は多数考えられる。
上でのエンジントラブルを想定し伝統的に単発エンジン機を嫌ったこと、構造的にF-16軍形は空母への着艦が難しい(テールを摺ってしまう)、空母やその随伴艦の電子機器による干渉と、被弾に対してFBWシステムが弱い等といった技術的な点から、導で開発されたF-16ベースの機体を採用したくなかった、F-16は書類提出時に図面と開発協会社の幹部を乗せた航空機事故を起こした、などケチに近い理由まで上げられている。

F/AFighter/Attacker)と付いているのは、F-4A-7を置き換え、対/対地爆撃を一手に担いF-14トムキャットを補佐する戦闘攻撃機として製造されたからである。ちなみに戦闘機/攻撃機の名称が機名に付くのはF/A-18シリーズJAS39グリペンのみである。

実戦

初飛行は1978年。予算面などからA-7F-14の取得を断念した海兵隊に見返りとして、F/A-18を軍よりも先に受領するという政治的取引の結果、海兵隊1983年に運用を開始した。後に1986年会計調達分からC/Dに変更された。

実戦初参加は1986年リビア爆時。空母コーラルシーから発進して、リビア軍の地対空ミサイル地攻撃を行った。なお、この作戦においてAGM-88HARMレーダーミサイルも初めて実戦に投入されている。

湾岸戦争時には飛行場爆撃を行った際、迎撃に来たMiG-21を2機撃墜し、そのあと爆弾標に投下するという離れ業を達成している。しかしながら、同戦争時にイラク軍のMiG-25によって1機が撃墜され、これが湾岸戦争における多国籍軍一の戦闘における被撃墜となってしまう(パイロット行方不明2009年に、パイロットベイルアウトしたものの間もなく死亡し、付近の住民によって遺体が埋葬されたことが明らかとなり、戦死したことが公式に確認された)。

特徴

高度にコンピューター化されたシステムが挙げられる。空母からカタパルトで射出される際、パイロットはなにも操作しなくていいと言う程高度なシステムで、微ならば着艦も自動で行える。

コクピットには3つのディスプレイを備え、グラスコクピットを本格的に採用した最初の戦闘機となっている。ディスプレイはA/B型ではモノクロ、C/Dのナイトアタックではカラーである。

エンジンはGE社製のF-404-400(C/D後期生産はF404-402)低バイパスターボファンエンジンを2基装備する。このエンジンは同時期の他のエンジン較して信頼性や燃費に優れ、レスポンスもきわめてよい。エンジンの立ち上げまで約30アイリング状態からフルスロットルまで約4ほどて到達可。このためスクランブルや格闘戦時に大きなアドバンテージを有する。

3重のデジタルFBWを採用しているが、それでも万一の故障に備え機械式のバックアップ操縦装置まで有する。後のF/A-18E/Fでは信頼性が向上したことと、重量軽減を理由に機械式のバックアップ省略された。操縦桿は従来通りパイロットの正面に位置する。

火器管制システムはAN/APG-65レーダーを装備する(はAN/APG-73)。対攻撃機と対地攻撃機を高いレベルで統合し、対・対地戦闘両方に高いを発揮することが初めて可になった。

機体としては、大きな直線とストレーキによる中低速域での機動性と上昇(≒離着陸性)がある。逆に音速前後からの性は落ちており、加速性が悪く最高速マッハ2を出せない。これらの特徴は、空母に離着陸する必要があり、また上での燃料消費を嫌う(最高速にそれほどこだわらない)軍の艦載機として評価され、同時に戦闘機として不採用だった理由ともなっている。

機体重量はF-14べて軽量だったこともあり、サイズ的にF-14を搭載できない旧式化したミッドウェー級などにも問題なく搭載することができ、作戦の柔軟性が向上した。

武装

固定装備式のM61A1 20ミリバルカン砲を1門装備する(弾数540発)。コクピットのすぐ近くに搭載されているため、間飛行時に気を付けないと、発射時の閃光で一時的に視界を奪われてしまう恐れがある。

機の名の通り、アメリカ海軍の制式武装なら基本的に装備可。ただし、AIM-54フェニックスなど専用の火器管制装置が必要なものは当然不可能である。核兵器も搭載可ではあるが、1991年軍は空母等の水上に戦術核兵器を搭載しない方針を打ち出しており、現在では搭載する可性は低いといえる。

装備なら赤外線誘導式短距離AAMAIM-9レーダー誘導式中距離AAMAIM-7メインである。1992年トライアル以降はAIM-7の後継であるAIM-120 AMRAAMも運用可になった。

対地装備は各種通常爆弾レーザー誘導爆弾JDAM、AGM-65マベリックAGM-84ハープーンなどを携行可

バリエーション 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 60ななしのよっしん

    2019/02/28(木) 01:28:36 ID: s9KU1hqyhK

    F-15F-22のような「世界最強」みたいな肩書きもなく、かといって笑いのネタになるような逸話のある「変態兵器」でもなく、しかし堅実に実績を重ねてきた静かな優等生ぶりが大好き。

  • 61ななしのよっしん

    2019/05/11(土) 19:41:58 ID: MMbSyNb40K

    地味だけどちゃんと仕事をする感じ。

  • 62ななしのよっしん

    2019/08/01(木) 14:07:39 ID: 4butymXPHE

    今年も軍用機はようおちるな
    https://www.cnn.co.jp/usa/35140714.htmlexit

急上昇ワード

最終更新:2019/12/10(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/10(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP