今注目のニュース
「超電磁ロボ コン・バトラーV」がスーパーミニプラに衝撃の参戦!
“ジンベイザメサーフィン”で大炎上
有吉、あおり男こと宮崎容疑者に激怒 「クズ中のクズ」と厳罰求める

K-1単語

ケイワン

掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

K-1とは、元・世界最大級の立ち技格闘技イベントである。

その他のK-1、またはK1はこちら

概要

1993年空手団体の正会館が体となって旗揚げされた、「ボクシングキックボクシング空手ムエタイなどの選手が手足の打撃を用いて対戦する所謂「立ち技」系格闘技」のイベント

ヘビー級以上を中心とした「K-1 WORLD GP」(100kg以上はスーパーヘビー級)と、ミドル級を中心とした「K-1 WORLD MAX」、そして2010年に新設されたライト級の全4階級が存在する。

近況

・近年はどうしても悪いニュースが中心となり、K-1は財政難により選手のファイトマネーが支払われない・大会延期などの問題を多発。世界中の格闘技関係者やファイター達から訴えを起こされたり苦情を受けていた。
・それに対してK-1(FEG)側は事態の沈静化のため「(選手たちにはファイトマネーを)支払った」と虚偽ともいえる発表を行ったり、ファイトマネーの支払いをめる選手達からの電話にも一切出ず、メール視するなどの対応をして世界中から信用を失いつつあった。
2010年を最後にTBS系列にてK-1 MAXの放送が打ち切り
・同年2010年フジテレビ系列で放送されていたK-1 WORLD GPシリーズ打ち切りとなり、K-1は地上波から姿を消した。
2010年時点でK-1には判明しているだけで35億円以上の負債があった。  
・K-1へ人気選手を大量に派遣しているヨーロッパの巨大なキックボクシング団体【IT'S SHOWTIME】は以前からK-1へ選手の派遣イベントの共同開催も行っていたが、そういったK-1側の未払い問題や不実な対応により、独自に日本で活動するための【IT'S SHOWTIME JAPAN】を設立。独自行を発表をした。
・それに対し、K-1(谷川貞治代表)側からSHOWTIME側へ選手へのファイトマネー未払い問題について、謝罪の発表が行われるも、同時にSHOWTIMEに出場した選手達に「SHOWTIMEに出るとK-1には出さない」という圧とも取れる発表をした。
・横暴ともいえるその谷川氏の発表に対し、IT'S SHOWTIMEはK-1の度重なる問題点を露出させると同時に抗議明を2011年05月27日に発表。
・K-1の谷川貞治氏はその件と未払い問題に関して、IT'S SHOWTIMEサイモンルッツ代表と電話会談し、謝罪した。
谷川貞治氏は同29日にtwitterで「サイモンルッツからの疑念はらせた」と報告したが、その発言がサイモンルッツ氏のに届き、ルッツ氏は翌日にめて「それは谷川氏のであり、事実と違う」という内容の明を発表。
・内容は、『谷川貞治氏から「ファイトマネー未払いについて1週間以内に前向きな提案をしたい」と言われたが、もしそれが守られない場合には既に着手している法的措置へと動く』というものであった。
・しかしK-1は以前にもSHOWTIME側へ「払っていないファイトマネーを支払うから選手を貸してくれ」という提案をしながら未払いを続け、さらに借りた選手にもさらにファイトマネーを支払わないという行為を繰り返していた過去があり、今回も同様でK-1から一部の選手(人気選手)にはファイトマネー支払われたが、多くの選手へは引き続き支払われず、その後も選手達へ未払い分のファイトマネーが支払われることはなかった。
2012年5月、K-1を経営するFEGが破産。事実上の計画倒産に限りなく近く、関係者や選手達へのファイトマネーや負債・その他支払わなければいけないは最期まで支払われず、意図的に踏み倒された形となった。

・同年2012年、K-1の創始者である石井和義館長2011年から計画を進めていた新たな『K-1』を始動。
石井館長は『際K-1連盟(FIKA)』を設立させ、アマチュア系の大会を運営
プロの大会はFIKAとは別の韓国人投資香港で設立した『K-1 Global Holding Limited』が運営することになった。
・しかし、事態は変わらず同年2012年に、K-1に協していたIT'S SHOWTIMEの代表、サイモンルッツは新たなK-1での選手たちの新たなファイトマネー未払い問題を摘。
・それに対し、K-1側は「サイモンルッツが選手の銀行口座を教えてこない」と明を発表。
IT'S SHOWTIMEの代表サイモンルッツは「『払う用意がある』と言っているが払われていない。私が銀行口座を教えていないなどというまで付いている。調べれば分かることなのに本当に残念だ。」と再度明を出し、そういった問題の積み重ねからK-1に出場する選手を率いているIT'S SHOWTIMEとK-1との関係はさらに悪化した。
・同年2012年IT'S SHOWTIME代表のサイモンルッツIT’S SHOWTIMEGlory Sprts International(以下GSI)に売却。
・そのGSIによって開かれるキックボクシング行『GLORY』が未払い問題などで不信感を強めたK-1出場経験のあるキックボクサー達やヨーロッパを中心に活動していた強キックボクサー達を招集し、GLORYが明確な世界一キックボクシングの団体となった。
・K-1は残った選手たちで2012年に大会を開催するが、FEG体制時のK-1の幹部であった角田信朗氏が、GSI経営・魔裟斗EPによる新体制のK-1の行を見て、「K-1に何が起こったのか」「K-1の心がない」「創世記から支えてきたスタッフに仁義も通さないこの大会をK-1と名乗るのか…」「今日の中の知っているK-1は幕を閉じました」とブログ更新
・その後エグゼクティプロデューサーとなった魔裟斗がわずか半年でEPを辞任。
・新たなK-1は新たに契約した選手や残った選手達でK-1GPを継続するが、かつての勢いは取り戻せていない。
・今後のK-1の展開に注が集まる。

記事のある選手

関連動画

ヘビー級KO集

ミドル級KO集

単発試合

黒歴史

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP