単語記事: アンサイクロペディア

編集

ヘルプ

ツールボックス

新機能 ログインまたはアカウント作成

ページ ノート 閲覧 編集 編集履歴

 

アンサイクロペディア


この記事にはユーモアが不足しています。
治療には十分な栄養と日光と愛情とテラ豚丼が必要です。 ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

「素晴らしいサイトじゃよ」
~アンサイクロペディアについて、おじいちゃん

「Wikipediaはアンサイクロペディアを真似て作った」
~アンサイクロペディアについて、ジミー・ウェールズ

「ニコニコ大百科はこれのパクリです」
~アンサイクロペディアについて、ひろゆき

「・・・・・・・・・」
~アンサイクロペディアについて、長門有希

「呼ばれたから返事したのに、安西じゃなくてアンサイだったよ」
~アンサイクロペディアについて、安西先生

「Oh!セックス!セックス!セックス!セックス!」
~アンサイクロペディアについて、吉川晃

アンサイクロペディア(Uncyclopedia)とは、ユーモアを織り交ぜる形であらゆる事柄を解説することに主眼を置き、英語圏に出自を持つウィキペディアのパロディサイトである。日本語版が設立されて以来は「嘘八百科事典」「バ科事典」などの別名も持っており、また、その別名通りに内容には嘘も少なくない。

主に本記事では日本語版について解説する。ちなみに英語版を始めとする海外版は日本語版と比べて基本的な構造こそあまり変わりがないものの、雰囲気が違うところは多いので、そちらも見どころである。

概要


風刺や皮肉、嘘をあの手この手で記事に織り交ぜることが一番の主旨で、代表的な記事の多くはサイトトップページに「秀逸な記事」として掲載されている。例としては、読もうとした読者に別のページを次々と参照させて盥回しにしてしまう『盥回し』の記事、訴訟大国アメリカへの皮肉として膨大な量の内容となっている『鉛筆の取扱説明書』、かなり風変わりな内容の書籍を紹介する『読書感想文に書くと親呼び出しにされる図書一覧』などが挙げられ、読むとやはり手法がそれぞれの多岐にわたっていることが分かる。

他にも代表的な記事を紹介する枠としては「流行記事大賞」「おすすめ記事」「新着記事」などが編集参加者らによって選び出されている。「秀逸な記事」は半永久的にトップページに掲載される歴史的な代表記事を選ぶのに対し、「流行記事大賞」はある年ごとの利用者間での流行となった記事を選び出すもので、「おすすめ記事」は参加者が個人の推薦する記事を掲載するもの、「新着記事」は新規作成された最新の記事から代表的なものを選び出すものである。

また、百科の体裁だけでなく、ニュース記事としての体裁を持つ「アンニュースバ科ニュース)」、画像や音声を掲載する「アンコモンズ」、書籍としての体裁を持つ「アンブックス」、替え歌の歌詞を掲載する「アンチューンズ」があり、さらには国語辞典としての体裁を持つ「アンディクショナリー」、引用と称して皮肉たっぷりな内容で人物の発言を列挙する「アンクォート」、ゲームブックとしての体裁を持つ「ゲーム」、というように、様々な体裁を持つ部門に分かれた構成となっている。こうした分野別の構成もウィキペディアへのパロディとなっているが、「ゲーム」に関しては見覚えがないばかりか名前がそのまんまであることは、アンサイクロペディアでは誰も気にしない

マスコットキャラクター


ア ンサイクロペディアでは、「オスカー・ワイルド」を崇拝の対象(語弊はあるがマスコットキャラクター的存在)としている。このオスカー・ワイルドの扱いは 英語版での扱いに従ったようで、ウィキペディアの創設者ジミー・ウェールズの存在そのものへのパロディとして祀り上げられたようである。

一方、日本語版独自の崇拝対象にとしては、「ひよこ陛下」が盛んに祀り上げられていた‥‥時期もあったようだが、現在では、アンサイ内での2010年流行語大賞の2位に絡んだオスカー・ワイルドに対し、ひよこ陛下はやや影の薄い存在になっているようだ。

反ウィキペディア主義


概 要で述べたように、アンサイクロペディアの趣旨は内容に嘘を入れても全くお構いなしであるため、具体的に言えばWikipediaの「掲載した内 容は、根拠となる明確な出典を示しているため、検証が可能なものであり適正である」というソース主義とは、地で逆を行っている。ゆえに、一見するとウィキ ペディアはより真面目で、アンサイクロペディアの方が自由気儘でだらしないように見えるかもしれない。確かに、例えば、事実の可否について賛否が両論に分 かれる歴史問題(例:南京大虐殺)などに関しては、ウィキペディアではそれを扱うために激しい論争が行われている一方で、アンサイクロペディアはそれを はっきりとした形で躊躇なく記事にしてしまうことがあるのも事実である。

しかし意外なことに、ウィキペディアよりアンサイクロペディアの ほ うがこだわりの強い面もある。実はウィキペディアは明確な根拠となる出典さえあればそれをそのまま事実として掲載することが可能であり、その他、特筆性な どの要件が満たされていれば、質や量が伴っていなくても記事として成立することが許されている(これは未完成な記事として「スタブ」というものに分類され るが、アンサイクロペディアも言及しているように近いうちに完成するという可能性はあまりない)。しかし、アンサイクロペディアでは質が伴わなければ未完 成の記事は立項を認められない。ゆえに、アンサイクロペディアでは最新の記事でない範囲に限り、常に完成品の記事を読むことが出来るのである。…もちろ ん、内容の信憑性には保証などないのだが。

また、アンサイクロペディアでは、このようにウィキペディアがソース主義のせいで死角にしている と思われる情報を掲載して、ウィキペディアの不備を批判するという芸風が知られている。その内容は時に扱う情報の性質も相まって、マスメディアに掲載され 大きな話題となることもある。

これに限らずしても、基本的に反ウィキペディア的な表現がサイトの風土として成り立っていると考えられる側面 がある。例えば参考ページとしてウィキペディアへのリンクを提示する行でも、基本的な定型文として、「ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門 家気取りたちがこの事柄に関する記事を執筆しています」というような批判的な表記を採用しており、特筆性のある題材を扱うほとんどの記事にはこの文章が掲 載されている。但し、アンサイクロペディアのいわゆるオワコン化が著しいこの時期では、この表現にも批判が少なくないとかである。

重い


多言語版と共有の日本国外にあるサーバーのスペック不足のためか、頻繁にサーバーダウンやエラーが発生する。

た いていの場合は数十分で復帰するはずだが、復帰した直後にアンサイクロペディアの情報が1年前の状態に戻るという異例の事態が発生したこともある。これら の現象は、アンサイクロペディア内では、ほぼ常識を通り越してネタ扱いされており、自虐的に「重い」「記憶喪失」などと呼ばれている。なお、日本語版では 複数ドメインを持っており(表示する内容は同じ)、接続不調時には別ドメインを経由すると繋がる場合もある。

近年においてはサーバーダウンの問題は解決の兆しが無いどころかますます劣悪なものとなっており、記事の閲覧は可能であるもののいざ編集をかけようとしてもタイムアウトばかり発生していた。2015年現在も記事の閲覧画面は問題なく開くものの、編集画面を開くやいなやホストサーバーからエラー:521(=サーバーダウン)または522(=タイムアウト)が返されてしまう状態にまで悪化しており、まともに加筆修正が出来ない状況に陥っている。記事総数が停滞している背景にサーバーが常時ダウンしているという重大な問題が絡んでいることは想像に難くないであろう。

編集への参加


アンサイクロペディアはパロディ先のウィキペディアと同様に「WIKI」の仕組みを持っており(忘れてはいけないがニコニコ大百科も同様である)、閲覧者にとっても容易にその記事内容を編集したり加筆したりして情報を共有できるものとなっている。自身の体裁に関してはサイトトップで「自由気ままな百科事典」を称してはいるものの、もちろん編集への参加に際しては風刺や皮肉に主眼を置くことが前提として求められている。

編集参加者には記事における風刺や皮肉の質を追求する姿勢も求められており、ゆえにアンサイクロペディアには、読者がつまらない記事を発見したら削除を提案できるという制度が定められている。削除の提案は該当の記事の冒頭に「NRV」「ICU」などといった名称のテンプレートを所定の方法で追加することにより行うことが出来るもので、これが行われた記事は一定の猶予期間の後に管理者によって削除の可否が判断される。ここで管理者によって記事の削除の是非が疑問視された場合、削除議論が提起され、利用者たちの投票によって削除か存続かを決することになる。なお、ここでの投票には一定以上の活動をすることによる投票権が必要とされ、複数アカウントによる不正な投票を防止している。

ちなみに投稿には公共的な特筆性も求められている。どういうことかというと、例えるならニコニコ動画で有名な動画のネタのために専用の記事を立てたとしても、それがニコニコ動画を見ない多くの閲覧者にとってまったく面白さの分からないものであれば、それはニコニコ動画専用の内輪ネタに過ぎず、全く価値が見いだされないということである(今となってはニコニコ動画も普及と一般化が大きく進んだものの、どちらにせよ知ってる人しか内容を理解できない場合は同様である)。こうした公共性や可読性を保つためにも、多くの利用者の加筆によって内容が雑多になった記事においては、止むを得ず整理のため大量の記述削除などが行われることがある。

ニコニコ動画黎明期の華々しい発展に伴い、アンサイクロペディアではそうした内輪ネタの追加が相次いだためか、ニコニコ動画での人気が関与する事柄の記事では、冒頭に以下のような注意書きが記されている。要するに、いわゆる「ニコ厨」にはそう優しくないのである。但し、現在はこのニコニコ大百科が設立されたため、ニコニコネタに関してはだいぶ住み分けが進んできている。

「どうしてもニコニコ動画由来のいまいち面白くない記事を書きたいあなたのために、未来検索ブラジルがニコニコ大百科を用意したようです。こちらもどうぞご利用くださいませ(要プレミアム登録)。 どうしてもアンサイクロペディアに記事を残したいなら、アンサイクロペディアの正しい書式と、風刺を含んだユーモアを混ぜ込んでください。」(※アンサイクロペディア「ニコニコ動画」より)

他にも、「ユーモア」という概念に対する認識の違いが引き起こす小さな論議は日々数々見られており、サイト全体での統一された合意によって円滑なサイトの形成を行っていくためにも、新規参入者にはルールやガイドラインの熟読が求められているようである。ルールやガイドラインは気軽に読むにはちょっと長い上、守らないと管理者からお仕置きされたりするので、なんだかんだいって新規参入者には厳しい世界である。

傾向


事実を斜に捕らえた記事が人気になりやすい傾向にある一方、主に自分で完璧に空想したものを扱った記事(妄想記事)は忌み嫌われており、何者かによって投稿されては多数の利用者による苦情によって削除されるという光景が頻繁に見られている。かつてワンチンとか超巨大国家の妄想を書き込んだ記事があったが、もはや元ネタからかけ離れて膨大化した結果、バブルがはじけるようにその手の記事は消されていくこととなった(ただし一部の空想妄想系国家系記事は歴史上の記録として幾つか残されている)。大規模記事ほどネタを継続して書いていくことは難しいことを証明してしまった。

また、編集合戦はWIKIという仕組みを利用するサイトではよくあることであるが、事実・史実をベースとするウィキペディアと違い、そうした確固とした根拠に拘らず個人的な記述を行いやすいアンサイクロペディアでは、こうした問題が尚更起こりやすい。

管理体制


黎明期には記事数嵩上げのため粗製記事を黙認していた時期もあり、またその当時作の粗製記事が特に大掛かりな整理されることもなく残存し、かたや、新規記事に対する存続・削除の基準は曖昧という点で編集参加者の不満は潜在的にあると見られる。

英語版の記事数が2011年2月時点で26000弱程度であるのに対し、日本語版の2010年時点における記事総数は15000記事前後であり、全言語版中では記事の数量でこそ上位にあるものの、その増加の速度はこのような新規記事基準強化もあってか、この2~3年近くやや停滞状況にある。

今もなお、作成された記事は他の利用者によってその内容の可否、即ち存続か削除かが判断されたり、あるいは書き換えられたりという方法は行われ続けているが、そこではどうにもこうにも、その記事の可否を判断する「査読者」の感性の影響が強くなっていっている、ということが言われている。ここで問題とされているのは 「何が面白くて」「ユーモアのある記事」なのかである。10人が10人みんな面白いといえる記事が書けるなら、おそらくそれは小説家として食っていけるレベルのライターで無いと無理であるし、完全にコレでオッケーという記事などというものは存在するはずもない。しかし、そうした上で新規作成された記事が読者一人の判断によって前述の「NRV」などというような形で削除を提起されてしまうというのは、管理の手順として正しくない、ということがよく言われていることなのである(上で述べた通り、ちゃんと公に削除議論が開かれてはいるのだが)。

さらに注意するべきとされるのは、大抵の場合そうした管理を行う立場にある、管理者という人々である。極論を言ってしまえば管理人もまたアマチュアである(別にどこぞのご高名な作家様が運営しているわけでもない)。管理者という役職には、アンサイクロペディアを長く利用し、そこそこユーモアのある記事をかけている上で、管理活動に向いていると判断されたユーザーが任命される。(初期は特定の権限を持つユーザーがよさげな人間を任命していたが、現在は推薦や立候補、他の利用者による投票を経て任命される模様)。そんな管理者たちからは、削除論議などにおいて見る人の精神衛生を害するような辛辣な発言が散見されることが少なくなかったのである。

ちなみに、管理者は通常、サーバーなどに関するハード的な面にもタッチできるイメージが強いが、実際は「記事の削除・復活」「迷惑ユーザーのアクセス制限・解除」、そしてBC(ビューロクラット)と呼ばれる権限を持つ者だけができる「新たな管理者の任命」、さらにCheckUserという権限を持つ者だけによる「複数アカウント間の同一性の確認」(アカウントの不正利用を防止するためのもの)、つまりソフト面のみである。なので、サーバーに問題が起きていても実は管理者にとって一切手も足も出ない。このとき、サーバーの管理権を持っているのは実は英語版の一利用者であり、この人物に問い合わせなければならない。鯖が長期間落ちると、英語に流暢な管理者が本家に言って交渉するのはよく見る光景である。

だから、実はアンサイクロペディアの管理者というのは気苦労が多く、鯖の重さに対する怒りの間違った矛先を向けられたりして非常に叩かれやすかったり、また「俺のユーモアを何でわかってくれないんだよ」と新規参加者に掴み掛られてとっても口論になったりと、割と大変な役職であり、そうであるのに別に何かリターンがあるわけでもなく、アンサイクロペディアに対する愛情だけで役目を果たしている存在でもあるのである。

また、管理者は存続水準をクリアを越したと判断された記事に対しては放置的、言い方を変えれば包容的な面があるのも確かである。そんなアンサイで、管理人を目指す事も、管理人と干戈を交える事もなく、一編集者としてほどほどに編集に携わっていきたいのであれば、「記事削除や編集差し戻し(リバート)されなければ、大いに喜ぶ」、記事削除や差し戻しされた場合は、真摯に反省しつつも、「管理人は見る目がないな」「こんなサイトにマジになっちゃってどうするの」的な、強いポジティブシンキング思考を持つのも一つの手(条件)である。

