今注目のニュース
「希望の新芽」森林火災のオーストラリアで焼け野原となった大地に新芽が出始め話題に!
「後輩に『何聴いてんの?』と聞いたら『雨の岐阜県です』と言われて」環境音についてのTwitterの投稿が話題
武東由美、2時間分の駐車料金に衝撃 「やってしまった」

SHION(BEMANI)単語

シオン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

SHIONとは、ポップンにおけるかつてないアレなのpop'n musicなどに収録されている楽曲である。

概要

アーティスト DJ YOSHITAKA
ジャンル ハイスピード幻想チューン(ポップン)
Hi-SPEED FANTASY TUNE(IIDX
キャラクター しおん
BPM 179
難易度 pop'n music REFLEC BEAT
EASY NORMAL HYPER EX BASIC MEDIUM HARD SPECIAL
- 24 39 45 4 6 9 10
beatmania IIDX jubeat
NORMAL HYPER ANOTHER BASIC ADVANCED EXTREME
SP 4 7 10 4 7 9
DP 4 7 11

ボーカルjubeatQueen's Paradiseや、うらもからだも落で参加したNanako
High School LoveEvans+LOVE☆BA☆ZOOKA!+MENDESといったところだろうか。14 FEVER!に収録されたハイスピードラブソング(High School Love)を彷彿とさせるジャンルで、曲調はCaptivAteシリーズのような楽曲。初収録は19 TUNE STREET。

中盤とラスト鮭の産卵ピアノソロパートwacが担当。

EX譜面は同時押しが中心だが、間奏とアウトロのピアノフレーズで階段が降ってくる。クリアアウトロの階段をいかに捌くかがカギである。
間奏・アウトロの難易度がLv.38にしては難しかったので次作の20 fantasiaではLv.39に昇格した。Sunny Parkで50段階になったのでレベルが+6されLv.45になった。

後にREFLEC BEAT limelight移植。こちらはlimelight3-1の1メモリで解禁される。HARDオブジェクト546と物量譜面だが、pop'n musicべると抑え気味・・・だったが、groovin'!!にて追加されたSPECIAL譜面オブジェクト数814と大幅に物量が増している。
また、pop'n music portable2にも収録された。PMP2は16 PARTYベースの作品なので、先行収録とも言える。

IIDXにはtricoroイベントみんなで宇宙戦争!!」で移植。SPAは中盤とラストの階段が若干難しいが10相当の難易度となっている。SPHはラストの削り要素も少ないのでEXTRA召還に使用されやすい。
DPAはtricoroでは11であったが、次回作であるSPADA稼働の際に何故か10に格下げされた。その為、10の中でも屈詐称譜面となり、稼働約1か後の2013/12/12に行なわれたアップデート11に戻された。

jubeatではsaucer fullfillsaucer maciatto第一シーズン解禁曲として収録されたが、このシーズンでの必要ミルク量が以後のシーズンより圧倒的に多く、後のSide Menuで解禁した方がクレジット的にも効率の良い楽曲であった。ピアノ乱打やよしたかトルネードなど、他のYOSHITAKA曲にも見られる要素が多くLv9では強め。

ちなみにこの楽曲の担当キャラは曲名同様「しおん」という雪女少女ポップンはおとなしめの表情だが、リフレクジャケットでは葉の葉を持った笑顔になっている。

SHION(VENUS mix)

アーティスト VENUS
BPM 190
担当キャラ ヴィーナス
譜面難易度 EASY NORMAL HYPER EX
12(9ボタン) 27 39 46

ポップン25にして20周年記念作品となるpeaceにおける解禁イベントポップンタイムトリップ プロローグ(ポプローグ)」にて、まさかのVENUSによるリミックス版が登場。

2019年1月10日より2週間限定で配信されたスタンプシートのうち「19 TUNE STREET編 1」を最後まで進めると楽曲を解禁することができた。

アーティストVENUSといったらREFLEC BEATホームステージとしている関係で同機種の代名詞となっていたが、今作は諸事情によりRbの楽曲書き下ろしが行われなくなってから初の同ユニットによる楽曲提供になった。

原曲作曲者がDJ YOSHITAKAということもあってか、本曲は実質的に作曲者自身によるポップンにおけるかつてないアレなののセルフカバーに当たるのだが…。Sota Fujimoriによる楽曲のアレンジやよしくんによる男性ボーカルへの変更はともかくとして、何故か唐突にぶち込まれるTAGラップや、例の一言で始まるYOSHITAKA曲メドレーを曲中にねじ込むなど、曲名に「VENUS mix」を冠しているだけあってか、やっぱりFreedomな内容になっていた。いいぞ、もっとやれ

ちなみにうさからpeaceを初出とするリミックス曲は原曲キャラが担当すると決められているはずなのだが、原曲の担当キャラしおんの出番はハリアイイラストに描かれているのみで、本曲の担当キャラVENUSである。分かってらっしゃる。

EX譜面レベルが46と原曲よりも1つ上に設定されているとおり、原曲譜面を強化したような構成。特に間奏パートで特徴的だった鮭の産卵地帯は原曲から長くされている関係で更に強に。ここでゲージを減らされないように注意することが攻略の鍵か。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP