ke77さんのページ

ke77ユーザー

  • 13
  • 0pt
掲示板へ

ke77とは、>>3が理解できることが不幸の記事の支援者の一人であるである。

機体解説

           

ユーザーボックス
嗜好 このユーザーはゾイダーです。
ニコニコサービス(活動ジャンル)" このユーザーお絵カキコ絵師として活動しています
デバイス" このユーザーマウスお絵カキコしています。
嗜好" お母さんには内緒だぞ!


大百科内のお絵かきツールである、お絵カキコ(ぐにゃらペイント)を、使用し、イラストを描いている。大百科絵師である。

お絵カキコのジャンルの傾向

に描いているジャンルゾイド怪獣特撮トランスフォーマーモンスターハンター武装神姫メガミデバイスFAガールアリス・ギア・アイギスなど。

大百科で、これらの絵が描かれてたら、だいたい私と思っていいだろう。

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/u/22358727

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ke77

196 ななしのよっしん
2021/07/06(火) 19:49:47 ID: xfoECx2rhJ
>>195
扉絵おめでとうございます
197 ななしのよっしん
2021/07/07(水) 23:39:22 ID: q4vE5PGVFk
今日誕生日って設定があるけど五年くらい放置してたので投稿
ナナ
タイトル:ナナ
Twitterで紹介する

198 ななしのよっしん
2021/07/10(土) 01:11:15 ID: q4vE5PGVFk
>>196
扉絵祝ってくれてありがとうまさかこの絵が選ばれるとは思わなかったよ
199 ななしのよっしん
2021/07/12(月) 01:43:09 ID: q4vE5PGVFk
溶岩洞にするかな
いちほ
タイトル:いちほ
Twitterで紹介する

200 ななしのよっしん
2021/07/15(木) 01:45:59 ID: q4vE5PGVFk
眠いんで保存
いちほ
タイトル:いちほ
この絵を基にしています!
Twitterで紹介する

201 ななしのよっしん
2021/07/16(金) 01:45:24 ID: q4vE5PGVFk
溶岩洞の辺に生息するイソネミクニ狩猟を任されたカムラの里ハンター
を用い天井から洞窟に侵入する
だがいつもの狩場と様子が違う
が破壊されが噴き出し洞窟内の位が極端に上がり一帯が没していたのである
普段意識しない古の亡骸に圧巻したその時水中に揺れる影
扇状の尾に絡め捕られ水中に没し息が出来ずもがくハンター
果たしてモンスターテリトリーたる水中での狩猟を前提としてない地域で育った彼では
恐るべき海竜イソネミクニを狩れるのだろうか?
底へ惹き込む人魚竜 イソネミクニ
タイトル:底へ惹き込む人魚竜 イソネミクニ
この絵を基にしています!
Twitterで紹介する

202 ななしのよっしん
2021/07/17(土) 07:03:12 ID: YuicftNecp
ご存知かもしれないですが、HTML5版のお絵カキコは一時保存のために投稿しなくても10ストロークごとにブラウザローカル領域に保存されていきますよ
203 ななしのよっしん
2021/07/19(月) 00:59:32 ID: MM3fmjJ6+C
>>202
横からですみませんが、
ブラウザローカル領域での保存はちょっとしたきっかけで容易に消えてしまいます。
また、大きいサイズの絵になるほど、差分を保持できる枚数も少なくなります。
10ストロークごとの自動保存は便利ではありますが、こと1枚に手をかけるタイプ絵師にとっては事故が怖く、決して過信できるものではありません。
レイヤーで差分を残すこともできないHTML5版においては、
確実な復帰点を作るには結局ある程度描いたところでいちほするしかないのです。
204 ななしのよっしん
2021/07/26(月) 01:33:54 ID: q4vE5PGVFk
>>203
ほぼほぼ答えです
いちほ
タイトル:いちほ
Twitterで紹介する

205 ななしのよっしん
2021/07/29(木) 01:59:48 ID: q4vE5PGVFk
カブター部隊のリーダーたる白髪少女に誘われ進む反乱者たち
見ず流れる遺跡の路に佇む一人の少年がいた
デスメタル帝国のガブリゲーターのライダートーマス
彼等もまたスパイクと協関係にあったのだ
鬱蒼と茂る密林に隠れた古代遺跡それらはゲラルト達にとっても未知の領域
灯台下暗しとも言える密林の遺跡はタイダル基地の地下へと繋がっていたのだった
密林の水路跡
タイトル:密林の水路跡
この絵を基にしています!
Twitterで紹介する

おすすめトレンド