類似のサービス


  • Wikipedia
  • Chakuwiki
  • はてなキーワード
  • ニコニコ大百科
  • ピクシブ百科事典

関連項目


  • お察し下さい

関連リンク


カテゴリ:アンサイクロペディア

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2
ページ番号: 140729 リビジョン番号: 2360108
読み:アンサイクロペディア
初版作成日: 08/05/24 14:00 ◆ 最終更新日: 16/05/09 19:31
編集内容についての説明/コメント: 一部妄想記事が残されていることについて
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンサイクロペディアについて語るスレ

1076 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 12:47:41 ID: pAy+WF7nrH
アンサイクロペディアの天敵
もしかして?→ルーデル
1077 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 16:24:13 ID: GJ6/WTKDgS
天敵はその重さ
1078 : ななしのよっしん :2017/01/05(木) 23:17:39 ID: iEKAqg52Ro
一部のミリタリ・鉄道関連の記事は面白いのもあるけど、アニメ・ゲーム関連はネタがもう古いし、政治時事ネタは相変わらずアレだし。
全体的にブラックジョークとかじゃなくてただの悪口・誹謗中傷記事になってるのが多いし・・・
てかよく昔は面白かったとかコミュニティの一生みたいな事言ってる懐古的なレスをよく見るけど、昔も面白いのはほんの一部で他はつまらないのってのは今とさほど変わらないような気が・・・
今は全体的にネタが古臭くなってる感じはあるけど。

あと今更だけどぶっちゃけアメリカ流のジョークサイトを日本でやってもあまり受けないんじゃないかなと。
そういうのを書きたい・見たい人はとっくにアンクロは見放して余所にいってそう。

1079 : ななしのよっしん :2017/01/11(水) 13:34:41 ID: YScYF3p04m
このサイトは寒い記事が多すぎて定着しなかった。

ニコニコはふざけた記事は一握りでほとんどが情報を提供するための記事だけど
このサイトはなんでもかんでもふざけて書こうとするから寒い。

コメント欄があれば文句言って日本人やネット民の感性に合わせた記事が掛けたけど残念。上の人も言ってるけど昔からそんな面白い記事はなかった気がする。

あと性格悪そうなやつが書いてる記事も多い。グロイ画像に飛ばされたこともあるし、こんなん栄えてすらいないけど衰退して当然。鯖重すぎたのもアホ運営ですね。


1080 : ななしのよっしん :2017/01/11(水) 13:46:58 ID: kEM9hWpQRJ
捻った事書こうとして捻りすぎてねじ切れた記事が多い
1081 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 22:03:25 ID: KK1FnycqAv
何処も彼処もウチは違うと思ってるのだけは確かだと思う。
1082 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 07:36:39 ID: TmOfrvrzHP
悪ふざけの合間に冷静な文章も混ぜてくる緩急が好き
1083 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 04:07:10 ID: wzGbB4iB8K
>>1075
完全にそれだわ
事実を元に面白おかしく広げつつ笑いに特化させるのってセンスか技量がないと難しいのに
技量もセンスもないつまらないやつがただのアンチ項目作ったりしてると目も当てられない
1084 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 04:39:12 ID: gR2Kzp+6V4
アンチ項目は面白くても有害。事実を言い当てた皮肉は時に面白いが、記事全面にわたって
悪意が込められていると、ドン引きするし印象操作としてもやり過ぎ感が出てくる。
ましてや事実を悪意だけで歪曲したものは文章にセンスが感じられてもちょっとなぁ。

単に寒いだけなら叩くほどのことではないだろう。叩くくらいであればその人が書き換えればいい。
別に寒い(とその人が思っている)ままでは特に誰にも害はないからな。
1085 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 23:59:36 ID: J3wl9cyoUj
週間少年漫画系の記事はどういうわけか2chに依存したものが多い気がする
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015