今注目のニュース
働く母親に「遠足のお弁当を作って」と言えず…… ある家庭の事情を描く漫画が涙なしに読めない
2019年夏アニメ注目度調査第2週目! 「ギヴン」「お母好き」が台頭しランキングに大きな変動が
投票所入場券に「性別」載せる必要はある? 自治体でバラバラ...「削除」署名も

ドラゴンボールGT単語

ドラゴンボールジーティー

掲示板をみる(1,942)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

悟空がいたから楽しかった

ドジで 明るくて 優しくて

そんな悟空がみんな大好きだったから


ドラゴンボールGT』は、鳥山明漫画ドラゴンボール』を原作とするテレビアニメ
アニメドラゴンボールZ』の続編。
ドラゴンボールZ』までと違い、全なアニメオリジナルの作品であるが、最終回では『ドラゴンボール改』と『ドラゴンボール超』を除いた全『ドラゴンボールアニメシリーズの話を締めくくる。
64話 + スペシャル1話

ただし、アメリカなどのファンが勝手に作った『ドラゴンボールAF』や『ドラゴンボール マルチバース』などとは違い公式的な続編である。

概要

究極のドラゴンボールによって子どもになってしまった孫悟空が、地球の消滅を防ぐためにそのドラゴンボールを探しにトランクスパンとともに宇宙立つ。
ドラゴンボールを集めた後は地球舞台となり、サイヤ人に滅ぼされたツフル人の王によってつくられドクターミューにつくられベビードクター・ゲロドクターミュー合作である超17号ドラゴンボールマイナスエネルギーがたまることで出現した邪悪龍との戦いとなる。

なお、『GT』とは「Grand Touring」の頭文字である。

ネットなどでは、ネタとして「鳥山明自身は『Z』で終わらせるつもりであったにも関わらずに続編を製作したため、『GT』は「ごめんなさい鳥山先生」という意味」とも言われているが、実際には『GT』というタイトル鳥山自身が上記の意味を込めて付けているので全くのである。要するにこれはネットスラングであり、『GT』に対して否定的なファンが生み出したブラックジョーク的な意味合いが強いのだが、本気にしている人もいる。
『ドラゴンボールGT』の製作にあたり、原作者の鳥山東映アニメーション側で作った「こんな々をします」という簡単なプロットチェック、子供になった孫悟空パントランクス宇宙船、その他のキャラの原案やイメージイラストを新たに描くなどの協をしている。
しかし、関わったのはその最初の段階だけであり、製作ストーリーも含め、すっかりアニメスタッフに任せており、「ぼくもただの視聴者として、楽しみにしています」などのコメントが『神龍通信』に記載されている。

本作で小さくなった悟空は、劇中で尾が再度生えたり、EDなどで如意棒や筋斗といった初期のアイテムを持ったイラストが描かれるなど、外観が昔を彷彿させるものに戻っていく。
このことからも原点回帰の意図はどこなく見える。

日本では『ドラゴンボールGT』をタイトルにしたゲームは存在しない。
しかし、内容は『ドラゴンボールZ』のゲームに含まれていることが多い。
ただし、登場するのは超サイヤ人4ベビー超17号邪悪龍で、『GTバージョンレギュラーキャラクターが参戦する機会は多くない。
(ただし、孫悟空パンウーブは例外。)
しかし、『ドラゴンボールヒーローズ』などでは、ちらほらフィーチャーされており、『GT』版の青年ゴテンクスなど、本編では実現しなかったキャラクターも生まれた。

『ドラゴンボールGT』最終回直後では、孫悟空と後続番組の『ドクタースランプ』の則巻アラレバトンタッチするショートアニメが流れた(下の関連動画を参照)。

日本では『GT』に対して否定的なが強いことは否めず、高い対年齢向けの商品展開などは控えめである。
しかし海外では較的高い支持を受けており、前述の非公式な続編が海外で生み出されたのは、本作に影されている部分が強い。

『ドラゴンボール超』との関係

もともと『GT』は「魔人ブウとの最終決戦終結から最終話までの10年間」を描くオリジナルストーリーで新作としてスタッフテレビ局スポンサーらは意見を出していたらしい。
しかし、原作者・鳥山明週刊少年ジャンプ編集部との打ち合わせの中でも出た意見を踏まえ、「原作最終話のその後」を描くという方向性へシフトした。[1]

そして、前者は、劇場版ドラゴンボールZ 神と神』や劇場版ドラゴンボールZ 復活の「F」』、アニメドラゴンボール超』へ引き継がれているため、これらの企画は15年以上の時を経て実現に至ったものなのかもしれない。
なお、『ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』が2008年イベント上映されているので、12年以上の時を経たのかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目

公式サイト


これでドラゴンボールのお話は

お し ま い


ドラゴンボールGT
1996年2月 - 1997年11月
フジテレビ系列地上波 水曜19:00
前番組 後番組
ドラゴンボールZ ドクタースランプ

脚注

  1. *「あのころのGT プロデューサー森下孝三インタビュー」『ドラゴンボールGT DVD-BOX特製ブックレットDragonbook』、44-49

掲示板

  • 1940ななしのよっしん

    2019/07/15(月) 15:16:18 ID: +k1+barG2b

    GTハナからパラレルだからいいわ

  • 1941ななしのよっしん

    2019/07/15(月) 17:44:57 ID: JBmhMpMc0J

    >>1939
    いや修行しなくて素の強さで純ブウクラスとか普通に強いでしょ
    ブロリーだって最初はそこまで強くない状態から学習して強くなったんだし、そもそも原作でもハナから修行させた状態のウーブと戦ってみたいって発言してたし

    というかウーブ雑魚感感じるのはGTで散々活躍煽っておいてスーパーウーブが活躍しなかったからってせいもあるんじゃ

  • 1942ななしのよっしん

    2019/07/15(月) 20:38:11 ID: +im+fGJBEX

    あの時点で純ブウクラスの強さなんて描写なかったと思うけど

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP